2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

家族なのにどうして(全72話)のあらすじと感想および登場人物はこちらからご覧いただけます: 家族なのにどうして 全72話 あらすじと感想、登場人物一覧


韓国ドラマ、【家族なのにどうして】も昨日放送分の64話まで見終わっています。先週は野暮用でお休みを頂いてしまったため、なかなかこれを語るまでに追いつけませんでした。という訳で、今日は58話から64話までの自分的見どころシーンについてタップリと語らせていただく所存です家族なのにどうしてのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずは、ついにテジュがガンシムに(最初、否、正確に言うと2度目のプロポーズをしたシーンから


スンボンから酒癖テストを実施されたテジュは、すっかり酔っぱらってしまいますベロベロです(;´・ω・)。が、スンボンはこれでようやくテジュの誠意を認め、ガンシムと結婚するよう促しました


喜んだテジュは大声で家の外からガンシムを呼びつけます。ガンシマっ!!ガンシマ~っ!!チャ室長じゃなくてガンシム、と呼び捨てです


慌てて家を出てきたガンシムに、酒で顔を真っ赤にしたテジュが、例の「プロポーズ」を始めたのには大笑いでした。とにもかくにもキッチリ最初から始めなくちゃいかんのですもの


足を振り、「あれ?紐がほどけた!と語りだしたテジュは、ポケットから指輪を取り出し、ガンシムの前にひざまずきました。おどけたようにガンシムを見たテジュに、ガンシムも、またか、とちょっと呆れたような顔をしながら、でもとっても嬉しそうに左手を差し出します。その背後には、チャ家全員が顔を揃えてこの様子をにやにや笑いながら見守っています


今度こそ無事に紐もほどけて()実に感動的なプロポーズをしたはずのテジュが、翌日それをすっかり忘れてしまったのにも大爆笑。テジュは、せっかくガンシムの家に行き、豆を運び、大酒まで飲まされたのに、肝心のプロポーズをするのを忘れたと慌てふためき、再び指輪を買ってガンシムの家に乗り込んできます


それまでは、テジュにもらった指輪をしげしげと眺めては悦に入っていたガンシムは、これを知って猛然と怒りだしました。プロポーズしたこととを覚えていないなんて!そんな指輪は受け取れないっ!!


ガンシムばかりか、この様子を盗み見ていたスンボンも怒り心頭に発し、テジュとの結婚は認めないと言いだします。ガンシムへのプロポーズもさることながら、男同士飲み交わした際の会話もテジュはすっかり忘れてしまっていたからです


スンボンはテジュに、色々ひどいことを言いつけたが、それも「思い出」に残すためだと語ったのです。ガンシムとの結婚の許しを貰いに行った際、スンボンから豆を運べと言いつけられて大変だった、と後になって思い出してもらえればいい、決して忘れられない思い出になるだろう、と


テジュもこの話には大いに感動していたのにねえ。も~テジュ、なんて間の悪い男なんだ


が、決して諦めないのもテジュの取り得ですから、そこは何とかガンシムのご機嫌を取り、続いてはスンボンにも機嫌を直してもらおうと奮闘します。テジュが許しを貰うためにスンボンの腰にすがりつくと、スンボンはテジュの上に尻餅をつき、テジュは首をねん挫までしてしまいます


病院へ行った帰りに再度チャ家に寄ったテジュに、タルボンがある「秘策を授けました。その頃テジュは既にスンボンとの会話を思い出していたので、それとともにその秘策を使います


結婚の許しを貰う際、私の上に尻餅をついて私がねん挫したことも、後になれば良い思い出になりますね、アボニム(お義父さま)


「婿」から「お義父さま」と呼ばれたスンボンはすっかり良い気分になって二人の結婚を許してくれました。タルボンの「秘策」大成功です


が、その後ムン会長との顔合わせに出席したスンボンは、ふたりが1カ月以内に結婚したいと言っていたことを知り、ガンシムの本心を疑いだします。もしやガンシムは、自分の病気に感づいたのではないだろうか?


これでまたしてもスンボンはふたりの結婚に反対し始めましたが、ヨンソルやウナンは、ガンシムが結婚を急いでいるのは「妊娠」したからではないかと疑います。ウナンは何もかも承知の上で嘘をついてくれた=援護射撃をしてくれたのかも知れません


追い込まれたガンシムはついにこれを認めてしまいます。するとスンボンは、孫の顔を見るまで生きたいと思い始め、治療を受けると言いだします。もちろんガンシムもガンジェも、そしてタルボンもこれには大喜びです。こうなった以上、この嘘はゼッタイに嘘だと気づかれてはなりません。


スンボンは治療のことを家族に隠すため、ウナンと「旅行」に出かけるということにしました。治療は1週間ほどかかるそうで、ギチャンが特別室を用意してくれています


が、その後のガンシムが挙動不審だったため、ヒョジンやヨンソルから真偽のほどを疑われ、ひいてはスンボンもまた最初の疑問に戻ってしまうのです。やはり自分のために結婚しようとしているのでは?


ここで偶然スンボンの病を知ってしまったヒョジンがまた、突然泣き出したりするものだからますますヨンソルに疑われてしまいます。


も~だからあんたには言えなかったんよヒョジンにイライラ!

と、テレビに向かって怒鳴っていたのはおばさんだけでございましょうか


ガンシムの苦しい胸の内も知らず、があがあうるさいヨンソルが憎たらしかったですね~。赤の他人ならともかく、気心をよく知る従姉が「言えない」のには何か深い理由があると思いません?それを、自分だけ仲間外れにして、などと僻むほうがどうかしてますやん。ま、妊娠中だから勘弁しますが


追い込まれたガンシムはついにヨンソルに真実を打ち明けました。父さんが病気でひどく悪いの。だから早く結婚してその姿を見せたかった。あんたは妊娠中だから言えなかった


驚いたヨンソルはすぐにガンシムを気遣い、自分もまた悲嘆に暮れてしまい、二人は抱き合って泣きだしてしまうのですが、その様子をスンボンが見てしまいます。自分のためにヨンソルから責められても必死で嘘をつこうとしていたガンシムの切ない胸の内を知ったスンボンは、ようやく、1つの決意をします


一方のタルボンはその間、何とかしてスンボンに認めてもらおうと必死でした


テジュが店に運び入れた豆のうち3袋を水に浸し、豆づくりを始めたまでは良かったのですが、おそらくは普段でも1日1袋がやっとのところ、翌日が日曜だったため、店は休みで売れないと言われてしまいます。


それでも諦めようとしないタルボンにスンボンは、タルボンがもし豆腐をすべて売りつくしたら、店を継がせてやると。その代わり、売れ残ったら諦めろと言われてしまいます。


引くに引けなくなったタルボンは、ソウルとともに朝早くから店に立ちました。この様子を見ていたウナンがこっそり協力してくれたのがまた嬉しかったですよね。店を営む友人たちから、バイクに乗った元ヤン?のおじ様たちまで大量の豆腐を買ってくれます。事情を聴いたウノやジュンベク、最後にはガンシムやガンジェまで協力してくれました


でも最後のこの家族の協力がスンボンの怒りに火をつけてしまいます。お前たちがそうやって甘やかすから、タルボンはいつまで経ってもダメなんだ!


これを聞いたタルボンもついに怒りだしました


俺だって頭が爆発して息もできないくらいに努力している!毎晩、この先どうすべきか考えてる。そう見えなくても俺なりに頑張ってるんだ!将来は不安だし、1年先、5年先も見えないけど、人生の敗北者になりそうで死ぬほど怖いけど、父さんを失望させまいと、家族に迷惑を掛けまいと努力してきたんだ!

なぜ分かってくれないの?俺はそんなにダメな奴に見える??俺は父さんみたいに生きたいんだ。ずっと父さんが人生の目標だったんだ。それがそんなにいけないことなの?アボジっ!!


ついに根負けしたスンボンは、翌日からタルボンに豆腐作りを教えることになりました。それを知ったタルボンがまた実に嬉しそうでしたね~。早朝4時から大声で浮かれ出し、その声に驚いて集まってきた皆に、

アボジが店を譲ってくれるって!

と叫びます。ここでいかにも調子のよい末っ子を演じたのも、スンボンに気づかれぬようにというタルボンなりの配慮に違いありません


こうしてスンボンは今、ガンシムのみならず、このタルボンの豆腐作りも、すべては自分のためだったことに気づきましたスンボンが子どもたちの親孝行にようやく気付いた。スンボンはまたしてもテジュを呼びつけ、屋台で一献傾けます。スンボンの体を気遣うテジュは、最初はこれを止めましたが、スンボンが今、どうしても酒を味わいたいのだと言うともう止めることができません


そしてスンボンはついにガンシムとテジュの結婚を許します。娘の結婚を喜び、その婿と腕を組んで大声で歌を歌いながらご機嫌で戻ってきたスンボンの声に、皆が驚いて駆けつけてきました。


可愛い娘よ。ありがとう。可愛いのも、嫁に行くのも、それから「つわり」も(演じてくれて)ありがとう。


そう言われたガンシムがスンボンの本心に気づいたのを察したスンボンはすぐに話題をテジュに振り、テジュは良い男だ、こんな男と結婚できてお前はラッキーだとわめきました。そのテジュには、自分の次に大切にすべきなのは、妹のスングムだと念を押します


そのスングムは、スンボンが酔っぱらってくだを巻いていると思っているため、抱きしめられても嬉しそうに微笑みますが、その様子を見たヨンソルはたまらずに涙を流してしまいます。その気持ちはガンジェやヒョジンも同じです


そしてスンボンは引き続きタルボンにもソウルと結婚するよう言い聞かせました


分かってる。今は辛いだろう。でも俺から見るとお前は最高だ。人生なんて大したことない。いいかタルボン、ぐずぐずせずにソウルと結婚するんだ、分かったな!


その翌日、スンボンは朝早くから「旅行」に出かけていきました。ガンジェは知らなかったようですし、最初は確かにウナンと一緒にいたようですが、きっとそのまま病院へ行くのでしょう。


そのスンボンから「自分の留守中、婿としてチャ家で暮らせと命じられたテジュは、早速大荷物を持ってチャ家を訪ねてきました。ガンシムを初め、スングムまでが迷惑そうでしたが、その辺、テジュは気にしません。何せ、お義父さまの命令なのです。そこはチャ家の婿として、誠実に遂行せねばなりませぬ家族なのにどうしてのテジュがサイコー!


スンボンの治療が少しでも奏功し、無事に戻ってきててくれることを願っています家族なのにどうしては続きもとっても楽しみですね


家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET1家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET2家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET3家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET4家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET5

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.