このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ミセン-未生-
 社会派

ミセン-未生- あらすじと感想 第8話 良心と保身

ミセン-未生-のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ミセン-未生-のあらすじと登場人物


イム・シワンさん主演の韓国社会派ドラマ、【ミセン-未生-】は8話もまた実に面白かったです。もう大分前のことになりますが、自分がOLだった頃のことを思い出し、ああそうそう、あるある、とうんうん頷きながら拝見いたしましたが、実際(日本)の現状はどうなのでしょうか。え~そんな時代錯誤あり得ない~なら嬉しいですが


以下簡単なネタバレのあらすじですミセンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回もまた、社内での様々な差別、ハラスメントがメインに据えられておりました。セクハラにモラハラはもちろんのこと、そんなハラスメントが目の前で行われていることに対してだんまりを決め込む周囲の「保身」についても赤裸々に描き出されていましたね。その同じ保身には、身内の失敗を知りながら言いだせず、良心の呵責に苦しむ様子も描かれていました。


まずは、気になっていたサンシクの過去の「だんまり」(保身)から参りますると、期待通りグレがソンニュルに聞き出してくれました


サンシクが代理時代、部下だったウジンという女性がミスを犯したが、本来はサンシクにも責任があったのに、保身のために口を閉ざしたため、ウジンだけが犠牲となって退職した。その後ウジンは食堂を開いたが、その配達の途中で事故に遭い、亡くなってしまった


これが、まことしやかに社内に伝わる話らしいのですが、実際は違ったそうです。ドンシクが怒りに任せてぶちまけたことによると、元々その「ミス」が出たという契約を取ってきたのは、チェ専務であり、専務は契約先が危ない企業だと分かっていたのに無理矢理契約したのだそうです。しかもどうやらチェ専務はリベートを貰ったようなのに、それもウンジのせいにし、サンシクにも余計なことは言うなと言って脅したそうです


だからウンジの死はサンシクのせいではない、と悔しがるドンシクに、サンシクは、自分が口をつぐんだことは事実だとあくまでも罪を背負いこもうとします。チェ専務を責める前に、自分がウンジにしてやれることがあったはずだと、サンシクはずっと自分を責め続けているのですね~きっと


下の屋上(テラス?)での二人の会話を、上の屋上で聞いていたグレには、そんなサンシクの気持ちが痛いほど分かったようです


大抵の後悔はそのうち忘れるけど、残るものもある。そして仕返しをしてくるんだ。忘れることも取り返すこともできない。課長は自分を責めている。僕にはそんな課長が寂しく見える。


だからグレは、そのサンシクが誤解されているのが我慢できません。何とかして例の「B/L」を見つけ出そうと奔走し、ついにヨンイからその在りかを聞き出します。経緯はこうです


営業3課は間違いなく資源2課に「B/L」を渡していたことが今回明らかになりました。どうやら2カ月前にそれを受け取ったのは、当時資源2課で働いていたベッキだったらしいのです。それをチョン課長が添付し忘れていたらしいのですが、決済が下りたことで逆に言いだしにくくなり、正式採用後鉄鋼1課に移ったベッキもまた「保身」のために誰にも言わずにいたようです


そんなベッキの様子を不審に思ったヨンイは真相を問いただそうとしますが、ベッキは、そんなことをしたらヨンイの立場がますます悪くなると忠告します。それでなくても資源2課は女性蔑視が激しくて、ヨンイは先輩のハ・ソンジュン(チョン・ソクホ)から屋上に呼び出され、ネチネチと嫌みを言われてトイレで泣いていたほどなのです


確かにヨンイがソンジュンから頼まれた仕事を後回しにしたことはマズかったかもしれませんが、それならその事だけを注意すれば済むことなのに、そこに(必ず)

「だから女はダメなんだ」

と続けること自体がもはや立派なセクハラです。でもこの資源2課は会社の中でもエリート意識が強く、部長からしてセクハラへの認識が甘過ぎるため、このような暴言を悪いとすら思っておりません。何せ部長のマ・ボンニョル自ら、1年前に部下が大きく胸の開いた服を着ていたのを見て、

「何度も隠すぐらいならいっそずっと見せておけ、そもそも隠すほどじゃないだろ」

と言ったことでその女性社員から訴えられ、3カ月の減俸を食らったことがあるのだそうです


サンシクはその時の「証人」になったことで、余計にマ部長から恨まれているようでしたね。


そのサンシクは、ああ見えてかなりのフェミニストで、同期のソン・ジヨンが、妻であり母でありながら次長に上り詰めた努力を正当に評価しておりました。ちなみにサンシクの妻も働いていたそうですが、子育てと両立できなくなって辞めたそうです。サンシクは、妻が辞めなければ自分が辞めていた、と語っていました


それに引き換え、マ部長はまったく懲りていないようです。同じ資源2課の女性が、3度目の妊娠を上司に告げられず、黙って激務に耐えていたのがたたって倒れた際も、

「いったい何人産むつもりだ!

と平気で罵っていたほどなのです。


確かに、同じ課の中で毎年のように産休を取られるのは辛いですが、だからと言って男が代わりに産める訳ではないのだから、男性はその責任を痛切に感じて女性に感謝すべきなのです。自分には子どもがいないのか、いるなら誰が産み育てたのかと思ったら、決して口に出せる言葉ではありませんよね

だから女はダメなんだ!

なんて


話をB/Lに戻しますと、そんなセクハラジ〇イのマ部長は、あくまでも営業3課に非があると主張した上、サンシクがチョン課長を殴ったことを謝罪しろ、イントラネットに謝罪文を掲載しろと命じます。最初は聞き流していたサンシクが、これに素直に応じたふりをして、

「すまんな。小さい奴

と、ふざけたリンゴ(=サグァン=謝罪)のアニメーション付きでアップしたのには大笑いでした


これに怒ったマ部長が営業3課に乗り込んできた隙に、良心の呵責を覚えたヨンイが、資源2課の金庫を開けて捜したところ、そこにはシッカリ「B/L」がファイルしてあったそうです。チョン課長やソンジュンもこの事は承知の上で、ただマ部長怖さに、だんまりを決め込んでいたようでした。その証拠に、この「B/L」を破棄してしまおうかとまで言ってましたからね


だから男はダメなんだ!!そう言ってやりたい!( `ー´)ノ


ヨンイは悩んだ末、同じ女性として職場で戦っているジヨンに相談しました。詳細は告げず、正しいことをしたいが、そうしたら職場にいづらくなる、「女だから」と責められると言うと、ジヨンは、正しいことをするのに性別は関係ないと答え、それは良心の問題だと答えました。


良心が痛まない人はいないと思うわ。分かっていてやらない人と、分かるから行動する人の差があるだけね


その頃グレは、サンシクから、放っておいたら(サンシクのために)何をするか分からないと見透かされ、ジヨンが迎えに行けずに困っていた娘のソミのお迎えに行かされていました。あんなにチラチラ、サンシクの顔を見たり、ヨンイの側をうろついたりしたら、もうサンシクにはお見通しですね


保育園に行ったグレは、ソミ以外にもたくさんの子どもたちが親の迎えを待っていることを知り、彼らが皆帰るまで、自分が遊んであげても良いかと尋ねました。すると応対に出た保育士は、自分達が付き添う規則になっていると断りますが、ひとりの若い保育士が残業を申し出てくれたおかげで、グレの願いが叶えられます


皆と大いに遊んで疲れ果てたソミが寝入ったところに、ヨンイがやってきました。ヨンイはついにグレに真相を打ち明けて、金庫の暗証番号を教えましたが、グレが捜しに行った時はもうそこに「B/L」はなかったようです。そればかりか、金庫を開けてファイルをあさっていた姿をチョン課長に見咎められてしまいます


果たしてグレは何と言い訳するのでしょうか?さすがに自分の手からは渡せないと語っていたヨンイは、ここでもう一度正しい行為に踏み切れるのでしょうか?ミセン~ヨンイ、負けるな!( `ー´)ノ


来週は、サンシクの友人?(イ・ダリョン)が登場するようです。が、どうやら一筋縄ではいかぬようで、これまた面白くなりそうですねミセン-未生-は続きもとっても楽しみです


ミセン -未生- DVD-BOX1ミセン -未生- DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はミセン-未生-のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング