2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 伝説の魔女~愛を届けるベーカリー あらすじと感想、キャスト一覧


韓国ドラマ、【伝説の魔女~愛を届けるベーカリー】も順調に楽しく見続けています


冤罪という理不尽な目に遭いながらも、服役中の刑務所内で素晴らしい仲間に出会い、互いに励まし励まされる様子などは温かいホームドラマのようですし、たとえ先輩女囚からの苛めがあっても、どことなく可笑しみがあってくすくす笑えるコメディ要素もタップリ、と実に贅沢なドラマでござりまするね。以下簡単なネタバレのあらすじです伝説の魔女のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずは、最も気になっていたポンニョとエンナンの因縁ですが、どうやらエンナンは昔、ポンニョの家に同居していたそうです。30年前のエンナンには、結婚を約束した恋人がいたらしいですが、それは破談になったそう


そのいきさつや理由はまだ明らかにされていませんが、おそらくは、愛を捨てて(もしくは諦めさせられて)金を選んだエンナンは、30年前にポンニョが知っていた優しい女性ではなくなっていたようです。


ポンニョは元々郡の首長の一人娘だったそうで、結婚してからは春川の「コブク堂」というパン屋を夫のナム・ジェソプと営んでいたそうです。実際にポンニョはパンを作っていなかったそうですが、いつもその仕事ぶりを見ていたので、パンやケーキ作りはなかなか上手でしたね


ポンニョは、マ・テサンやタンシムとも知り合いで、特にタンシムとは仲が良かったようです。しかも「ジヌ」という息子がいたところを見ると、ここはもうこれしかありませんわね。ウソクに送られてきた写真に写っていた手だけの女性は、このポンニョ、つまり、ウソクがジヌに違いありません。だからタンシムは、ジヌを見たことがあると言ったのではありませんか?


でも、ポンニョは自分のことを「ジヌオンマ」とは言ったけど、それ以外に息子の話をしないのが不思議でござる。既に亡くなったと思い込んでいるのでしょうか。母親が父親を殺した(ことにされた)となれば、その息子は施設もしくは親戚に預けられそうですが、その相手がタンシムやエンナン、ってことは(さすがに)なさそうですよね。そうであればエンナンに真っ先に息子のことを尋ねたでしょうから。


今回ポンニョたちパン教室の囚人たちは外のパン工場に派遣され、そこで、会社のイメージアップを図るために視察にやってきたテサンたちに遭遇します。その姿を見たスインが激しく食って掛かったのはさておき、ポンニョが、知人であるテサンに挨拶をした時の、テサンのいかにもバツの悪そうな顔がとても印象的でした。あれはどう見ても罪悪感に駆られていたとしか思えません。あ~だから、ウソクに奨学金を援助したのでしょうか?


となると、タンシムもボケたふりをしているだけで、本当は正気なのかもしれません伝説の魔女のネタバレ妄想です(^^ゞ


と、もうす~っかりはた迷惑な妄想族になってしまいました。申し訳ござりませぬ。そこはテキトーにご笑納いただけましたら幸いです


その後ポンニョは無事、クリスマス特赦を受けて仮出所を果たします。最初はシャバに出るのを渋っていましたが、ミオの息子のクァンテンが施設に預けられることになったのを受けて、自分が真っ先に出所して、ミオが出てくるまで頻繁にクァンテンの様子を見なければ、と思い直してくれたのは何よりでした


もはやすっかり「家族」同様の娘たちを案じるポンニョと、別れを惜しむその娘たちの様子にはまた泣かされました。みんなでこっそりプングムの作った焼酎を飲んだり、ミオの父親が亡くなって、外出を許されたミオの心中を思ってやるせない夜を過ごした時、プングムがポンニョに子守唄をねだった時のことなどが懐かしく思い出されます


出所したポンニョは、イムンの家に厄介になることになりました。イムンはクリーニング店を営んでいるため、ポンニョを住み込みの店員として雇うという名目で、ポンニョを説得したのです。義父の思い人が囚人だと聞いて心配していたウソクも、パン教室でポンニョの人柄を知って、出所後はとても温かく迎え入れてくれました。娘のピョルも同様です


このピョルがまた実に可愛いですね~。本名のイ・ハンソでググると、おバカちゃん注意報のイ・ハンソ(役名)がヒットするのが腹立たしいですが


ピョルはまだ6歳だそうですが、既に結婚を約束した彼がいるのだそうです。ウソクには、ジュヒ(キム・ユンソ~ヨンア@最高です!スンシンちゃん)との結婚は反対だと言いながら、自分はちゃっかり結婚するつもりだと言うのには大笑いです


あ~妄想が当たってポンニョがピョルのおばあちゃんだといいなあ。子どもは敏感ですからね~あんなに懐いているのも、無意識に血のつながりを嗅ぎ取っていたりして。なんちって


それ以外では、スインが自分を陥れたマ家への復讐を誓います。その手段として、まずはパン作りをマスターして資格を取ることにし、小言がうるさいウソクのしごきにも耐え、見事国家資格を得たようです


最初は反発し合っていた二人でしたが、スインが工場でテサンにパンをぶつけたことを理由に懲罰房に入れられると、ウソクがクロワッサンを差し入れに来ます


そのパンには君が会いたがっている仲間からのぬくもりが残っている


その温かさに励まされたおかげでスインが強くなれたというのが良かったですよね~


だからスインは、テサンにすげなくされてスインに寝返ろうとした義兄のパク・ウォンジェ(イ・スンジュン~ヨンフン@ナイン~9回の時間旅行)の誘いにも乗らずに済みました。こんなコウモリ男の話は信じちゃいかんヨンフンここではひどいキャラ(;´Д`)


ウソクとスインの距離が縮まったところで、ウソクはパン教室のボランティアを辞め、スインはプングムやミオと出所してしまいますが、何せもうピョルの了解を得ているというのが何より心強いですよね。ピョル曰く、スインはピョルの亡き母に似ているのだそうですよん


その母親は、ジュヒの車に乗っていた際に事故に遭って亡くなったようですが、これはジュヒの責任という訳ではなさそうです。


プングムは相変わらずウォランをトジンだと思い込み、結婚すればシンファの嫁になれると信じていたようですし、そのウォランは、トジンが見合いを断るためにトジンに仕立てられ、次々と見合いさせられていました。でも、いくらなんでも

「思ったよりふけている」

で片付けられるレベルじゃありませんよね。無理あり過ぎまくりで詐欺ですやん


またミオは、上でも触れたように、肝硬変を患っていた父を亡くし、クァンテンを預ける人を失ってしまいました。クァンテンを心配するミオを、皆が懸命に慰めてくれたのがまたありがたかったですね。ミオは以前の喧嘩の際いなかったことから(懲罰房の代わりの)パン教室には参加できなかったのですが、出所後、いずれは一緒にパン作りに携わっていくものと思われます。


それ以外では、何と言ってもヨンオクですよね~伝説の魔女のヨンオク楽し過ぎ( *´艸`)。あまりにもうるさいので、ウソクから「✖」印のついたマスクをしろと命じられていました。


またヨンオクは、何かにつけてプングムのセクシー下着を盗みます。昔もポンニョから金を盗んだそうで、盗み癖は変わってません。ヒョウ柄のブラをめぐる攻防で、プングムが

しなびたスモモと実の詰まったスイカは量も質もまるで違う!

と言った時にはもう大爆笑でした


その後もポンニョの出所後に10房に移ってきて、またしても、今度は真っ赤なパンティを盗んだことから派手なケンカも致しましたが、最後にプングムが出所する際、真っ赤なブラとパンティをプレゼントされて喜んでいたのが忘れられません。ヨンオクも是非出所してきて、彼らの力になってほしいものです


それ以外では、キャラとしては(今のところ)あまり好きになれないジュランを見るたびに、片桐はいりさんを思い出しています。顔は全く似ていませんが、あの面積が彷彿させるのでしょうか。あの長さのショートボブは小顔に見せてくれると思ってたけど逆でやんすね


さ~ていよいよ来週からは「再出発」ですね伝説の魔女は続きがますます楽しみです伝説の魔女が面白い(^◇^)




これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.