2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ミセン-未生-のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ミセン-未生-のあらすじと登場人物


イム・シワンさん主演の韓国社会派ドラマ、【ミセン-未生-】は10話もまた心温まるエピソードでございましたね。以下簡単なネタバレのあらすじですミセンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず、懸案だったウィルマート、ヒョンチョルの件は、やはり契約できなかったようです。そもそもヒョンチョルは、最初から断るつもりだったのだそうです


昔はお前が上だったが、今は俺が上だということさ。同窓会でまた会おう


こ~れは余程の恨みを持っていたとしか思えませんね。サンシクがその理由を訊ねたところ、どうやら昔、サンシクがヒョンチョルの弁当を取りあげて食べたことが原因らしい。ま、他にもあるのでしょうけど。


サンシクは、取引先が友達だから大丈夫という言葉を信じて待っていたのに、と皆から責められてしまいますが、ドンシクは、友達が相手だからこそ難しいのだと、グレにこっそりメールで教えてくれました。営業で辛いのは、知人や友人が相手の接待だ、接待では上下関係が決まるから、会社を辞めたくなることもしばしばだ、と


サンシクがまたしても「小さい奴」を、今度は文字を報告書に連打していたのが笑えましたね~。でもそんなサンシクに、妻から動画が送られてきます。その動画には、末っ子が学校で父親の職業「商社マン」について発表(力説)した姿が収められていました


商社マンはスーパーな人間でメガトン級のヒーローです!商社マンは世界中を飛び回り皆がほしい物を売ります。貧しい国を豊かにして水の無い国に水を売ります。いろんなヒーローを合わせたのが商社マンです僕の父さんは商社マンです!


そんなのはデマだというクラスメイトを「パパに言いつけて売り飛ばすぞ!と怒鳴りつける姿には、サンシクのみならずグレもドンシクも、コ科長も大笑いです。いや~まさにサンシクそっくりの息子でござるね


一方、前回おどおどと登場していたパク・ヨング代理のエピソードも面白かったです


気が弱くていつも上司から叱られていたヨングは、自分に商社マンは向かない、いっそ、友人のように会社を辞めて大学院へ行き、その後新しい仕事に就こうかと思うものの、その資金が捻出できず、毎日悶々としていたようです。その友人は、他のことは考えず、ただ自分のためだけに利己的になれと言ったそうです。


が、ある時屋上で偶然出会ったグレから褒められて気分が高揚してしまいます。グレはサンシクから、パク代理は取引先にも礼儀を尽くす模範社員だから、研修に連れて行ってもらえばいろいろ学べるはずだと言われたそうです。


嬉しくなったヨングは、グレとベッキを引率しながら、車の中で「大ぼら」を吹いてしまいました。取引先とトラブルが起きたら、断固たる態度を取るべきだ。が、ベッキは常日頃よくヨングの様子を見ていたため、いかにも胡散臭そうにしています


3人が向かった取引先=ヨンソンでは、発注したはずの物資がなかなか確保できず、ヨングが窮地に立たされていました。のらりくらりと言い訳をした挙句、娘が交通事故に遭ったなどと言い出すヨンソン側に対し、ヨングは、やむを得ない事情があるのだから仕方ない、と庇ってしまいます。


うちを安全パイと見た可能性はありませんか?=本当は他に回しているんじゃないですか?


そう指摘したベッキに、ヨングは、長年信頼関係のある会社だからそんなことはあり得ないとキッパリ否定したところに、ヨンソンの担当者のこんな話が聞こえてきます


ワン社は気にするな。新規への配送が先だ


ヨングは、これでようやく、自分が甘く見られていたことに気づきました。そこにその担当者が出てきますが、ヨングは反論することさえできません。やっぱりこの仕事は向いていない。もう辞めよう


ベッキはさっさと見切りをつけて社に戻ると言いだしますが、グレは、困っているヨングを置き去りにできませんでした


ある意味これで開き直ったヨングは、規則に従って対処する、と口にしたものの、それ以上具体的な制裁を思いつかず、まごまごし始めてしまいます


それに対してヨンソンでは、社長が出てきて部下を叱り飛ばしましたが、グレはこれが「芝居」だとすぐに見抜いたようでした。社長は部下を叱ることでヨングの情けにすがろうとしたのです


このようなやり方を囲碁では「妙手」または「奇手」というそうです。声東撃西は東に声して西を撃つの兵法、陽動作戦の1つでござるね


が、ヨングは相手の作戦に全く気付いておらず、危うく敵の罠にかかりそうになったのを見たグレは、こっそりドンシクにメールを送り、折り返し電話するよう頼みました。その電話を取ったグレは、問題が発生したから帰りが遅れると聞こえよがしに報告します。社長が弊社まで説明に来るそうです


見事に墓穴を掘ったヨンソンは、覚悟を決めてワン・インターナショナルにやってきました。彼らを別室で待たせている間、社内では、ヨンソンと取引のある関係部署が集まって対策緊急会議が開かれます。ヨングはこの全体会議の場にグレも呼ぶよう申し出ました。


情報が少ないので間違っているかもしれませんが、どうやらヨンソンは物品を納入する下請けらしいのですが、これまでにもう7回もその納品が遅れていたのだそうです。会議の流れがヨンソンを責める雰囲気になってきたのを受けて、グレは、ヨングがその事でまた罪悪感を覚えている、ヨンソンを気の毒に思い始めたらしいことに気づきます


危逢須棄~無責任になってください!ファイティン!


グレのメモを受け取ったヨングのそれからの行動がまた実に素晴らしかった。ヨングは、ヨンソンの遅延を認めながらも、その遅延を引き起こしたのは、彼らの運送費の値上げ要求に、自分が対処できなかったからだと告白してしまいます。責任を問われるべきなのは、ヨンソンではなく私です!


これを聞いていた管理職らしい男性がヨングの勤続年数を尋ねてそれが4年目だと知ると

夢見がちだな

と言ってくれます。これは~青臭いとか言う意味でしょうか。


4年でどうやって責任を取るつもりだ?10年来の取引先をそう簡単に切ったりはしないよ。今のうちに悩んでおけ。あとになるほど君や家族、会社の損になるから


これはちと分かりにくいですが、自分の非を認める態度は立派だから叱りはしないけれど、これからはもっとクールに対処できるようになれ、という激励の言葉と受け取って良いのではないでしょうか


このヨングとグレのシーンで、グレがヨングを励ますのに、目がキラキラに輝いたりミセンのグレが可愛い(≧▽≦)、ヨングがそれで勇気を奮い起こして天使の羽が生えたのにヨングもいい味出してるな(^◇^)、自らの失態を明かして真っ裸になったりしたシーンも実に楽しかったですね~


またしても事情通のソンニュルが、早速この件を嗅ぎ付けてきて、同期のグレが一番に全体会議に呼ばれた、と、ベッキとヨンイに報告していたシーンも可笑しかった。彼は高卒神話を作るかも!君も戻ってこなければ参加できたかもしれないのにね


そう皮肉るソンニュルには、参加しても何の役にも立たないと答えてはみたものの、やっぱり気になっていたベッキの目に、グレががっくり肩を落としている姿が目に入ります反省しきりでございました(;´∀`)。グレは、皆にはそれぞれ自分の囲碁の形があるのに、エラソーに助言などした自分を心から恥ずかしく思っていたのです


どんな試合より惨めだった。皆、自分の囲碁がある。僕は何様なんだ!


が、そこにヨングがやってきて、君のおかげで殻を破ることができたと大いに感謝してくれました。決してそんなことではないと、ますます低く頭を下げるグレがまた可愛かったですね~。グレの行動は、たとえそれがお節介だったとしても、決して自分のためじゃなくて相手を助けようとしての結果だから、それが分かる人にはその気持ちを理解してもらえるのですよね


サラリーマンの喜怒哀楽をリアルにえがいたミセン-未生-は、続きもとっても楽しみです


ミセン -未生- DVD-BOX1ミセン -未生- DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.