このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

家族ノカタチ
 家族モノ・ホームドラマ

家族ノカタチ 感想とあらすじ 第6話 大介の逡巡

香取慎吾さん主演の日曜劇場、【家族ノカタチ】は6話も面白かったですね~。昨日は珍しくリアルタイムで試聴できたので(いつもは9時に就寝家族ノカタチのあらすじ感想いきますよ~( `ー´)ノ)、忘れないうちに本日語らせていただきまする


今回の見どころは何と言っても「大介の逡巡」でございました。前回葉菜子から思わぬ過去を打ち明けられた大介は、自分でどうしてよいか分からず、すっかり困り果ててしまったのです俺に言われても困るし(;´・ω・)


どうやら習慣らしい座禅でも「雑念が多いと指摘され、仕事中も葉菜子の言葉が気になって離れません。ましてや、その葉菜子が律子とともに入江の結婚式に撮った写真を持ってきた際、陽三がそのウェディングドレスを指して、

母親から娘、そしてそのまた娘に受け継がれ

などと言ったから大変です


葉菜子は自然妊娠ができないんだぞっ!そんな無神経なことを言ったら彼女が傷つくじゃないかっ!!この無責任オヤジ!


そう言えればともかく、言えないから余計に困ってしまう訳です。事情を知らない周囲からは相変わらず不愛想な奴だと思われ、知っている葉菜子からは、逆に、余計なことを言ったばかりに気を使わせている、申し訳ない、と思われてしまいます。でも、これも全ては大介の優しさからくることなのです


もし大介が、自分の言うように、本当に優しくなければ、葉菜子の心中を思いやったりしないはずですし、当然、その事で気を遣ったりする必要もありません。陽三が何を言おうと、それを気にする必要もないわけです


でも大介は、そんな自分が鬱陶しくてならないようです。他人のことを気遣うという行為自体がめんどくさい、それが嫌だから他人と距離を置いてきたのに、なぜ今、このような目に遭わねばならぬのだ、と悩みに悩んでしまうのですどうして俺がこんなことで悩まなくちゃいけないんだ!


本当に、大介は実に真面目で優しい人間なのでござる。葉菜子もまたそんな大介だから、つい、今まで誰にも言えなかったことをポロリと漏らしてしまったのでしょう


そう言えば、例の体外受精の話は、和弥の母親から出た話のようです。葉菜子もまた、姑から子供のことをあれこれ言われることが煩わしいというだけじゃなくて、自分のためにあれこれ気を遣わせるのが嫌だったのかもしれませんね。葉菜子はそれを「迷惑を掛けたくない」という言葉で表現していました。


が、この言葉を聞いた陽三は、人間なんて迷惑を掛けあって生きているのだと諭します。あ~この辺の微妙な感じ方の違いが上手いですよね~このドラマは。確かに陽三の言うことは正しいですし、葉菜子や大介は「気にしすぎ」なのかもしれませんが、そう簡単に他人に甘えることができない人種もこの世には存在するのでござる。それはまた、

自分も他人から迷惑を掛けられたくない

という利己主義の裏返しになるかもしれませんが、甘えたばかりに手痛いしっぺ返しを食らった経験もあるかもしれないのです


だからこそ、つい、自分にも他人にも厳しい人間になっちまうんですよね~きっと。でもその辺は陽三も分かっていたようでした。葉菜ちゃんは、何でもキッチリやろうとしすぎる、って。


でも、このドラマを見ていつも感じることですが、他人に迷惑を掛けまいとしてシッカリすることがまるで悪いことでもあるかのように言われるのも、これまたやっぱり変ですよね?彼らはむしろ、誰よりも真面目に生きているだけ、不器用なだけですのに


以前大介が「多少ダメな人間の方が一緒にいて楽だ」というのも、もしかしたら、自分が真面目すぎるから、無意識のうちに「ダメ人間」の中に安らぎを求めているのかもしれません。同じようにキュウキュウと生きている者同士では肩が凝り過ぎて疲れてしまうって。少しぐらい肩の力が抜ける相手の方が楽だって。そしてそれが陽三の言う「迷惑を掛けあって生きる」ということなのかもしれません


今回大介は、悩みに悩んだ末、元カノの美佳に会いに行って話を聞いてもらいます。美佳は、大介に足りないのは人と向き合う覚悟だと教えました。何を言っていいか分からないからと言って避けられることほど相手が傷つくことはない


そこで大介は葉菜子を呼び出し、自分の気持ちを正直に打ち明けます。俺は子供を欲しいと思ったことはないし、女性でもないから、考えても考えても、なんて言ってやったらいいか分からない。でも、これからも考えるから、しんどくなったらまた俺に言え家族ノカタチ、名シーン♪


大介と気まずくなったことで、気持ちよくケンカできる相手を失ったと嘆いていた葉菜子の表情がパーッと明るくなったのがまた素敵でした。このふたりが夫婦になるのは、今のところ、ちと想像できませんが、何でも言い合える良き友人としては、本当にお似合いでござりまする


一方、今回は佐々木が結婚詐欺に遭う(遭いかける)というハプニングも起きました。婚活パーティーで初めてカップルになれた佐々木は、嬉しさのあまり、その相手の言うままに10万円、次には300万もの金を渡そうとしていたのです


皆が絶対詐欺だと止めていたところ、大介だけは、自分の金なんだから誰にも迷惑をかけるわけじゃない、好きなようにすればいいとのたまいました。その上で、その彼女を皆に紹介するようここへ呼べ、とも付け加えます


すると佐々木は泣きだして、自分でも薄々分かっていたと打ち明けました。それでも最後の望みをかけて電話をしたようですが、やはり相手は金目当ての婚活詐欺師だったようです。佐々木が大手文具メーカーの社員だからこそ近づいてきたのです


若すぎるし、美人だし、おかしいと思ってた


この「詐欺」が思わぬ方向に波及していきました。大介は、偶然出会った恵を見て、この言葉を思い出します。しかも陽三は、恵に無心されて金を渡していたようなのです?


ふたりの間の「約束」も気になるところですし、それよりもっと気になるのは、どうやら陽三の体調が思わしくなさそうなことです。最初の頃、もしかしたらそういう展開なのかな~などと邪推したことが実現しないでほしいと切に願わずにいられません。思わせぶりですみません


家族ノカタチは、続きもとぉ~っても楽しみです家族ノカタチが面白い♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は家族ノカタチのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング