2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

デビアスなメイドたちのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけますデビアスなメイドたち あらすじと登場人物一覧


デビアスなメイドたち2】(Devious Maids S2)の第9話は「突然の訪問客」(The Visit)です。これまた内容てんこ盛りでなかなか面白かったですね~。個人的に最も笑えたのは、ジャンヴィエーヴの本名がジャンヴィエーヴではなかったことです。以下早速ネタバレですデビアスなメイドたち2のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


なんとですね~ジャンヴィエーヴの本名は「ユーニス」(ユーニス・マッジ)というのだそうです。「ジャンヴィエーヴ」は彼女がロマンス小説から採った名前なのだとか。ちなみに弟の本名は「ヘンリー」なのに、これまたわざわざフランス語風に「アンリ」にしたのだそうですsmile


今回これを暴露したのは、そのジャンヴィエーヴの母=ヴェルマ・マッジ(June Squibb~Mrs. Hunsaker@Scent of a Woman)です。この度ジャンヴィエーヴに腎臓移植が必要になったことから、レミは適合率の高い親戚を当たろうとしたのに、ジャンヴィエーヴが猛反対したため、ゾイラがこっそりアンリに連絡をしたのです


あんなにスゴイお母さんだと知っていたら、さすがのゾイラも連絡をためらったかもしれませんね。本名ばかりか、昔のあだ名=the butterball express(丸ぽちゃ弾丸娘)までご披露されてしまったのですもの。


そのジャンヴィエーヴは(太っている自分が嫌で)80年代に食事を諦めたのだそうです(I gave up food in the '80s)。だから水分も諦められるという理屈には苦笑しきりでございました。I see no reason why I can't give up fluids, as well.


己のゴシップを洗いざらい暴露されたジャンヴィエーヴは、一旦はヴェルマを追い出そうとしましたが、ゾイラから、年老いた母親を無下に扱ったらきっと後悔する時が来るとたしなめられて反省し、自分が家を出ていってしまいます。しばらくはホテルに滞在するそうですが、その間ヴェルマの面倒を見ることになるゾイラの今後の奮闘が楽しみです


これは余談になりますが、ヴァルマ役のジューン・スキッブさんは今年で御年86歳なのだそうです。このエピソードは2014年に放送されたそうなので当時も84歳だったのですね~After 80, corn is not your friend (80過ぎるとトウモロコシは友達じゃないの)と言いながら、入れ歯を外していたのにも大爆笑でした。これからもますますお元気でご活躍いただきたいものです


さて、今回この「ゴシップ」に悩まされたのはジャンヴィエーヴだけではありません。今回はマリソルもさんざんな目に遭っていました


今回マリソルはオーパルを辞めさせたことで新しいメイド、正確にはニックの面倒を見るナースを雇ったのですけど、お高く留まった人間より、多少おしゃべりでもフランクな人間の方がよいと雇ったモリー(Nicole Sullivan)はとんでもないゴシップ好きだったことが判明します。マリソルがつい気を許して話したことは、すぐにその友人に筒抜けになってしまいます


これをゾイラやロージーが、カフェでしっかり耳にしていたシーンがまた実に面白かった。注文を取りに来た店員が、店のスペシャルメニューについて聞きたくないか(Would you like to hear about our specials?)と言うと、ロージーは、今は違うことを聞こうとしているから後にしてくれbye、と大真面目に答えたのには大笑い


We're trying to listen to a private conversation.
今私たちはプライベートな会話を聞こうとしているところなの


これでマリソルが、化粧品をABC順に並べていること(You alphabetize your skin-care products)や、ガールスカウトのクッキーを朝食で1箱食べてしまった(You eat a box of girl scout cookies for breakfast)ことが皆に知られてしまいました。ちなみに、マリソルはバラアレルギーでもあるそうです~これはエヴリン情報ですが


ゾイラからこれを聞いたマリソルがモリーを呼んで叱ったシーンも楽しかったですね。モリーは一応反省の様子は見せながらも、マリソルが現在執筆中の小説も、以前メイドとして仕入れたゴシップじゃないかとやり返したのです


So, you're better than me because you put your gossip down on paper?
紙に書いているから私よりマシってこと?


マリソルは仕方なく、モリーと秘密保持契約(confidentiality agreement)を交わすことにしました。コカイン(coke)も止められたんだからゴシップも止める、と誓ったモリーですけど、そんなモリーに魔の手が忍び寄ってきます。それが、最近青菜に塩状態だったエイドリアンです


前回、エヴリンとトニーの浮気現場を目撃したエイドリアンは、その様子にすっかりショックを受けたのだそうです。エヴリンの良さを理解できるのは自分だけなのに、とエヴリンへの愛を再確認したのだとか


エイドリアンはエヴリンに浮気を知ったことを告げましたが、エヴリンは逆に開き直ってしまいます。これまであなたが浮気をしてきたのを容認してきたのだから、私の浮気も認めるべき。なんならヴァレンティナと浮気しても良いとまで言いだす始末です


が、どうやらヴァレンティナはエイドリアンの好みではなかったらしく(ジョークです)、エイドリアンが何とかして二人を別れさせようとしていた矢先、ニックの見舞いに訪れたディーリング家で、ナースのモリーがトニーを知っているらしいことに気づきます。ゴシップは話さないと契約したばかりのモリーから、果たしてどんな秘密が暴露されてしまうのでしょうか?


少なくともトニーが善人でないことは確かなようです。以前のホームレスとのやりとりは思わせぶりではなかったのですね~。トニーは、エヴリンとのことがエイドリアンに知られたと知ってかなり動揺した上、何者かに電話をしてこう語っておりました


There's been an unexpected complication. Her husband has found out about the affair. No, it's fine. I just have to come up with a new plan. Oh, believe me, I am counting down the minutes till I can dump this bitch.
予想外の複雑な状況になった。亭主が女房の浮気に感づいた。いや、大丈夫。ただ次のプランを練らなくては。信じろって。このビッチを捨てるのも時間の問題だ


というからには会話の相手は女性でしょうか?これまでの経緯から考えると、トニーは男版美人局(つつもたせ)だったのでしょうか


さて次はロージーです。人の好いロージーは、すっかりレジーに操られてしまっています。レジーは、ルシンダの後はディディも追い出して、ケネスの財産を独り占めするつもりのようなのです。


今回レジーは、ディディの浮気相手が医者のビル・サンダースだと知り、これを秘かにケネスに知らせて、ケネスとディディを離婚させようとしていました。どうやらレジーは、サンダースのふりをしてディディ宛のラブレターを書き、これをケネスの目に触れさせたようなのです


が、ロージーは、ディディ宛に届いたサンダースからの手紙を入れた封筒と同じ封筒がレジーのカバンに入っていたのを見つけました。ケネスのためにもディディとサンダースを別れさせようとしていたロージーですから、このレジーの企みに気づいたに違いありません。スペンスに会った際も、レジーは殴られるようなことをしたのね(I think he needed a little dusting up)、と言ってましたし


最後はカルメンです。カルメンに夢中なのに、そのカルメンの口から

All I see when I look at you is a confused little boy.
私にとってあなたは混乱した小さな坊やにしか見えない

と言われたことにショックを受けたタイはある決意をいたしました。


それは、イーサンや、ルビオを撃ったカーター(Alexander Biglane)、そしてその銃弾に弾を込めたというジェイソン(Sean Flynn)らに再び強盗をさせること。タイは、彼らに叔父であるスペンスの家を襲わせて、自分がヒーローとなってカルメンを救うというシナリオを考えたのだとか


最近では警戒が厳しくなり、FBIまで動き出したらしいから、もう2度と強盗はしない、正義の強盗はもう終わった(Our Robin hood days are over)とこれを拒否するイーサンに対し、タイは、協力しないなら警察に言ってすべてを話すと脅します。


それでイーサンは仕方なく二人の仲間とスペンス宅に押し入ってくるのですが、その様子に、即、彼らこそアレハンドロを殺した犯人だと確信したカルメンは、今度こそ黙っていませんでしたkaeru4


計画通り、颯爽とタイが乗り込んできたと思いきや、強盗にとびかかるなど危険だと誰かがこれを止めたため、タイは手前で転んでしまいます。その隙にカルメンはテーブルにあったナイフを取り、思い切り強盗=イーサンの脇腹を突き刺しました


予想外の展開に驚いたイーサンたちは皆慌てて逃げ出しますが、唯一人、タイだけは思惑通り、カルメンから「But then this guy decides to be a hero」(彼がヒーローになる決意をしてくれた)などと言われてご満悦の様子です。


でも刺されたイーサンはたまった物ではありません。何とか自宅まで逃げてきたところを、ヴァレンティナに見つかってしまいます。病院には警察が張り込んでいるので行けませんものね


さ~て次はどうなりますかね。残すところあと4話となったデビアスなメイドたち2は~アメリカでは今年の夏からシーズン4を放送予定~続きもとっても楽しみですね




これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.