2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ミセン-未生-のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ミセン-未生-のあらすじと登場人物


イム・シワンさん主演の韓国社会派ドラマ、【ミセン-未生-】は9話もなかなか面白かったですね~。ようやく1つ問題が解決しても、またすぐに次なる難問が山積してくる~まさに、サラリーマンは辛いよ、でござりまする。以下早速ネタバレですミセンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずは気になっていた「B/L」問題ですが、前回の予告通り、グレはヨンイから聞いた暗証番号で資源2課の金庫を開け、その一番下の棚にあるという「B/L」を捜しましたが、それが一向に見つからず手間取っているうちに、ちっちゃい奴、もとい、チョン課長がやってきます


他課の金庫を黙って開けるとは何事だと気色ばむチョン課長に、グレはここに「B/L」がある、と立ち向かおうとしますが、そこは言い訳上手なチョン課長に言いくるめられそうになってしまいます


課長の命令か?課長はどこだ?部下に盗みを命じておいて自分は帰宅したのか!?


その課長=サンシクもまた、そこにいたのには驚きました。なんとサンシクは既に資源2課の金庫を開けて、件の「B/L」を手に入れていたのだそうです!?サンシクにBLの在りかを教えたのは誰?


チョン課長はその「B/L」が本当に資源2課の金庫にあったかどうかわからない=サンシクが隠し持っていたのかもしれないと言いがかりをつけますが、そこはあの顔、否、迫力でサンシクがねじ伏せてしまいますミセンのサンシクがいいわ~( *´艸`)

その通りだ、だが、俺とお前だけは知っている。他にも知ってるやつがいる
二度とウンジの話は出すな。ただじゃ置かない!ふざけた真似もするなっ!!命はねえぞ!!
お前が見つけたことにして謝罪文を書け。(ふざけたリンゴじゃなく)ちゃんとしたヤツをだぞ!!サグァン=謝罪だぞ!


これは実に気持ちがよかったですね~。まさに天罰下る!でござりまする


サンシクが、無茶をしたグレを一言も叱らず、居酒屋に誘ってくれたのも嬉しかったなあ


いったい誰に暗証番号を聞いたのか?と不思議がるグレに、教えてくれる奴がいた、とだけ答えるサンシク。その前の画面には盛んにベッキが映ってましたが、まさかチャン・ベッキが教えてくれたのでしょうか?


これでグレはもう立派にサンシクの同僚ですね。最近の若者(笑)は、会社の同僚と飲みに行くことを嫌うそうだけど、先に同じ苦労をした先輩の話を聞くのは、良きにつけ悪しきにつけ参考になるのに、ちょっともったいないことですね


と、ここまではよかったのですが、その天罰のとばっちりを受けたのがヨンイというところが、またいかにも「男性社会」ならではです。チョン課長は、サンシクやグレに「B/L」のことを明かしたのはヨンイだと当たりをつけて、ことごとくヨンイを苛め倒します


「これだから女は信用できん


自分のミスを他人に押し付けておきながらよく言うよ。やっぱり言わずにいられませんね~だから男は嫌なんだ!!全然実用的じゃない( `ー´)ノ


情報通のソンニュルがまたしてもこれを聞きつけてきて、早速グレに知らせに来たため、グレはヨンイのことが気になってなりませんヨンイに悪いことをしてしまった(;´・ω・)。営業3課を助けるために、ヨンイが孤立してしまったのです。


この辺は、以前のグレのプレゼンを思い出しますね。他の課の責任を問う前に、会社全体としての利益を優先すべし、互いのあら捜しに時間を費やすのではなく、自らに非があったら潔くそれを認めて、一刻も早く仕事を潤滑に進めるべし、ということが、頑固な男どもには分からんかな


雑用をひとりでやらされた上に、嫌みを言われたために動揺して怪我までしたヨンイが、何とも気の毒でなりませんでした


でも、たとえどこへ行っても新人のうちは=キャリアが無ければ相手にされませんから、どんなに腹立たしくても2~3年ぐらいは我慢してみて、できる限りのノウハウを吸収することが肝要ですよね。もしその会社が本当に優秀な会社なら、性別関係なくいずれは能力を認めざるを得ないでしょうし、そうでなければ見切りをつけて、キッパリ辞めればよいのですから


一方、グレのいる営業3課は、それからは順風満帆のように思えました。大きな契約も取ったようで、サンシクとドンシクだけではなく、グレも一人前に彼らに混ざって、その成果を喜びます


そんなグレを羨ましそうに見ているベッキの姿も印象的でした。結局、学歴やインターン中の評価は、いざ仕事が始まれば、まったく関係ないということです


その上、会社ぐるみで接触に難航していたウィルマートという企業に、サンシクの幼馴染がいることが判明します。部長を務めているというピョン・ヒョンチョル(イ・ダリョン)というその男性は、サンシクが「ダメピョン」と呼んでいた悪友だったそうなのです


これで交渉は成立したも同然だと喜び勇んでアポを取ったサンシクでしたが、それに快く応じてくれたはずのヒョンチョルは、約束の時間に30分遅れたことを皮切りに、その後もタップリ1時間待たせた上、そう簡単な話ではないと、サンシクを追いかえしてしまいます


どうやらヒョンチョルにとってサンシクとの思い出はよくないもののようですね。サンシクとグレを待たせている間、誰が友達だ!と文句を言いながら囲碁のゲームをして時間を潰していたほどですから


サンシクは、昔とはすっかり変わってしまったヒョンチョルの態度にショックを受けてしまいますが、そのヒョンチョルが、会議に行くのにネクタイをしていないことを部下に指摘されると、息子からプレゼントされたネクタイを貸さずにいられません。サンシクには、可愛くて元気な息子が3人もいるのだそうです


取引相手がサンシクの友人だということで、会社では皆が、ドンシクのみならず隣の課のコ課長までが、すっかり契約が取れるものと期待して待っていたのに、サンシクが渋い顔で戻ってきたため、そこには一変、気まずい雰囲気が漂ってしまいます


皆の視線を浴びながらただひとり屋上へ行って落ち込んでいたサンシクでしたが、そのヒョンチョルから電話が入り、多忙のため邪険にして悪かったが、今晩飯でもどうだと誘われると、やはり友達のままだったと大喜びで、ヒョンチョルが好きだったという豚足の店を予約しました。グレも連れてこいとの話から、またしてもドンシクたちは期待に胸を膨らませます。今度こそ!


が、ヒョンチョルは「(接待に)豚足はないだろ接待だぞ!とあきれ顔で、クラブに連れて行けと、自分がよく行く店にふたりを連れていき、そこで馴染のママをはべらせた上、新しいボトルを入れさせて、豪勢に飲み食いしたようです


酔っぱらったヒョンチョルをタクシーに乗せたサンシクが料金を前払いした後、ヒョンチョルは走り出したタクシーの中から窓を開けて、サンシクの大切なネクタイを放って寄こしました


う~ん、「ダメピョン」なんて言っていたほどですから、サンシクに自覚は無くても、ヒョンチョルの方はサンシクからいじめられたと恨んでいたのでしょうか


一方、前回グレに娘のソミのお迎えを代わってもらったジヨンは、そのソミから「顔の無い絵」を描かれてショックを受けていました。が、ある時ソミを保育園に連れていき、保育士に預けて挨拶もせぬまま電話に出た際、ようやく自分の行動がその原因だということに気づきます


ジヨンは、いつも置いてけぼりにされていたソミにきちんと向き合って挨拶をし、もう二度と後回しにしないと約束しました。ちなみに、そのソミから「うつ伏せの絵」(=いつも寝ている)を描かれていたジヨンの夫も、想像していたよりは理解のある人物のようでしたね。財閥でもない限り、共働き家庭はどこでもあんなものかもしれません。特に韓国は子供の教育にお金がかかることで有名ですものね。


また、これは次週への布石でしょうか。今回初登場のIT営業課のパク代理(チェ・グィハ)は、その上司(キム・ジョンハク)から、さんざん、その押しの弱さを責められていたようです。グレたちはこのパク代理とともに営業先を見学に行くと言っていました。


さて今回はこれぐらいだったでしょうか


サラリーマンを辞めて久しいおばさんとしては余裕を持って見ていられますが、もし今渦中にいたら、身につまされることばかりで共感しきりでございましょうミセン-未生-は続きもとっても楽しみですねミセンが面白い(^◇^)


ミセン -未生- DVD-BOX1ミセン -未生- DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.