このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

グッド・ワイフ5 (the Good Wife S5)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

グッド・ワイフ5 あらすじと感想 第5話 波乱の幕開け

グッド・ワイフ5の主な登場人物とキャストおよび各話のあらすじはこちらからご覧いただけます: グッド・ワイフ5 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧


グッド・ワイフ5の第5話は「波乱の幕開け」(Hitting the Fan~大変なことになって)です。いやいやまさにその通りでした


法律的な面から言うと、おそらくは「トレードシークレット」がメインテーマだったと思われまするが、血の気の多いおばさんは、徹頭徹尾

「やれやれ~負けるなアリシアっ!!グッドワイフ5のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ

状態で、多少冷静になれたのは見た翌日、本日になってからでございます


以下ネタバレのあらすじですネタバレですのでご注意を♪。熱狂的なウィルファンの方はご遠慮いただいた方が良いかも~です。さすがに長くなりすぎたので、今回は「続き」を使わせていただきました


前回ダイアンがアリシアの独立を確信した決め手となったのは、トップクライアントのひとり=ソーニャ・ラッカー(Sonja Sohn)の証言もさることながら、オフィスの装飾費に1万ドルをもらっておきながら、3週間前からこれを使っていなかったことだそうです。この辺はさすがにダイアン、鋭いでござるね


ダイアンから、アリシアが「顧客を盗んで」事務所を去ろうとしている、と聞かされたウィルは、すっかり逆上してしまいます


ウィルは早速アリシアを問い詰め、それが事実だと確認すると、アリシアのデスクの物をすべて下に払い飛ばし、アリシアを口汚く罵りました。日本語はまだ柔らかめに訳してありましたが、英語は本当にひどかったですよ


I took you in. No one wanted you. I hired you. I pushed for you.
君をここに入れたのは僕だ。誰も欲しがらなかったのに。僕が君を雇った。僕が君を推したんだ


いくらショックを受けたからとはいえ、アリシアは「It's time I try something new」(新しいことを始めたいの)と言っているのですから、少なくとももっと話を聞くべきですよね~。いきなり暴れ出してこんなことを言う人間の下では、もうゼッタイに働きたくないと思われるのが分からんかなWill is going crazy!


You were poison! This firm got you back on your feet.
君は毒だった。この事務所のおかげで自立できたんだ


アリシアが、それに対してはいつも感謝しているというと、And this is how you show it? By stealing our clients?(そのお返しがこれか?客を盗むことか!)と怒鳴りつけます。前回のアリシアの台詞じゃないけどこれまたマフィアみたいやね


何も盗んだりしていないと反論したアリシアに、ウィルはこう言い放ちました


These were clients that you have a fiduciary responsibility to this firm, and you were going behind our backs.
クライアントに関しては、君たちは当然この事務所に対して忠実であるべきだったのに、君たちは我々を裏切った


この言葉(受託者責任)と、その後の反応から鑑みるに、辞める事務所の顧客情報を持ち出すこと自体は「違法」という訳ではなさそうでしたね。


日本の「不正競争防止法」でも「秘密管理」の定義はかなり厳しいそうで、もし、社員に見せたくない資料等がある場合、会社側はこの管理を徹底することが求められるそう~常にそれを金庫に入れて鍵をかけ、社長だけがその鍵を持つ、というような行為を示さねばならないのだそうです。


普段から目にしている顧客の情報は、もしファイルを盗まなくても頭に入ってくるものですから、それを持ち出すなというのは無理だということなのでしょうね。ダイアンも前回ファイアーウォールで保護していたと語ってましたが、それも万全ではないということでしょう。


つまり、アリシアとケイリーの行為は、倫理的にはグレーであってもブラック=違法ではないということで、この後はまあ見るも無残な泥仕合が繰り広げられました


「パートナー」であるアリシアを解雇するため、ウィルは大急ぎでパートナー全員を招集し、アリシア解雇に対する統一見解をまとめました。個人の携帯まで取り上げられて、まるで「罪人」であるかのようにLGを追い出されたアリシアは、エレベーターの中で思わず悔し涙を流しますアリシア、可哀想すぎ(;O;)


This was never meant personally.
個人的な恨みは決してなかった


そう語ったアリシアを、ウィルは「I don't give a damn」(どうでもいい)と切り捨てました


これは風と共に去りぬで、最後にレットに追いすがったスカーレットにレットが残したセリフですが()、あれはどー見てもスカーレットがひどすぎでしたが、in my opinion、今回は真逆でござりまする。個人的な感情はともかく、アリシアのこれまでのLGへの貢献を考えれば、アリシアが独立を考えた理由に耳を傾けるぐらいはすべきでしょう。あのカリンダでさえ、最後にウィルにこう語っていましたのに


She wanted to do something on her own. Will, I know you're hurting, but she's not the enemy here.
彼女は自分の力で何かを成し遂げたかったのよ。傷ついたのは分かるけど、彼女は「敵」ではないわ


その後はすぐに「魔女狩り」が行われ、ゼップスを初めとする4年目アソシエートが次々と解雇されてしまいました。ケイリーはちょうど外出していたのですが、戻るとすぐにダイアンから責められます。こちらもまた「拾ってやった恩を忘れた、飼い犬に手を噛まれた」的な話が繰り広げられていたのが印象的です


結局、以前、ケイリーを買っていたダイアンが、ウィルのごり押しに負けてアリシアを選んだのに、今度はそのケイリーとアリシアが組んで、自分達の運命を翻弄したウィルとダイアンに反旗を翻したという構図がまた何とも辛辣です


ダイアンはともかく、ウィルのようにビジネスに私情を持ち込むタイプの人間は、その好意がいつ憎悪に変わるか分からない(可愛さ余って憎さ百倍)~結局は信用できないと思わずにいられません。ま、さすがにグレースからの伝言を伝えずにはいられなかったようですが、何の権限もなく個人の携帯を取り上げたのですから、人として最低限=当然の話でござる


一方のケイリーは、ダイアンが「our clients」(私たちのクライアント)と口にしたのに腹を立て、

They're not your clients! When was the last time you looked at Chumhum?
彼らはあなたのクライアントじゃない。チャムハムに最後に会ったのはいつだ?

と語るに落ちたことから、ダイアンの口からウィルに、チャムハムも狙われていると伝わってしまったのも痛かった


それでもアリシアとケイリーは独立が早まっただけだとし、ついに「Florrick, Agos & Associatesの設立を宣言しますが、LGは裁判所にケイリーとアリシアに対するチャムハムとの「接触禁止命令」(a restraining order)を要求します


もちろん、他の顧客も軒並みLGに妨害されて失ってしまいました。予定では12社あったのが4社に減ってしまったそうです。アリシアはLGから事務所の金を横領した疑いがあると侮辱までされました名誉棄損で訴えてやれっ!!


もちろん、それまで何とか知られずに済み、内部でスパイ活動を行っていたロビンも、カリンダに密告されて解雇されてしまいます。ここはケイリーよりカリンダが一枚上手でしたね~。カリンダはケイリーに、独立の話に乗ると嘘をつき、新しい事務所の住所を巧みに聞き出してLGに報告したため、デヴィッド・リーは早速保健局に連絡し、害虫が出たから消毒のためにビルを封鎖するよう手配しますデヴィッド・リーやり方が汚過ぎっ!!


でもアリシアは、目の前の山が高ければ高いほど燃えるタイプなのです。決してこんなことでくじけたりはいたしません。アリシアとケイリーは、アリシアのマンションを仮の事務所にし、反撃の準備を進めましたアリシア、ケイリー頑張れっ!!


その上、ここで実に頼もしい味方が現れます。ピーターです。ピーターは、記者からアリシアが解雇されたと聞き、早速ウィルに電話を掛けて脅しましたピーター、かっけー!(^^)/


I'm not just a governor. I am a husband. And I will handle this as a husband.
私は州知事である前にひとりの夫だ。そして私はこの件を夫として処理する


ピーターも、かつては不倫をしてアリシアを悲しませはしましたが、アリシアの人格を貶めるようなことはほとんどしませんでしたから、ここはやはりピーターを応援せざるを得ません。そもそも、ピーターも指摘していたように、自分もまた間男のウィルにとやかく言われたかありません


Well, try this on for size. You don't want to make me your enemy. And you certainly don't want Alicia and me together.
試してみるがいい。私を敵に回さん方が身のためだ。私とアリシアを一緒に敵にしたらお前は破滅だ!(超意訳


その言葉が決して誇張ではなかったことが明らかになるのは最後に取っておいてピーターカッコ良過ぎ(≧▽≦)、もう少し過程を見ていきましょうか


アリシアとケイリーは、LGによる接触禁止命令に対して異議を申し立てました。ジェームズ・チェイス判事(Kenneth Tigar)は、デヴィッドやゼップスの汚い野次に辟易しながらも、実に冷静な対処を見せてくれます。判事は、アリシアたちへの命令を却下してはくれませんでしたが、その理由が実に正当に聞こえたのはおばさんだけではないことでしょう。


アリシアは、自分達がクライアントを盗んだのではなく、クライアント側がLGを見限って我々についてくるのだと主張すると、判事は、それが事実ならいずれはそうなるから、今は現状維持だと答えたのです


Yes, and if they intends to leave, they'll leave. In the meantime, the status quo holds.


思い通りの決定に調子づいたデヴィッドが

「We're going to starve you」「Walk away, Judas.」
(飢えさせてやる!ユダよ去れ)

と息巻くと、その言葉にくるりと振り返ったアリシアも、負けずに断固とした調子で言い返しましたWow!! That's amazing!!


We're coming after you. All your clients. Every single one we worked to make happy while you swept in at the last minute to take credit. We're taking them. And then you know what you'll have? A very nice suite of offices.
我々はどこまでも追っていくわ。全てのクライアントを奪ってみせる。あなたたちが金の事ばかり気にして常にギリギリまでのうのうといしている間、最後のひとりまでハッピーにしたのは私たちなのだから当然よ。あなたたちに残るのは、とても素敵で広いオフィスだけよ


アリシアは、ウィルとダイアンが体裁や格式ばかりを気にして事務所を大きくしたばかりにLGが形骸化してしまったことを手厳しく批判したのです。州最高判事の話がふいになることを怖れて、途端場になってLG側の証人となることを拒否したダイアンも、そしてウィルも、この言葉には少しは反省したことでしょう


「ユダ繋がり」では、同じ4年目アソシエートでありながら、半年前に話が出た昇進をもう一度ちらつかされて裏切ったベス・フェレッティ(Victoria Mack)は、アリシアから即座にこれを見透かされて「Not exactly 30 pieces of silver」(イエスを銀貨30枚で売ったユダという訳でもなさそうね)と揶揄されていましたね。これにうるさくがなり立てるLGに対し、アリシアが、うるさい子どもの口をつまむ仕草をしたのがまた可笑しかった


戦闘モードの頂点に達したアリシアは、法廷を出ると即、反撃を開始します


アリシアはウィルの不正事件を担当したハーベイ・ウィンター判事が今裁判所にいることを確認すると、早速事情を訴えに行き、今度はLGへのチャムハム社に対する接触禁止命令を出してもらったようです。このウィンター判事は、おばさんの記憶違いでなければ、ピーターの友人でもあったはずです(S3 #19 ブルーリボン委員会)。まさに、昨日の敵は今日の友(and vice versa)でござりまする


早速チャムハムに乗り込んできて笑いが止まらん状態だったデヴィッドとハワード、そしてウィルに、以前アリシアたちに裁判所命令を送達しに来た男の子(process server)が現れた時は、思わずバンザイ三唱してしまいました


困り果てたLGでは、ダイアンが仲裁を買って出ます。LGと「フロリック・アゴス」の双方がチャムハムと1時間ずつ交渉して、チャムハムに代理人を選ばせればよいというのです。


その結果、チャムハム社のニールは、「フロリック・アゴス」にはアリシアがいるから契約できないと答えてきました。アリシアの夫のピーターは「クリーンな政治」を目指しているのが気に入らないというのです。


Your husband, ma'am, has promised the most ethical administration in Illinois history. I can't have my law firm jumping at every ethical shadow that comes down the pike.
君の夫は、イリノイ州の歴史上最も倫理的な政権を約束している。影の部分を漏えいされてはたまらない


アリシアはそんなことは無いと反論しますが、ニールは決して譲りません。どうやらまたLGが良からぬことを吹き込んだに違いありません


It's the way the world works. Politics leads. The law follows.
世の中は常にそう動いている。政治が先で法は後からついてくる


そしてこの言葉がまた実に的を射ていたのが笑えましたね~


アリシアを心配して帰宅し、そのまぶしいほどに輝いている妻の姿に、ロースクール出たての頃のアリシアの姿を思い出したピーターと、仕事への情熱が燃えあがり過ぎたアリシアが10分という短い時間でことを済ませた()のも楽しかったな。アリシア、大事なもの忘れてましたし


その後ピーターは、早速その政治力を発揮してくれます。ピーターは記者会見の席で、ネット関連企業への課税を仄めかしたのです


I want to talk about taxation of Internet commerce. Internet purveyors have, for far too long, in my opinion, enjoyed the benefits of no taxation. I find this to be unfair.
インターネット企業への課税について話したい。ネット関連企業は、あくまでも私見だが、長すぎる間非課税の恩恵にあずかってきた。これは不公平だと考える


これを聞いたウィルは早くも負けを認めました。We just lost Chumhum.チャムハム社を失った!


一方で、フロリック・アゴスは大喜びです。またニールも浅ましいほどにゲンキンでしたよね


ニール:
Maybe I'll have a chance to meet your husband at some point, Mrs. Florrick. I know he has an open mind on our tax burden.
あなたのご主人にもお会いしたい、ミセスフロリック。きっと彼は我々の課税について広い心を持っていると知っている


アリシア:
He would love that.
主人も喜びますわ


その上ピーターは、イーライの期待を裏切って、ダイアンの州最高判事への就任も考え直すと言いだします。心配していたダイアンに、イーライがあまりにも「大丈夫」と大見得を切っていたので、嫌~な予感がしたのはおばさんだけではないことでしょう


ま、権力を振りかざす者はそれ以上に強い権力に屈するという良い例でございましたね。もちろん、このグッドワイフがしっぺ返しをせぬはずがない(ピーターがまた浮気するとか、より強い権力者が現れるとか)~とは、先のお楽しみでござりまする


あ~数日おきにグッドワイフが見られるなんて、本当に幸せです。シーズン6まで見終わったら、またシーズン1から見直すのも悪くありませんね~。とりあえずは、続きを見るのが楽しみですグッドワイフ5が面白すぎ(≧▽≦)



グッド・ワイフを見るならアマゾンで!


~これまでのグッド・ワイフのあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: S1S2S3S4


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はグッド・ワイフ5 (the Good Wife S5)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング