2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

HOMELAND S4ホームランド4) あらすじと登場人物、キャストはこちらからご覧いただけます: HOMELAND S4 (ホームランド4) あらすじと登場人物、キャスト


Homeland S4】(ホームランド4)の第7話は「混乱」です。これまたまさにその通りでしたが、英語の副題「Redux~戻ってきたにもビックリです。以下早速ネタバレですホームランド4のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


何とですね~今回は、シーズン3で処刑されたブロディが再登場したのです!!


とはいえ、実はこれ、キャリーの見た幻影だったのですが、途中、キャリーが何度も本人に確認したため(It's really you本当にあなたなの?)、まさかあの時の処刑は嘘で、ブロディは本当は生きていたのか?などと危うく信じそうになったほどです。キャリーがそんな幻影を見るに至ったのは、デニスがすり替えた偽の薬が原因だったようです


前回キャリーの部屋に忍び込んで、キャリーが双極性障害だと知ったデニスがタスニームにこれを報告すると、タスニームは早速、それと同じ白とグリーンのカプセルを用意して、中に他の薬を詰めさせ、デニスに命じて再びキャリーの部屋に忍び込ませました。デニスが入れ替えたその薬を飲んだキャリーは、すっかり錯乱状態に陥ってしまいますキャリー、可哀想だった(;´・ω・)


それでなくても、アーヤンを死なせてしまった罪悪感に苦しんでいたキャリーですのに、それを和らげようとして飲んだ薬のせいで、ますます混乱してしまいます


キャリーは、アーヤンが運んでいたハッカニの薬を突き止めようと、アーヤンが薬を受け取った病院(たぶんオンマヤ医大病院)へ行き、そこで出会ったキランを激しく問い詰めてしまいますDo you know what this medicine is?。アーヤンに薬を売ったウンメ・カルサムという看護師を知らない?どんな薬だったの?


それをピーターが止めたようでしたが、それまたキャリーの幻影で、もしかしたらまったくの別人だったのかもしれません


キャリーはその後、警察に拘束されてどこかの屋敷に連れていかれてしまいます。そこでキャリーが見たのがブロディの姿でした。何度も夢に見ただろうその姿に驚きながらも涙するキャリーですが、それはブロディではなく、ISI幹部のカーンだったことが判明します


カーンはキャリーから、ソールが拉致された際の空港の防犯カメラの映像を見せるよう要求されてそれに応じましたが、都合の悪い映像は全て前もって処分していたようです。そんなカーンがキャリーを拉致して、いったい何をするつもりでしょうか?


一方、ソールがハッカニの人質になったとの報告を受けたロックハートは、早速イスラマバードに乗り込んできました。しかもパキスタン代表団(以前ソールが会ったブンラン・ラティーフ~外務大臣)との交渉において、大使であるマーサを無視し、ソールの救出に力を貸さなければ、パキスタンへの支援を取り消すと相手を脅してしまいます


So, here's what's going to happen. Either Saul Berenson gets returned to this embassy quickly and quietly, or we put Pakistan's $2 billion-a-year aid package under immediate review.
選択肢は2つ。ソール・ベレンソンを直ちにそして静かにこの大使館へ連れ戻すか、さもなければ、パキスタンへの年20億ドルの援助を見直す


でもそれも無理からぬ話ですよね。何せその席上にはISI(あらためて~Inter-Services Intelligence of Pakistan)の幹部であるカーンやタスニームも出席しており、彼らこそがソールをハッカニに引き渡した犯人なのです


ロックハートもそこまではつかんでいませんが、ソールは、ISIの工作員=ファルハト・ガージを見つけ、彼を見張っていた際に拉致されたのですから、パキスタン(少なくともISI)がハッカニに協力しているのは誰の目にも明らかです


あなたにそんな権限はないと怒るマーサに、ロックハートは大統領からの同意を得てきたと言い添えます。これではマーサの立場がありません。マーサは怒りに任せて辞表を書こうとしましたが、意外にもデニスがこれを止めました。デニスはすっかりいい気になっているようですね


最初は強く出たロックハートも、結局は次に打つ手が無くなってしまい、マーサの人脈を頼らざるを得なくなったようです。


また、ハッカニに連れ去られたソールは特にひどい拷問をされた様子もなく、まずまずの待遇を受けていたようです。というのも、ハッカニはソールを文字通り「盾」に使って故郷に凱旋し、これまで何年も会えなかった家族に再会したのです


そのハッカニとソールが宗教論を戦わせていたのもなかなか興味深かったですね。ソールが、自爆テロや数々の殺りく、特に今回のアーヤンを初めとする親戚を自分の犠牲にするような教えはイスラム教にはないと問い詰めると、ハッカニは、キリスト教こそ世界に戦いと災いをもたらしたと反論します。


But if Christianity is to be judged by the misery it has caused mankind, who would ever be a Christian?


でも、ソールこそその最大の被害者であるユダヤ人だったため、ハッカニはそれ以上何も言えなくなっちまうんですが


そのハッカニはどうやらソールをアフガニスタン(The graveyard of empires~帝国の墓場)へ連れていき、そこで、アメリカに対して人質交換を要求するようです


いや~相変わらずハラハラさせられまするホームランド4が面白い(^◇^)。でも、そろそろキャリーもスパイ(デニス)に気付いても良い頃ですよねホームランド4は続きもとっても楽しみです



HOMELAND/ホームランド シーズン4(SEASONSブルーレイ・ボックス) [Blu-ray]

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.