このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ダウントン・アビー4 最終回 あらすじと感想 恩返し

ダウントン・アビーのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: ダウントン・アビー あらすじと登場人物一覧


ダウントン・アビー4】(Downton Abbey S4)の10話は最終回=「恩返し」です。メインの恩返しに加え、小さな恩返しもそこかしこに見られましたね。シーズン4の最終回だということで、またしても長々と語らせていただいています。以下、「続きを読む」をクリックしてご覧くださいますように


まずは大きな恩返しから見てまいりましょうかダウントンアビー4、最終回のあらすじです(^^)/


ローズから事情を打ち明けられたロバートは、即座にサンプソンが犯人だと確信し、早速ラブレター奪還作戦に取り掛かりました。サンプソンはこのスキャンダルで金を手に入れるつもりに違いない!王室の名誉がかかっている!!


ロバートはすぐにベイツを呼び出して、偽の許可証を手配させます。サンプソンをグランサムハウスに招いておいて、その間その許可証を使って彼の家に忍び込み、手紙を捜しだそうというのです。ベイツは「知り合いに書かせる」と言いましたが、実際には自分で(サンプソンの筆跡を真似て)書いていたようです。まったくベイツは多才でござるね


ローズとともに奪還に出向くよう命じられたメアリーは、ラブレターが世に出ようと皇太子の自業自得だと切り捨てますが(I do feel he's brought it down on his own head)、ロバートは聞く耳を持ちません


Even if that's true, we introduced Sampson to Mrs Dudley Ward and Rose as good as gave him the letter. This family is responsible for the whole ghastly debacle.
たとえそうだとしても、我々がサンプソンをミセス・ダドリーウォードに紹介し、ローズが彼に手紙を与えたようなものだ。わが家がこの恐ろしい崩壊に関わっていることは事実だ。


ローズとメアリーだけでは心もとないということでチャールズまで呼ばれ、ついに作戦は決行されましたが、サンプソンの家には手紙の手の字もありませんでした。その頃グランサムハウスでは、サンプソンやハロルド、そしてエイスガース卿まで呼んでポーカーをしておりましたが、成果が無かったと分かるや否や、これが即、解散されたのには大笑い


カーソンを通じてこの顛末を知ったベイツは、自分も客の帰り支度を手伝うと進み出てサンプソンに近づき、そのコートからこっそり手紙を抜き出しました。もし私だったら、そんな大切な物は肌身離さず持ち歩くはず


ロバートはローズに手紙を差し出しながら、サンプソンが落としたのをベイツが拾ったと説明しましたが、メアリーはすぐにその嘘を見抜きました。Fortunate is one word for it.(ラッキーだったってことにしておきましょう)


前回エルシーからベイツのチケットを預かっていたメアリーは、これでベイツの行動を不問に付すことにします。たとえベイツが罪を犯したとしても、彼はグランサム家にとって無くてはならぬ人物だからです。それはアンナも然りです。I do and the family is loyal to him. To both of you.


こうしてメアリーはあのチケットを燃え盛る暖炉にくべてしまいました。ベイツが手紙を盗んだのも、メアリーがチケットを焼いたのも、それぞれ「恩返し」ですね。


でも、メインとなった恩返しは違うようです。なんと、フリーダから話を聞いた皇太子が、グランサムハウスでの舞踏会にやってきたのです。その上皇太子はローズにダンスを申し込みました。これは大変な名誉であり、大きな恩返しに違いありません。これでロバートの奮闘も報われましたね


さて、最初の考えを翻してベイツを追求しないことにしたメアリーのモテ期は相変わらず順調に進行中です。ヴァイオレットに至っては、彼らを「Mary's men」(メアリーの男)などと呼ぶほどです


その中で、現実的な意味から言って、アンソニー(トニー~ギリンガム卿)が最も有力候補らしかったのですが、この度その勢力図に変化が生じてしまいました


メアリーは、チャールズも好きだけれど、所詮彼は貴族に腹を立てているアウトサイダーだから仲間にはなれない(He's an outsider who resents the very people I come from. Even if he loves me, how can we pull as team?)と言っていたのですけど、実はチャールズもまた貴族だった(になる?)ことがトニーの口から明かされたのです


なんとチャールズは、父親のいとこのサー・セブラス・ブレイクの後継者であり、准男爵の爵位とアルスターで最大の領地を受け継ぐ予定なのだとか。


He is to inherit the baronetcy on one of the largest estates in Ulster.


これでメアリーの考えは変わり、チャールズは改めて恋のバトルに参戦が認められましたLet battle commence.(戦闘開始ね)


お次は、楽しみにしていたマーサとヴァイオレットに焦点を当ててまいりましょうか


今回マーサは、息子のこともあって疲れていたのか、どんなにヴァイオレットが挑発してもなかなか乗ってきませんでした。マーサがハロルドとともにピクニックから帰ってきて、

Whoa! Well, the gang's all here, I see.
(馬などに掛ける言葉)どーどー!あら、ここにはギャングが勢ぞろいね。

というと、ヴァイオレットはすかさずそれがアメリカ式のハローなのか(Is that American for hello?)と揶揄しましたが、マーサはこれを無視します


ピクニックの後にポーカーをするなんてとヴァイオレットが文句を言った時も同様でした


Even if the combination of open-air picnics and after-dinner poker make me feel as though I've fallen through a looking-glass into the Dejeuner Sur L'Herbe.
青空のもとでのピクニックと夕食後のポーカーなんて取り合わせは、まるで鏡の国のアリスのように、「草上の昼食」(マネの絵画)の中に落ちたようだわ


ロバートは「It's lucky you don't exaggerate, Mama」これ以上誇張しないで、と注意しますが、マーサは黙ったままだったのです


でも決して聞いていなかったわけではないことが後に明らかになります。マーサはイヤミを連発するヴァイオレットにズバリこうやりかえしました


Violet, forgive me, and I don't mean to be offensive, but are you always this stuck-up?
喧嘩を売る訳じゃないけど、あなたっていつもイヤミばかりね。


それでもヴァイオレットはお構いなしで、マーサとエイスガース卿の結婚話を追及してきます


Do tell me, do tell me the new Lady Aysgarth all set to hold London enthralled with tales of how the West was won?
教えて教えて。新しいレディーエイスガースは、いかにして西部が土地を勝ち取ったかという話でロンドン社交界を魅了するの?


マーサが、自分はレディの肩書には興味が無いから、プロポーズは断ったと答えると、ヴァイオレットはまたしても、この先も鏡を見るたびに自分にそう言い聞かせるのね、と皮肉を言います。A decision that must be reinforced whenever you look in the glass.


するとマーサはついに大人の貫禄を見せつけましたヴァイオレット対マーサの勝負はマーサの勝ち( `ー´)ノ


Violet, I don't mind looking in the mirror because what I see is a woman who's not afraid of the future. My world is coming nearer and your world, it's slipping further and further away. Good night.
ヴァイオレット。私は鏡を覗くのは怖くないわ。なぜならそこに映っているのは未来を怖れない女性だからよ。私の世界はすぐそこまでやってきている。でも、あなたの世界は、遠くに滑り落ちていくだけ。おやすみなさい


おばさんはヴァイオレットが大好きだけれど、ここは完敗だと言わざるを得ません。ヴァイオレットがこれまでどんな苦労をしてきたとしても、それはあくまでも貴族社会というぬるま湯のなかでのことですが、マーサは、多分、自分自身の手で様々な物を勝ち取ってきたに違いないのです


ズバリ言われてちょっとショックを受けていたらしいヴァイオレットが気の毒でしたね。でも、ヴァイオレットは何せ今回トムにダンスを申し込まれるというチャレンジを経験したのですから、一晩眠ればきっと、プラスマイナス0にできることでしょう


そんな冒険をしたほどですから、トムも大丈夫そうですね。トーマスの告げ口は大した効果が無かったようで何よりでした。何も疚しいことはしていないのですから当然ですが。


さて、そのトーマスから脅されていたバクスターは、今回またしても、それも何度もモールズリーに助けられました


Sometimes, it's better to, you know, take a risk than to go down the wrong path.
時にはリスクを選んだ方が誤った道を進むよりマシだ。


これまた苦労しただけあって、最近のモールズリー、なかなかオトコマエになりましたよね。どうやらバクスターは以前に何かをしでかしたらしく、それをネタにトーマスの言いなりにさせられていたようですが、これでようやく決心がついたようです


I'm not afraid any more. I'm not sure what will happen but whatever it is, it's better than being afraid. You've made me strong, Mr Molesley. Your strength has made me strong.
もう怖れないわ。何が起きるか分からないけれど、たとえ何が起きようと、怯えているよりましね。あなたは私に強さをくれたわ、ミスター・モールズリー。あなたの強さが私を強くしてくれた


ここでモールズリーが「My what?と聞き返したのには大笑いです。これまでモールズリーの辞書に「strength」などという言葉は無かったに違いありません


また今回は、デイジーとイーサンのシーンも楽しかったですね。すっかりデイジーが気に入ったイーサンは、マーサとハロルドのピクニックにもデイジーを料理人として誘いました。イーサンがデイジーに気があることを察したカーソンが心配すると、パットモアは、女にはそういう相手も必要なのだと言い返します


カーソン:
I'm afraid that boy's interest in her may not be entirely proper.
イーサンのデイジーへの興味は適切ではないようだが


パットモア:
Mr Carson, all women need someone to show a bit of interest every now and then, preferably in a manner that's not entirely proper.
ミスターカーソン、女性にはいつだって興味を持ってくれる相手が必要さ。それが適切でなければさらにイイってこった


その気持ちはデイジーも同じでした。デイジーは、ハロルドから料理の腕を見込まれてアメリカのレビンソン家にスカウトされたのですが、それを断り、代わりに行きたいというアイビーにチャンスを譲ってしまいます。


パットモアが、イーサンに言い寄られて気を悪くしたのかと尋ねた時のデイジーがまた可愛かった


パットモア:
You're not upset, then, by Mr Slade making advances?


デイジー:
Upset? Mrs Patmore, if you knew what it feels like to have a young man keen to court me. I'd kiss him if it wouldn't give him the wrong idea.
気を悪くするなんてとんでもない、ミセスパットモア、若い男性から好意を示されたのよ!すごくうれしいわ。彼が誤解さえしなければ、キスしたいほどよ。


Upset? I'm that chuffed, it'll take me through to next summer.
気を悪くするどころか、次の夏まで幸せな気分でいられそうよ。


今回、使用人たちは、舞踏会での激務に耐えた褒美の休暇でビーチにやってきていました。カーソンはその行先でさんざん頭を悩ませていたのに、誰からも支持されず困っていたため、エルシーが見事内助の功を発揮します。エルシーは、掲示板でちょうどカーソンの目の高さのあたりを見計らって美しいビーチの写真を貼っておいたのです


エルシーの思惑通り、カーソンは、休暇には皆でビーチに行こうと言いだしました。エルシーの満足そうな顔ったらありませんでしたね


そのカーソン、どうやら水が苦手な様で、せっかく靴下まで脱いだのに、海に入ることができません。エルシーは、手を差し出して一緒に入ろうと誘いました。カーソンも珍しく素直にこれに応じます。


I think I will hold your hand. It'll make me feel a bit steadier.
そうさせてもらおうか。そうすれば少しは安心できそうだ。


そう語ったカーソンに、エルシーは、必要な時はいつでも私の手を握ってと申し出ましたYou can always hold my hand if you need to feel steady.


するとカーソンは、なぜだか分からないがちょっとリスキーに聞こえる(I don't know how but you managed to make that sound a little risque)と答えますが、エルシーは挑むようにこう言います

And if I did? We're getting on, Mr Carson, you and I. We can afford to live a little.
もしそうだったとしたら?我々ももういい年ですから、少しは楽しまないと。


手をつないで海に入っていくふたりを楽しそうに眺めていたのはパットモアとデイジーです。これで熟年カップルの誕生でしょうか


また、ベイツとアンナも幸せそうに腕を組んでビーチを歩いていました。アンナはチケットの事は知らず、ベイツもまた、あれ以来エルシーやメアリーから疑いの眼を向けられなかったため、一安心していたようです。でも~個人的には、以前も申し上げたように、ベイツは人殺しなどしていない、と信じたいですグリーン殺害犯はベイツではない!と信じたい♪


他には~ハロルドがマデリンと文通(笑)するようです。このふたりが長続きするのはちと想像しにくいですが。またイザベルは、彼女目当てでやってきたマートン卿と照れくさそうにワルツを踊っていました。そうそう、ヴァイオレットはここでも一言言ってましたっけNo doubt to lead you down the primrose path of dalliance.(歓楽の道へ誘うつもりね?)


またイーディスは、前回の予告で見た通りです。イーディスはスイスから子供を連れてきて、ティム・ドリューに託すつもりでいるのです。ドリューもまた「恩返し」のため、真相は一切伏せて、亡くなった友人の子どもとして引き取り、大切に育てることを約束してくれました


以上です


今シーズンもまた悲喜こもごもで盛りだくさんの内容でしたが、ここでまた長々と暑苦しく語らせていただけて幸せでした。いつもお立ち寄りくださいました皆様には深く感謝申し上げます。またシーズン5開始の際には是非お立ち寄りくださいますように。ダウントンアビー自体はシーズン6まで続くそうです


また、今回私事ではありますが、ブログの住所(URL)を変更させていただきました。ダウントンアビーのカテゴリーはhttp://kandoraobasan.com/blog-category-434.html(←ここをクリックすると開きます)となります。大変お手数をおかけいたしますが、もしお気に入り等に登録いただいている際は、こちらのURLで登録し直してくださいますようお願い申し上げます。また、あらすじと登場人物リストは「http://kandoraobasan.com/blog-entry-6021.html」です。最近登場人物が増えすぎたので、もう少し見やすくしようと検討中です。シーズン5を視聴する際の復習にでもお使いいただければこれほど嬉しいことはありません


  
英文のスクリプトです。ダウントンアビーファンなら是非手元に置いておきたいですね


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はダウントン・アビー(Downton Abbey)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

遅れてきたダウントニアン
初めまして!今年になってダウントンに嵌り、マシュー熱を共有したくてネットの荒海を乗り越えこちらに辿りつきました。感想はシーズン1・エピソード1からすべて拝読しました。詳しく楽しい感想に大感激です。

東西熟女?の毒舌対決はマーサの完全勝利でしたが、ほんとに見応えがありましたね。マーサの登場が今回で終わりだとしたらもったいなさすぎる。グランサム家にはちと荷が重いようですけど^^;、あの風刺の効いた蘊蓄を是非また聞きたいです!そして、ハロルド初登場!!マーサの息子だけあってなかなかいい味出してました。私もマデリンとは発展しないかなと思います。

グリーンの件はベイツが手を下したことになってますけど、物証はチケットだけ。限りなく状況証拠のみのような気が。来シーズンまた何か動きがありそうな気がするんですけど。心優しいアンナがこれ以上傷つくような展開にだけはご勘弁と切に願ってます。

最終回は国王謁見やボールもあって、衣装や調度品の美しさにますます目を奪われ、肝心のストーリーがなかなか頭に入らなかったです^^; でも、これもダウントンを観る楽しみの一つですよね♪


次シーズンも楽しみですね♪
団子さん、はじめまして。

この度はブログをご利用いただきましてありがとうございました。
暑苦しいオタクレビューをご笑納いただけて幸いです^^。

シーズン5も楽しみですね(^◇^)。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング