このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

鴨川食堂
 その他ちょっとイイ感じの日本のドラマ

鴨川食堂 あらすじと感想 第7話 父親の海苔弁

忽那汐里さん&萩原健一さん主演のプレミアムドラマ、【鴨川食堂】の7話は「父親の海苔弁」です。今回は、ずっとこいしが知りたがっていた流の過去が明らかになりました。以下簡単なネタバレのあらすじですkaeru


でもまずはいつも通り、迷い人さんから参りますると、今回は、どうやら恭介康介さんをモデル?にした大学生が登場しました。北野恭介(入江甚儀)というその青年は、昔ふたりで暮らしていた父が作ってくれた「海苔弁」を探してほしいと言います。


この鴨川食堂には珍しい若者の客に喜んだ流は、話はあとで(こいしが)聞くと言って、まずはいかにも若者向けの食事を、大いに張りきって用意してくれました


神戸牛のカツレツに京野菜のサラダ、聖護院蕪と鴨の治部煮、サバの塩焼きと豚汁


実に美味しそうに気持ちよく平らげた恭介が語ってくれた話は、どこかこいしに通じる話でもありました


恭介の父親はギャンブル好きがたたって、母親と妹は家を出てしまったそうなのですが、父親を気の毒に思った恭介は、父と暮らすことを選んだそうです。その父親が、毎日持たせてくれたのが「海苔弁」だったのだそうです。


その「海苔弁」は、恭介曰く、どこにでもある、普通の海苔弁だったようですが、ヒントは、その父親が、毎日毎日同じ海苔弁を作って持たせたのに、決して飽きなかったということですよね。恭介はでもいつしか、父は面倒だから同じものを持たせたと思いこむようになったそうです。というのも、父親のギャンブル癖は一向に治らず、終いには恭介の修学旅行の積み立てにまで手を出してしまったからです


ついに諦めて家を出てからは、一度も連絡を取らなかった父親が、この度入院し、もう長くはないらしいとの知らせが入ったのだとか。それで恭介はもう一度あの海苔弁を食べてから、会いに行くかどうか決めようと思ったそうです。


流が調べたところによると、この海苔弁は、決して普通の海苔弁などではありませんでした。恭介の父はわざわざ食堂の店主に作り方を習って作ったそうで、海苔の下には、太刀魚を焼いてほぐし、カボスとしょうゆ出会えた具が敷き詰められていたのだそうです。滋養があって腐りにくい弁当を、父は手間暇かけて毎日作ってくれたのです。


いつかあなたも日本一、否、世界一の海苔弁を子供さんに作ってあげられたらよいですね。


流のその言葉を胸に、恭介はきっと父親に会いに行ったに違いありませんね


一方のこいしもまた、その昔掬子が家を出た時、流を気の毒に思って家に残ったという経緯があるそうです。今回ついに浩が金沢に戻ることになったのを受けて、その後を付いていこうかどうか大分迷っていたこいしでしたが、あることをきっかけに、家を出る決意を固めたようです。


それは横峯が明かした流と悠子の関係でした。ふたりは、男女の仲ではなかったらしい物の、犯罪者である横峯を追う刑事とその横峯の妻という一線は、心の中で越えてしまっていたようです。でもそれもほんの一瞬だけだったのだとか


こいしは、自分ももう大人だから気持ちはわかると言い、掬子も本当のことを知れば、家を出ることはなかったろうと理解を示してくれました。ようやくスッキリしたこいしは、浩に付いていくが、家を出る日も、いつも作ってくれた美味しいおにぎりを作ってくれるか、と問いかけます。


流もまた、八十吉から、ずっと掬子を手元に置いておいたばかりに後にひどく後悔したという話を聞かされていたため、覚悟のほどはできていたようでしたね。ああ、作ったる!


こいしは妙に流のことを託していくような話もしていました。確かにお似合いかもしれませんねheart5


鴨川食堂~来週はいよいよ最終回です




~エンディングに流れるイラストと、カサリンチュが歌う主題歌「風」たいせつなひと(期間生産限定盤))がまた実にマッチしていて可愛いですね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は鴨川食堂のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング