2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

ワンス・アポン・ア・タイム3のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ワンス・アポン・ア・タイム3 あらすじ(ネタバレ)と登場人物、キャスト


ワンス・アポン・ア・タイム3】も夕べが最終回でした。これまた最後の最後でやられました~もうなんてこった!?ワンス3の最終回のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


あ、正式な副題は「我が家と呼べる場所」で英語は「There's No Place Like Home」(わが家にまさるところなし)です。これまた実に皮肉なタイトルですよね。以下早速ネタバレですズバリネタバレです(^^)/


なんとですね~前回登場した女性~レジーナに処刑すると連れていかれたあの女性は、ロビンの妻のマリアン(Christie Laing)だったのだそうです!!さすがに以前一度見たきりだったので、気づきませんでした


でもそれだけならまだよかったのですが、エマは、彼女を助けたいという欲求を抑えられなかったばかりに、無事現代に戻れることになった際、マリアンも一緒に連れてきてしまったのです


エマにしてみれば無事我が家に帰れて「There's No Place Like Home」でございましょうが、せっかくロビンと新しい「Homeを築こうとしていたレジーナにとっては、マリアンはその平安を叩き壊す侵略者でしかありません。もちろん、ロビンやローランドにとっては、懐かしく慕わしい妻であり母であるのも事実なので尚更ですレジーナが可哀想すぎる(;´・ω・)


You're just like your mother never thinking of consequences.
あんたはまさにあんたの母親にそっくりね。どうなるかなんてお構いなし


レジーナが怒るのも無理からぬこと。良かれと思って、人助けだと信じてしたことなのに~後悔先に立たずでござる


とはいえ、なにはともあれ、エマとフックは無事ストーリーブルックに戻ってくることができました。経緯はこうです


まず、指輪を落としていったスノーは、そうとは知らないチャーミングの罠にかかって捕まってしまいます。


I told you I'd find you. No matter what you do I will always find you.
必ず見つけ出すと言っただろう?お前が何をしていようと、私は必ずお前を見つける


相変わらず冷たい物言いのチャーミングに、スノーも負けずに言い返します。指輪は持っていないわ


そこへフックが現れて、スノーの話は本当だ、指輪は俺の姫(my princess)が持っていると説明し、チャーミングの協力を要請します。エマ(ここではレイアですが)がレジーナの城にいると聞いたスノーは、自分ならよく知っているから忍び込めると主張し、3人は力を合わせてエマを救出することになりました


ここでスノーが呼んできた助っ人が、レッドだったというのも大笑いです。レッドはオオカミに変身し、邪魔な護衛を退治してくれました


一方、牢に入れられたエマは、隣の牢に入っていた女性を見て驚きます。その女性こそ、村でエマがレジーナから助けようとした女性、つまりはマリアンだったのです。ここでマリアンは己の正体を明かしませんが、便宜上、マリアンと呼ばせていただきまする。


翌日には二人とも処刑されると知ったエマは、スプーンを使って鍵を開けてしまいました。その際、やはりマリアンを放っておけず、一緒に連れてきてしまいます。


そこへやってきたフックが、せっかく俺様が助けに来たのに、と言った際のエマの答えがまたふるっていました。まさに海賊の素質十分でござるI always knew there was a little pirate in you, too


フック:
What the hell are you doing? You're depriving me of a dashing rescue.
一体何をしているんだ?せっかくカッコよく救出する機会を奪ったな


エマ:
Sorry. The only one who saves me is me.
ごめん。私を助けられるのは私だけだから


こうして皆が「外で待っているはずのスノー」に合流しようとしていたところ、そのスノーは、レジーナに闇の魔法をかけようとしていました。スノーは、その粉をかけると、最も恐るべき敵をつぶせるほど小さくできるという妖精の粉をブラックフェアリーから手に入れていたのです。(It transforms the most fearsome adversaries into a form that's easily squashed)


が、闇の魔法は闇の女王には効かず、スノーは敢え無くレジーナに捕まって処刑されることになった訳です。前回の予告通り、レジーナが放った火の玉はスノーを焼き尽くしたかに見えましたが、実はスノー、この闇の魔法を自分にかけるという離れ業をやってのけていたそうですスノーさすがっ!( `ー´)ノ


てんとう虫のようにい小さくなったスノーが、エマにまとわりつくのを見たデヴィッドは即、それがスノーであることを見抜きました。そのテントウスノーがきぃきぃわめいていたのはテントウムシが鳴くのが可愛い♪、ブルーフェアリーを呼びたかったからだそうです


その声に応じて飛んできたブルーは、エマの正体を見抜きながらも口を閉じ、スノーを元の姿に戻してくれました。そこでようやくスノーがチャーミングの指輪を指にはめるという「チャーミングがスノーに恋するきっかけが実現します。こうしてふたりは元通りの過去をやり直していきます


スノーは既にブラックフェアリーの粉を使ってしまっていたため、あの橋の上でトロールに使うことはできませんでしたが(S1#3参照のこと)、大胆なスノーは、ただの砂を妖精の粉だと偽ってトロールを撃退したようですTrolls aren't exactly known for their cleverness


エマがお伽の本を確認すると、再び過去の様子が描かれていました。そこにはレイア姫の姿もあったようでしたね


これで現代へ戻れると喜んでいたのもつかの間、頼りになるはずのルンペルが、自分には「時間の扉」が開けないと言いだします。この扉は、開いた者にしか開けられないのだそうです。おまえに魔法が使えれば別だが


そう言いながらルンペルは、自分が過去を知りすぎたことを修正するために、過去を忘れる薬を作っていました。その上ルンペルは、ふたりが過去にいると未来が脅かされることを憂い、自分の城の滅多に行かない場所へと追いやってしまいます。おそらくは、ルンペルの城の中にある、様々な危険物が閉まってある場所なのだと思われます


そこにあった鏡に映った顔が、以前通りのオトコマエだったことに満足するフックです


At least he did us one favor. I'm devilishly handsome again.
とりあえず、顔は元に戻してくれた


ここでフックが触ろうとした大きな壺にも注目しておきたいですね。これまで登場した記憶はないんですが、エマがわざわざ

Wait! Don't touch anything! If Rumple is afraid of this stuff, there's gotta be a reason.
待って。何にも触らないで。ルンペルが怖れているぐらいだから、理由があるはずよ

と言ったほどですから、それこそthere's gotta be a reasonのはずです


~翌週の特別番組を見ていて気づきました。この壺こそ、エルサが現代の世界にやってきた入口となってしまったようです。ちなみにその「入口」はエルサが壊してしまっています~


その後フックが、ゼリーナは死んだのだからキスの魔法も解けたはずだとエマを励ますと、エマもまた、今回スノーを失いかけたことで、スノーとデヴィッドが自分の両親であり、彼らのいるストーリーブルックこそ自分の「家」だと心の底から確信したため、何とか元に戻りたいのだと訴えました。ニールもその昔、ポートランドでデートした際そう言っていたのだとか。


You don't have a home until you just miss it.
離れて初めて恋しくなるのが家だ。


この数日間一緒にいたのに一緒にいる気がしなかった。こんなに寂しいことはない。ストーリーブルックこそ私の家よ!ストーリーブルックに帰りたい!


すると、エマの手に握られていた魔法の杖がキラキラときらめきだします。エマの魔法がついに戻ってきたのですこれもフックの愛の力?


こうしてエマとフック、そしてマリアンの3人は、無事、現在へと戻ってきました


が、その際エマだけは、ベルファイアのその後を知りたがったルンペルに引き留められてしまいますが、エマから、ニールはルンペルを許し、愛してくれたが、最後には死んだと聞かされたルンペルが、ようやくその手を離してくれました。ルンペルは、息子の未来を変えると主張しましたが、エマは、ニールはヒーローとして死んだのだから、その栄誉を奪わないでくれと言ったのです。


He dies. He forgives you. He loved you. He died to save all of us. Don't let it be in vain. He died a hero. You can't take that away from him.


ルンペルは仕方なく「忘れる薬」を飲み干しました。


ストーリーブルックに戻ったエマは、早速おばあちゃんの食堂(Granny's Diner)へ行き、そこで初めて心からスノーとデヴィッドを「Mom, Dad」と呼び、ストーリーブルックに残ると断言します(I'm home)。皆に武勇伝を語って聞かせた後、デヴィッドとスノーは、満を持して、息子の名前を発表しました。彼は「プリンス・ニール」と名付けられたそうです


これにはルンペルも実に感慨深そうでしたね。そのルンペルはこの度、アーチーの媒酌でベルと結婚式を挙げています。闇の短剣の秘密はまだ伏せたままですが。ダイナーには、以前ゼリーナにサルに変えられたオーロラも姿を見せていました


そこへ、ローランドとロビンの3人でレジーナが入ってきました。で、冒頭に戻るわけです


エマはマリアンに、今のレジーナは悪人ではないと説明しますが、もはやそれは大した問題ではありません。でも~ということはですよ、ロビンは(もし過去が変わってなければ)マリアンを殺したのはレジーナだと知っていたということでしょうか。それを知っても尚、レジーナを愛してくれたのだったとしたら、やはり、エマを責めずにいられませんね。なんてことをしてくれた!!


そのエマはようやくフックとイイ雰囲気でしたね


エマはフックを「キリアン」と呼び、NYに迎えに来てくれたことに対して、初めて感謝の言葉を口にしました。いったいどうやって来たのだとエマが尋ねると、フックあらためキリアンは、呪いが近づいた際、クルーを見捨て、船を全速力で走らせて逃げ切ったのだと打ち明けます。いったん呪いの届かないところまで逃げれば、そこに壁ができて、また別世界に行けるようになるのだそうです。


その上でキリアンは、高価な魔法の豆を手に入れるために愛するジョリー・ロジャーを売り、それで世界をまたいでエマのもとへ行ったのだとか。これを聞いたら、さすがのエマもキスせざるを得ませんね


エマ:
You traded your ship for me? 私のためにっ!?
大事な船を私のために?
フック:
Aye.
はい
(航海用語で、上官の命令に応じる際に使う言葉~フックがちと訛って「アイ」というのが結構好き


と、これだけでも十分衝撃の結末でしたが、それ以外にも、何やら不思議な展開が待ち受けていました


今回エマたちが戻ってきたことで閉まったかに見えた「時の扉」が再び開いてしまいます。どうやら、上でも触れたあの~キリアンがルンペルの蔵で取り出した壺もエマたちとともにこちらの世界に飛ばされてきたため、それが通路となってしまったようなのです。壺の蓋が開いて何やらゲル状の青い液体が出てきたと思ったら、それが見る見るうちに女性の姿となったところで、シーズン3はお終いです。ドレスと髪の色からして、あれがエルサでございましょうか?


BSプレミアムでは来週同時刻に、シーズン4直前特別番組、

「いよいよ登場!アナとエルサ」

を放送するそうです。このドラマの性格上、それほど大きなネタバレは無いと思われますので、一応覗いてみるつもりです。←ネタバレはありませんでしたが、壺のことが確認できて大収穫でございました


ワンス4はその翌週から、4月6日からのスタートだそうですので、どうぞ引き続きまたお付き合いくださいますように


~ワンス・アポン・ア・タイム1、ワンス・アポン・ア・タイム2のレビューはこちら: シーズン1シーズン2


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 4

There are no comments yet.
杜  
No title

レジーナファンの私にとっては、うわあぁぁん! な最終回でした。
なんで白雪もエマもレジーナにあんな惨い仕打ちをするの!?
白雪は「子どもだし、何も知らなかったし、悪気はなかった」、エマは「レジーナが悪かったんだし、何も知らなかったし、悪気はなかった」、だから二人に罪はない、二人は正義、みたいな流れで、そのうえ二人ともちゃっかり自分達は最愛の人と幸せになって子どもまでいて、なのになのにレジーナはっ!!
私がヘンリーならもはやエマ達とキッパリ縁を切って、レジーナママだけを大切にしてやる!
元凶は白雪じゃなくコーラだったのは分かっているんですけどね……、辛い。

と、憤りのあまり、ご挨拶遅れました。
はじめまして、こんにちは。
いつもレビューを楽しみにしています。
ドラマのいいところ、おもしろいポイントを取りまとめられているブログに、ネガティブコメントでごめんなさい。
ワンス見てる人が周りにいなくて、思わず叫んでしまいました。
ですからコメント非承認で大丈夫です。
ひとつ、これだけお伝えを。

〉その後フックが、レジーナは死んだのだからキスの魔法も解けたはずだとエマを励ますと、

レジーナじゃないですよぅ、ゼリーナですよぅ。

レジーナには誰よりも幸せになってほしいと願いながら、来シーズンも見ます。
あと、ルンペル、あれでいいのかなぁ? ベルに対する裏切りじゃ? ともやもやしてて、また一波乱ありそうで心配。
一番すきなカップルだから、この二人も幸せになってほしいです。

2016/03/24 (Thu) 15:36 | EDIT | REPLY |   
しーちゃん  
訂正箇所

レジーナは死んだのだからキスの魔法も解けたはずだとエマを励ますと

は、レジーナではなく、ゼリーナですね。


いつも楽しく拝見させてもらっています!シーズン4も楽しみですね。

2016/03/24 (Thu) 16:37 | EDIT | REPLY |   
杜さんへ  
同感です(笑)( `ー´)ノ

杜さん、はじめまして!

まずは楽しいコメントをありがとうございました。
私もレジーナファンなので、
くすくす笑いながら&うんうん頷きながら拝見しましたよ~。
まったくエマも余計なことをしてくれましたよね(;´・ω・)。

ゼリーナとレジーナ~ふふ、いつかはやると思ってました(^^ゞ。
細かく読んで&見つけていただいて感謝感謝でござりまする。
早速訂正いたしました(^◇^)。

レジーナとルンペル、
それぞれともに幸せになってほしいですよね~。
シーズン4も楽しみですね(^_-)。こん

2016/03/24 (Thu) 17:59 | EDIT | REPLY |   
しーちゃんさんへ  
感謝感謝です(__)

しーちゃんさん、はじめまして^^

ご指摘本当にありがとうございます~♪
いつかやると思ってました。超そそっかしいので(^^ゞ。

早速訂正させていただきましたv-343

シーズン4も楽しみですね~(^_-)。こん

2016/03/24 (Thu) 18:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.