このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

真田丸
 NHK大河ドラマ

真田丸 あらすじと感想 第9話 駆引き

真田丸のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 真田丸 あらすじと感想一覧


NHK大河ドラマ、真田丸の第9話は「駆引き」です


この真田丸の副題を見ながら毎回思うことなれど、この「駆引き」もまた今に始まったことではありませんよね。むしろ、最初からずっと駆け引きの応酬だったような気がします。以下簡単なネタバレのあらすじ感想文です真田丸のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回最も可笑しかったのは、源三郎が父・昌幸を高く評価していたこと


これまではずっと行き当たりばったりだと思っていたが、実はそうではなかった、誰よりも遠くを見つめ、深く考えていた人物だったと大絶賛だったのですが、これまた何を今さら、な感じで大笑いでした。個人的には逆に、最初はなかなか思慮深い人間だと思っていたけど、実は行き当たりばったりじゃないか、と思い始めたところだったので、これには苦笑しきりでした


昌幸の言葉を借りるなら、頭に何かがつくほど真面目な源三郎の「滑稽さ」は大泉洋さんにしか出せませんね。真面目に振る舞えば振る舞うほど可笑しみが滲み出てくるというこの絶妙なキャスティングには、これまた毎回大いに感心させられます。でも、妻のこう(長野里見)に関してはちとシャレにならん気がして触れられません


今回昌幸は、信濃を国衆の「寄合」で治めるべく、室賀正武の協力を仰ごうとします。互いに互いの顔が嫌いだと言って憚らないこのふたりですが、信濃への郷土愛だけは一致しており、武田信玄亡き後、この信濃を託せる人間はいないという結論から、共同して北条に対抗することに決めました


が、そんな昌幸を歯がゆく思う出浦は、寄合などにせず、昌幸自身が信濃を治める大名になるべきだと主張します。再三再四のこの説得に、ついに昌幸が応じようとしたのもまた可笑しかったですね~


父上の気持ちはすでに固まっています!という源三郎に、

いや、そうでもない

と答える昌幸。当然、またしても源三郎は呆然と立ちすくむしかありません父上っ!


が、さすがの昌幸も決心がつきかねていたところに、家康からの書状が舞い込んできます。北条が上杉と戦っている間に甲斐を責めるつもりだった(ガセじゃなかったのですね)家康は、思わぬ北条の南下に驚き、急きょ、昌幸に助けを求めることにしたそうなのです。


この知らせを受け取った昌幸の変わり身の早さがまた呆れるほど早くて大笑いでした昌幸が食えん~( *´艸`)


いっそ手を貸してみるのも面白いかもしれんのう


今劣勢の家康に恩を売っておけば、後々恩に着せられるというのです。国衆たちの寄合は諦めた!でも室賀にはまだ黙っておこう


自分とは180度違う父親に振り回される源三郎が気の毒な事この上ないです


昌幸は早速、調略担当の信伊に命じて家康のもとへ行かせ、諏訪甲斐に二千貫文相当の所領に加え、上野の沼田領を所望しました。


天下に聞こえた真田安房守が味方となってくれるのなら安い物だ


そう快諾したはずの家康が、なんと北条と手を組んだと聞かされた時のその昌幸の顔がまた見ものでございましたね


どうやら、この和睦を持ち出したのは氏政だったらしいです。そこまで氏政を追いつめたのは、ほかならぬ源次郎が言いだした兵糧攻めでした。源次郎は、正面切って北条と戦うのではなく、北条への兵糧を絶つことで家康への協力を示せばいいと提案したのが見事に奏功したのです


源次郎は前回、父の春日信達にたいする仕打ちが許せずにおりましたが、梅から、調略のおかげで戦をせずに済んだのは良いことだと説得され、今後自分の進むべき道もまた、血を流さずに済む方法を考えることだと決意するに至ったのです


~その後源次郎と梅はめでたく結ばれたようです。その源次郎の帰りをひたすら待っていたきりもまたどこまでも報われませんおにぎり投げたくなる気持ちも分かります


これでさすがの昌幸も万事休す~またしても崖っぷちに追い詰められてしまいますデスパレートな真田家( `ー´)ノ。予告では、家康&氏政双方から命を狙われていたようです。源次郎はどうやら上杉に助けを求めに行くようでしたか?


また、他局の某サスペンスドラマで唯一お笑い担当として大いに笑かせてくれている高畑淳子さん演じる薫にも大笑いでした。昌幸が、家康からの人質要請について切り出そうと薫の膝枕をねだると、

「そのための薫の膝でございます

などとしおらしい言葉を吐いたその舌の根も乾かぬうちに、夫の目的が自分を人質にすることだ察すると(またその察しが早い)、即、掌返しでその膝を固くして激怒していたのには大爆笑でした


真田丸は相変わらずバランスの取れたドラマでござりまする。続きもとっても楽しみですね真田丸が面白い(^◇^)


NHK大河ドラマ「真田丸」完全ガイドブック (東京ニュースムック)
とりあえずはこれから眺めてみますか


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は真田丸のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング