2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

あさが来たのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: あさが来た あらすじと感想一覧 全26週156話


NHK連続テレビ小説の【あさが来た】の第22週は「自慢の娘」です。これまた何とも味わい深いエピソードでございましたね。以下早速ネタバレのあらすじですあさが来たのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回は、なんと菊と梨江がほぼ時を同じくして天国に旅立ってしまいました。中でも菊は、前回藍之助に「山王寺屋再建の夢」を断たれたことがショックで倒れたかのように思えましたが、実際には転倒が原因で腰の骨を折ってしまったようです


それで寝たきりになった菊はでも、決して恨みに満ちた余生を送ったのではなく、家族とともにみかん農家を続けてきたことに心から感謝して旅立っていったそうです。菊は、みかん山からほのかに香ってきたみかんの花の匂いを嗅ぎ、それはそれは幸せそうにしていました菊の最期がよかった。そればかりか、皆に背負われて、みかん山にまで登ったそうです。


寝込んで以来、ずっとはつの看病を受けていた菊は、その昔、はつを蔵に閉じ込めたことを詫び、あの蔵に惣兵衛もしょっちゅう閉じ込めていたことを明かします。最初は泣きわめいていた惣兵衛も、いつしか大人しくしている方が利口だと悟り、何も言わない子供になってしまったのだとか


はつもまた同じように厳しく子供たちを育てているのに、ああも笑いが絶えないのはなぜなのか、自分の子育ては間違っていたのか、と反省していた菊に、はつは、これまでずっと言えなかったと感謝の言葉を口にしました


あなた様の息子の惣兵衛様を産み育ててくれはって、おおきに。あないに優しゅ うて、体もたくましい立派なお方を育ててくれはってほんま、おおきに


菊はきっとこの言葉のおかげで長いこと抱いていた執着をふっきり、目の前にそびえたつみかん山こそが、今の自分たちにとっての山王寺屋だと確信することができたのですね


そして養之助は、天国の菊に向かって自分が必ず山王寺屋を守っていくと約束します。祖母の病を知って戻ってきたのに死に目に会えずに嘆いていた兄の藍之助には、菊の最期について語って聞かせ、家のことは自分にまかせて安心して大阪へ戻るようにと励ましました。菊もあの世でどんなにか喜んでいたことでしょう


一方の梨江は、まったくその姿を見ることなく、ただお葬式だけが描かれていました。ここはちと物足りなかったけど、残された父の忠興が、その梨江と相談して決めたと言って、あさに、目白にある今井の別荘を大学の用地として使ってほしいときりだします。目白の女子大、ですね


忠興がはつと新次郎に明かしたところによると、忠興はあさにもっと教育を施してやればよかった、父の忠政が勧めたように、あさを男として育て、今井を継がせればよかったとひどく後悔していたのだそうです。


これに対してはつは、それでは忠嗣が気の毒だと言い、新次郎もまた、これ以上あさがエラクなったら大変だったと答えました


忠興から、生まれて初めて褒められたあさは口では「これ、あさ!」と叱られていた方が良いなどと照れくさそうにしていましたが、心の中ではどんなに喜んでいたことでしょう


「ええ娘やったで。今は自慢の娘になってしまいよった


忠興は、あさの「芽」を摘んでしまった罪滅ぼしに、学問好きな女の子が、好きなだけ学べるよう、支援の手を差し伸べてくれたのです。あさにとって、これほど嬉しいことはありませんね


大学設立に関しては、成澤が首相、伊藤博文の支援を取り付けて来たそうですが、いかんせん、これまではずっと大阪中心で動いてきたのに、実際の女子大を東京に建てるとなると、それはそれでまた何かと揉めてしまうようです


一方のはつも、ふたりの母を見送った後、養之助の結婚式に際し、惣兵衛と養之助、そして藍之助が金を出し合って「露芝」を買ってくれた事に感激してしまいます。亡き二人の母、菊と梨江に、その感激を伝えていたシーンがまたよかったですね。梨江が言った通り、はつはやっぱり幸せになったのです


また、卒業後はあさの下で学ぶことになった宜にお株を奪われないかとハラハラしていた亀助の、相変わらずの気の小さささも楽しかったですね。へえさんと自分で椅子の大きさが違うとこだわるなんて、亀助ならではです


いつもならそんな亀助をからかうだろう新次郎は、千代と宜の話を立ち聞きして千代の初恋に感づいてしまったため、そんな余裕はありません。相変わらずのご機嫌斜めさんだす


その千代の初恋に関しては特に進展は見られず、お楽しみは次週にお預けのようですが、その次週には、あの雁助も再び登場するようです。何でも今はマッチ工場を経営しているのに、そこで頭を打って倒れてしまったのだとか?


ここはうめならずとも心配させられますね。何とか無事でいてくれるとよいのですが雁助、無事な顔を見せて!


来週は「王子様と雁助」の二本立てで、これまた楽しくなりそうですあさが来たは続きもとっても楽しみですねあさが来たが楽しみ♪



こちらが原作です


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.