このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

いつ恋 最終回 あらすじと感想 不器用なふたりらしいハッピーエンドに大満足

坂元裕二さん脚本の月9、【いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう】(いつ恋)も夕べが最終回でした。あれが音と練じゃなかったら物足りなかったかもしれんけど誰よりも繊細で誰よりも優しく不器用な音と練だから、あれがふたりの選択しうる最高のハッピーエンドだったのではないかと確信してますいつ恋最終回のあらすじです♪


以下、簡単なネタバレのあらすじです


怪我の程度が心配された音でしたが、何とか無事に意識を取り戻しました。病院には朝陽に木穂子、そして練も駆けつけますが、ただ一人練だけは、音に会おうとしませんでした。というのはそこに、音に助けられた名古屋の女の子が来ており、鞄を盗んだと皆に責められて警察に捕まった男の子を助けてほしいと言ったからです


朝陽は、泥棒が捕まるのは当たり前だ、音は今、お前たちのせいで意識不明に陥っている、とその女の子を責めました。口調はきつかったけど、気持ちは分からなくありません。多分おばさんがあそこにいても、同じことを言ったと思います


でも練は違いました。練は、音の気持ちを誰よりも理解して、もし音が意識不明でなければ、すぐにでもその女の子と行動をともにしたに違いないと確信し、その子とともに警察に行ってくれたのです。俺がついているから、ゆっくり事情を話せばいい


一方の朝陽は、音の鞄の中にあった音の母の手紙を目にしてしまいます。中には、母の遺言とも言える「一番好きな人と一緒になって幸せになりなさい」と書いてありました。この言葉にショックを受ける朝陽です。朝陽は、一番じゃなくて二番でいい、と音に勧めた張本人だからです。


鞄の中には、音が母に宛てて最近書いたらしい手紙も入っていました。さすがに朝陽はそれを読みはしなかったものの、そこに音が、どちらを選んだかが書いてあるに違いないとは察したようです。


もしこの手紙を見つけたのが僕だったら、北海道まで届けに行っただろうか?


行かないのが普通だと答えた木穂子は、心配しなくても音ちゃんはあなたを選んだと言い切りました。今大事なのは、恋人として側について無事を祈ることでしょう?


が、その後朝陽は、音のために、辛い嘘をついてくれました。父から見合いを勧められている。結婚は家同士のことだから、思い通りにはならない。別れよう。


感受性の鋭い音は、そんな嘘をつかせたのは自分だと謝りますが、朝陽は決して譲りません


ごめんね、悩ませて。君に甘えて、逃げ道塞いでた。僕を選んじゃダメだ。僕はもう君のこと好きじゃない。


いつか4人でご飯でも食べよう~そう笑ってくれた朝陽との思い出も、思いだしたら必ず泣いてしまいそうです朝陽も可哀想だった(;´・ω・)


でも、そんなことを言われてすぐにほいほいと練と一緒になれるようなら、もう音ではないのです。音はその後も練とは連絡を絶っていたところ、北海道のおじ(養父)が亡くなったそうで、ひとり残されたおばのために、故郷に帰る決意をします。もちろん、練にも黙ってです。


その練は、音はてっきり朝陽と結婚するものと思い込んでいたのですが、ある時ふと、音の務めていた老人ホームを訪ねた際、音が北海道に戻ったことを聞かされます。朝陽が令嬢と見合いすることも知りました


居ても立っても居られなくなった練はすぐに音のアパートに駆けつけますが、もう既に音の姿はそこにはありませんでした。そこで練は音に電話をかけます。ようやく出てくれた音は、今は北海道にいる、と答えました。


俺、返事まだ貰ってません。俺、そっち行きます。あのファミレスで待ってます。


その言葉通り、北海道で音に再会した練は、とても辛抱強く、固く閉ざされた音の心をじんわり開いていきましたでも練には負ける( *´艸`)。音がどんなにつっかかってこようと、すべてにうんうんと頷き、決して逆らわず、音の心を和ませます


迷惑ちゃうよ。嬉しいよ。嬉しいに決まってるやん


音はついに、おばさんは自分のことを放っておいて上京しろと言ってくれるが、そんなことできるわけがない、と打ち明けました。それに、朝陽に辛い思いをさせたのだから、自分だけ東京で楽しく暮らすことはできない、律儀で不器用な音は、頑なにそう決め込んでいたのです。だからもう、大好きな練にも会えない、と。


振出しに戻っただけや


そう語っていた音に、練は優しく、でもキッパリこう言いました


振りだしじゃないですよ。前にここで会った時の杉原さんとは全然違います。人が頑張ったこと、頑張って生きたことは目に見えないかもしれないけど心に残るんだと思います。杉原さんの心にも、出会ってきた人々の心にも、僕の心にも。

北海道遠くないです。何回でも来ます。道、ありますから。そこ走ってきます。会津に行く約束だってまだ果たしてないです。

道があって約束があって、ちょっとの運があれば、また会えます。僕も杉原さんのことが好きですいつ恋の練がよかった~♪


二人が外に出ると、そこにはまだ雪が降っていました。手を握ってトラックに乗り込んだふたりはそこでキスを交わします練と音が幸せになれますように♪


音を送っていくつもりの練に、音が近道ではなく「遠回り」の道を教えたのも、いかにも音らしかったですね


これは、練と少しでも長く居たいという気持ちもあるだろうけど、多数決でいつも少数派になる音と練の生き方そのものも象徴していたのだと思われます。不器用なふたりは「遠回り」しかできません。でもその遠回りする分、ふたりの人生は豊かになっているようにも思えました


音はきっと、また天国の母親に新しい手紙を書くことでしょう。お母さん、ちゃんと恋をしたあの人とまた会えました。今とっても幸せです、と。


朝陽も兄と和解し、過酷なビジネスの場でも、可能な範囲で人間らしく生きようとしていたようですし、木穂子もようやく(2度目)プロポーズされたようです。小夏と晴太も、これまた違った意味での不器用カップルですが、ふたりで支え合えば何とか生きていけるでしょう。音と練もきっと力になってくれるはずです。


最初は、音と練があまりにもピュア過ぎて、それをどう表現してよいものやら迷いましたが、いつしか母親のような気分で二人を見守ってまいりました。いかにも音と練らしいハッピーエンドに大満足です




これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はいつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング