このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

美女の誕生
 ラブコメ

美女の誕生 あらすじと感想 第4話 クムラン自殺に隠された陰謀

美女の誕生のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 美女の誕生 あらすじと感想、登場人物一覧


韓国ドラマ、【美女の誕生】は4話も面白かったですね~。以下早速ネタバレです美女の誕生のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回は、意外な事実が判明しました。クムランは、決して自殺をしたわけじゃないのに、どうして自殺と見なされたのか、その理由が明かされたのです。遺体も無いのにどうして葬式を出したりしたの?!


確かに、言われてみればそうでござるね。おばさんはミステリー好きではありまするが、ことコメディを見ている時(特に韓ドラ)は、ミステリーのアンテナがなかなか作動しないことになっているのです。コメディ相手にミステリーの常識を語っても、野暮なツッコミにしかなりません。と、見苦しい言い訳はさておき、経緯はこうです


ジフンから、家にネズミが出たと呼び出されて駆けつけたテヒは、そこにチェヨンとガンジュンが来ていたことに憤慨しました。クムランとチェヨンの両方にいい顔をしているガンジュンは二股野郎だと言い放ち、こちらはチェヨンを罵るクムランと対立してしまいます


が、こんな時こそ協力しないでどーするという実に前向きな結論に達した二人は、早速作戦を練り直します。クムランが色仕掛けでガンジュンを誘惑することにしたようです。これまた「ネズミ」を口実に呼び出すとは、よほどネズミが多い物と思われまする


セクシーなガウンを着て誘惑するクムランを、ガンジュンがドライブに行こうと誘うと、クムランは(昔二人で行った)思い出の場所に行きたいと持ちかけます。が、その途中でクムランは、事故の際の記憶をよみがえらせ、恐ろしさのあまり悲鳴を上げてしまいました


クムランは気づいていませんでしたが、ここで視聴者には、その事故の日、クムランの車の後をガンジュンが追いかけていたことが明かされます。しかもクムランはこの後ジョンシクに会い、クムランが自殺だと分かったのは、遺書を残していたからだと聞かされます。え?私は書いてないわっ!?


クムランはテヒと共謀してイ家に乗り込み、義妹たちからその遺書を見せてもらうことにしました。それは、手書きではなくメールとは言え、確かにクムランのアドレスから送られたものであり、そこには

「財産についてはすべて夫に一任する

と書かれていたそうです。やはり、クムランを殺して自殺に見せかけたのは、このガンジュンなのでしょうか?


大体ですね~いくら愛が冷めていたとはいえ、長年連れ添った妻が死んだ道をドライブしようと誘います?フツー人間のすることじゃないぞ!


ここで、クムランがガンジュンと「外泊」したと思い込んだテヒが、人知れずヤキモキしている姿がまた楽しかったですね。チュ・サンウクさん、以前の「ずる賢いバツイチの恋」の時はまだコメディに対する抵抗感があったようで、ちと不自然な感じでしたが、この美女の誕生はまったくそれが無くて実に楽しいですね~イケメンのコメディ大好き( *´艸`)


また今回は、このテヒの実家らしいウィナーグループの様子も垣間見えました。テヒは、ウィナーグループのオーナー=パク女史(キム・ヨンリム~パク・スミ@私はチャン・ボリ!)の孫らしいのですが、どうやらテヒの父親、つまりはパク女史の息子(チョン・チャン~ヒョンチョル@どれだけ好きなの)が、爆破事故に遭ったため、家を離れることになったらしいのです


もし父さんに何があっても知ろうとするな。真実を知ろうとすれば苦しむことになる


そう語って死んでいった父は、その爆破の前にテヒにヘルメットをかぶらせたところを見ると、これは事故ではなく、自殺か何者かによる意図的な爆破(殺人)と見てよいのでしょう。ウィナーグループの後継者だったはずの父が殺されたからには、その後釜を狙った人物が犯人に違いありません


そして今、そのウィナーグループでは、おそらくはテヒの異母兄弟にあたるらしいハン・ミニョク(ハン・サンジン~ソンプン@ソル薬局の息子たち)が、社長の椅子を狙っているようでした。ミニョクは、母親(後妻?)のソン・ジスク(キム・チョン)を苛めてきた祖母に、秘かに復讐を誓っていたようですが、祖母の前ではその感情をおくびにも出しません。


で、ガンジュンは今、このミニョクの下、ウィナーグループの傘下の放送局で働いているという訳です。これがどうつながっていくのかにも注目です


週末が何やかやと忙しくてなかなかすぐには語れませんが、「美女の誕生」は、続きもとっても楽しみでござりまする美女の誕生が面白い(^◇^)


美女の誕生DVD-BOX1美女の誕生DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は美女の誕生のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング