2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

家族なのにどうして(全72話)のあらすじと感想および登場人物はこちらからご覧いただけます: 家族なのにどうして 全72話 あらすじと感想、登場人物一覧


韓国ドラマ、【家族なのにどうして】も毎日楽しく見ています。本当は昨日放送分(54話)まで見終わっていますが、今日はどうしても53話について語っておきたいと思い立ちました。最近は日曜に見たいドラマが一極集中しているため(6個もある)、月・火は身動きがとれんのでござる


と、言い訳はそのぐらいにして早速あらすじ行かせていただきまする家族なのにどうしてのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


スンボンは、ガンジェから病院に来るよう言われたのを断って、ウナンとデートに出かけていました。このウナンのことを皆が「ミス・ゴ(コ女史)」と呼んでいるのがまたウナンにピッタリでイイ感じです。社長と呼ぶには大げさだけど、フツーのおばちゃん扱いはできない感じでしょうか


ウナンは、きっとガンジェは当分諦めないだろうから、その間はずっと自分と「友情デートを楽しもうと誘いました。その上、ゴーゴー場には自分も連れて行ってほしいとせがんできます。スンボンがこれに応じると、ウナンは指切りをしてきました


きっともう何年も~妻を亡くして以来ずっと、女性の手など握ったことのないだろうスンボンが、これに心を浮きたたせて顔を赤らめていたらしいのがまた実に微笑ましかったですねスンボンが照れてた。お父様、顔が赤かったけどどうなさったのかしら?


スンボンと別れた帰り道、娘ヒョジンのもとにやってきていたヤングムに遭ったウナンは、どうせなら、ヤングムも一緒にゴーゴー場に行こうと誘いました。どうやらふたりはその昔、一緒によく通っていたようなのです


すっかりその気になったヤングムは、いっそ大晦日は家族で楽しもうと夫のギチャンも誘いました。いつの間に「その日」が大晦日に決まったのかは分かりませんが、この話はなんとムン会長とソリの耳にも入っています。ウノはソリから、テジュが手配してくれたから、大晦日はみんなでクラブに行くと知らされます


どうやらですね~テジュが会社の広報に頼んだ際に「年配の方をもてなす」と言ったのを、担当者が勝手に会長夫婦と勘違いしてしまったらしいのです


こうしていつしか参加者が大人数になってしまったことから、テジュとガンシムはウノやタルボン、ソウル、それにガンジェ夫婦も呼び出して作戦会議を開きました。そこへ例の広報から、クラブを貸し切れば年配者も受け入れるとの知らせがあったと報告が入ります。


そこでウノの提案で、いっそその日にGKグループの大晦日パーティーを開くことになりました。それなら経費も会社持ちですから、皆何の異論もありません。その上ウノは、ドレスコードに「学生服」を指定します。これがまた実に楽しい試みでしたね~


Dance with WolvesじゃなくてDance with Familyだ!家族と踊ろう!


~「ダンス・ウィズ・ウルヴズ(オオカミと踊ろう)」は映画のタイトルですが、多分ここはウノが自分をオオカミに例えて、ソウルにアピールしたものと思われます~


ヤングムとムン会長は大喜びした一方、ギチャンやソリ、スンボンにスングムは大弱りだったようですが~ガンジェは棄権するとまで言った、いざ当日となったら、皆キッチリ学生服に身を包んで大はしゃぎです結構似合ってましたね~♪。特にスンボンンとムン会長は、実に息のあったダンスを披露してくれましたし、ヤングムとウナンの踊りも、十分に昔を彷彿させるものでしたヤングムは奇声を上げてました


皆本当に心の底から嬉しそうでここは本当に楽しかった~。何もかも分かっていたつもりの妻=ヤングムの、また思いもよらぬ一面を見たギチャンの驚いた顔にも大笑いでした。あれは絶対に昔通っていたに違いない!


しかも、ニューイヤーのカウントダウンの後は、ウナンがスンボンにキスをしてしまいます


自分も大いに踊ってストレスを吹き飛ばしたスングムはこれを誰よりも喜び、後には、スンボンとウナンを春までに結婚させようとまで言いだします。これを聞いたガンジェも、もしスンボンが望むなら、その願いを叶えても良さそうな顔をしていましたっけ


が、さすがに踊りすぎたのか、スンボンはひとり、別室で倒れ込んでしまいます。ただ一人踊らずに、ずっとスンボンの様子を見ていたガンジェがいち早く気づき、スンボンを捜しに行ってくれたのがまた良かったな


早速脈をとると、かなり早かったようで、ガンジェはすぐにも病院へ連れて行こうとしますが、スンボンはこれもキッパリ断ります。今日は元日だ。せっかくの楽しい雰囲気をぶち壊したくない


この話が決まる前、ガンジェがスンボンに病院に来るよう説得していたシーンを思い出しますこのシーンがまたよかった(≧▽≦)。スンボンがガンジェにこう語っていたシーンです


俺はただ、お前たちと一緒に「今日」を生きたいんだ。明日何が起きるかは明日に任せればいい。ただお前たちと楽しく笑いながら今日を生きたいんだ。それじゃダメか?ダメなのか?


~スンボンはこれに加えて、パーティーでは子どもたちに向けて(心の中で)こんな言葉も贈っていました


だがその瞬間はあっという間に過ぎてしまう。だから子供たちよ。その美しい瞬間を決して逃がすな。今のこの瞬間は今だけのものだから


この様子を見つけたガンシムは、わざと秘密の話をしているのか、とふたりの間に割って入り、ガンジェに、父さんを困らせるな、と言って、いかにも姉らしく振る舞いました。父さん、困ったらいつでも私に言って。そう言いながら、ゴーゴー場の件がなかなか決まらないから、場所だけでも妥協してほしいと言いだします。


ああーん、アッパ~(お願いパパ)


そう甘えるガンシムに、(朝は)泣き落としの次は甘える作戦に出たかと言いながらもどこか嬉しそうなスンボンなのです。いくら甘えても無理ですよ、娘さん


あはははは、と笑いながら空を見上げたスンボンですが、ガンシムが自分の肩に顔をうずめたまま動こうとしないのが気になります。今鼻をすすったな?風邪か?


涙が込み上げてくるのを必死でこらえてこちらも空を見上げたガンシムは、星がきれいだと言いつつ、同じように空を見上げたスンボンの横顏を見ながら心の中でこうつぶやきました


なぜ気づかなかったんだろう。父さんにとって「今日」はそういう意味だったんだ。私たちには何でもない1日が父さんには大切な1日だったのに気づけただけ良かったよ


ガンシムはその後スンボンの店で、スンボンがマークをつけているボードも発見します。そこに「ガンシムの婿探し」(見合い10回)という項目を見つけたガンシムは徐々に「決意」を固めていきます


「常務、私と結婚してください!1カ月以内に式を挙げましょう!


なんとガンシムはクラブでテジュを引っ張り出し、自分からプロポーズしてのけたのです!


が、ガンシムの事情(スンボンの状態)を薄々は知っているテジュは、これに即答できません。まったくも~ハッキリしろよテジュ、しっかりしろ~( `ー´)ノ!とは、また次回に持ち越しです


この大晦日のダンスパーティーがあまりに楽しかったので、いっそ毎年の恒例行事にしたいという家族の願いが叶えられたら、そんなに嬉しいことはありませんのにスンボンがいなくても続けてほしい。ここは、良い思い出になったわ、ありがとうと嬉しそうに笑ったスングムの顔が直視できませんでした


家族なのにどうして」はあっさり片手間に語るのはもったいない展開です。続きを書くのが楽しみです家族なのにどうしてが楽しみ(^^)/


家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET1家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET2家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET3家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET4家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET5

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.