このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

伝説の魔女 あらすじと感想 第15&16話 蹴散らして前へ!

伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 伝説の魔女~愛を届けるベーカリー あらすじと感想、キャスト一覧


韓国ドラマ、【伝説の魔女~愛を届けるベーカリー】は15話と16話を視聴しました。本当の副題は15話が「片思いの始まり」で16話が「私が好き?」で、「蹴散らして前へ」は大好きな「八重の桜」の副題にも使われた、事あるごとに頭に浮かぶ大好きなフレーズです


スインとウソクのラブストーリーももちろんとっても楽しかったですが、個人的にはやはり、

魔法のベーカリーのフードトラックに乗って、邪魔者はどんどん蹴散らして前へ進め!伝説の魔女のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ

と、これまで以上のエールを送りたかったことから、このタイトルにさせていただきました。以下早速ネタバレです


今回はなんとですね~、あのバ〇長女、もといジュランが浅知恵でスインたちを陥れようとしたのです。経緯(あらすじ)はこうです


せっかくテサンからレストランの社長にしてもらったのに、近くでとびきり美味しいホットサンドが売られていたことで、店は閑古鳥が鳴く始末。しかも、妹のジュヒも、ウソクをスインに取られてしまったようだと知ったジュランは、レストランで働いていたバイトの子=ウニョンが腹痛を訴えたことを利用します。外のフードトラックでサンドイッチを買ってきなさい


真っ青な顔をして買いに来たウニョンを見たプングムは、さすがに「健康食品詐欺」を働いていただけあって即、その様子がおかしいことに気づきますが、スインはまったく気づきません。大体あんなに具合が悪そうなのに、プルコギサンドイッチなど食べられるはずがない、匂いを嗅ぐだけで気持ちが悪くなるはずですものね~


案の定、ジュランはそのサンドイッチを持って、ウニョンを病院の特別室に入院させました。口止め料としてブランド物のバッグを与え、ウニョンの授業料を払うと約束したそうです。実際にウニョンはどこかののり巻きにあたったそうですが、それもそれほどひどくはないのに、無理矢理シンファの名を使って入院させていたようです。


ジュランは早速警察に魔法ベーカリーを訴えました。急に召喚されて驚いたスインたちは、警察で被害者は誰かと尋ねましたが、名前を教えてもらえません。告訴されたのに相手の名前も知らされないってそんな馬鹿な話あるかっ!てなもんですが、そこは前科者だから強く出られないのでしょうか


そこへ、アホなジュランがひょこひょこと顔を出します。ここで食中毒を出したんですって?


当事者でさえ知らされない話を持ち出したことで、まんまと墓穴を掘ったジュランが、食中毒を起こしたのはうちのバイトだと開き直ったため、魔女たちはすべてジュランの仕業だと確信しました。入院先を調べてきて!


ミオがウニョンの友人のふりをして病院を探り出すと、プングムとポンニョが早速そこに乗り込んで、ウニョンの携帯を調べます。そこには、期待通り、ジュランがウニョンに命じた一部始終のメールがすべて残っていましたし、ウニョンは自分のSNSに、ジュランから貰ったブランド物のバッグを得意そうにアップしていたからお笑いです


こうして動かぬ証拠を握った魔女4人が、マ家に乗り込んだ時がまた楽しかった~っ!魔女4人が楽しい(≧▽≦)


スインから事情を聞いたテサンは、あまりのジュランのアホさ加減に呆れはてますが、横でこれを聞いていたジュヒは、要するに脅迫しに来たのか、と反論したのがまた嫌らしかったですね~。このジュヒ役のキム・ユンソさんは「最高です!スンシンちゃん」でも実に嫌な役だったので、もう顔を見るだけでザワザワしちゃいます


脅迫ではありません。謝罪を求めに来たのです謝ってください!


さすがのテサンも、即、ジュランに謝罪を命じました。こんな〇カ娘のために、グループ全体のイメージが悪くなったら大変ですものね。しかも、後にウソクが指摘していたように、シンファ製菓はシンファグループの主要部門なのに、その娘が、あろうことか、食中毒詐欺を働いたなんて知られたら、株価下落どころの騒ぎでは済まなくなること請け合いです


ジュランが悔しそうに頭を下げたまでは良かったけれど、あれではまだまだ足りませんでしたよね。一旦流れ出した風評被害は、なかなか払拭できず、その後スインたちは、せっかく築いた土壌を失ってしまいます


が、そこにめでたく911ことヨンオクが出所してきました。その上ヨンオクは、ず~っと懲りずに買い続けていた宝くじが当たったそうで、派手ないでたちでお抱えの運転手まで従え、スーツケースに2億ウォンを詰め込んでポンニョを訪ねてきたのです


エデラーアンニョーン。ジェンジェンジェン、オージェントルマンニダ!皆、ハロー♪


ポンニョが、どうにも夢見が悪いからヨンオクに会いに行ってくるというのは、このことだったのでしょうか。でもきっと助けてくれるに違いないと信じていますけど


さて、お次はやはりスインとウソクのエピソードに参りましょうか。
couple2


ウソクは、毎日魔法ベーカリーのスペシャルサンドを食べに行くという約束通り、足しげく通ってくるのですけど、そこで、やはりスイン目当ての客がいたことに腹を立ててしまいます。しかも、シツコク誘うその男に、スインが嫌な顔をしなかったことが、余計に腹立たしかったようです


あんなにニヤニヤして!歯茎まで見えていたっ!!媚びを売って!!


さすがのスインもこれには怒ってしまうんですが、これを物陰から見ていたプングムは、さすがに年の功、何やら香ばしい匂いが漂ってきた、とふたりの仲を察します。これはポンニョも同様です


何せウソクは、スインの帰宅時間を見計らっては外に出て、誰かに聞かれると必ず、腹ごなしに街を一周してくると言いながら、どう見ても運動する格好ではないのに?と不思議がられ、スインが帰ってくると即、そそくさと出迎えに行き、後片付けから洗い物まで進んで手伝うほどなのです


同じくこちらはポンニョを迎えようと出てきたイムンがポンニョに差し出した手を、ポンニョは素直に借りたのに、ウソクが同様にスインに差し出しても、スインは断っちゃうのがまた可笑しかったですね~。ふふ、ウソクはまだまだ修行が足りませんね。


その上、上記のような「ヤキモチ」を焼いてしまった挙句、そのたとえに「いつも仲の良い友達が転校生となれなれしくしたら面白くないだろう?」などという話を持ち出したため、スインからはすっかり「ピョルと同レベルだと笑われてしまいます。あ~でも、いつも子ども相手に話していると、ついつい話が子供向けになっちまうこと、よくあります。


先生の方がずっと好きですから安心してください


そうウソクをからかっていたスインでしたが、ジュランから、ウソクはジュヒの思い人だと聞かされると途端に困惑してしまいます


ちょうど男性客がたくさん来た際、ミオとプングムもいなかったところにウソクがやってきてスインを手伝うと、客が「ふたりは夫婦?」と声を掛けたから尚更です。ウソクはそれに「新婚です」と答えたため、スインはますます動揺してしまいますもしかして?


これまでは優しい恩師として接していたウソクが、男として自分を見ているかもしれないと気づいたスインは、直接ウソクにこの疑問をぶつけてしまいます


私のことが好きなの?


これに慌てたウソクが、そんなことはない、夫がいることにしておけば誘惑されずに済むからだ誤解だ!、君はうぬぼれやなのか、とごまかしたため、スインはすっかり恥ずかしくなってしまいました


家に帰ってからもぼんやりとし、もう一度ウソクにさっきのことは忘れてほしいと念を押すと、ウソクはようやく優位に立ってスインをからかいます。忘れてたのにまた思い出しちゃった


これですっかりスインはウソクを意識しちゃいましたね~。プングムじゃないけど、ますます良い香が漂ってまいりました


そのプングムは、すっかり、ウォランと良き喧嘩友だちになっています。互いに「老けたツバメ「老けた美人局と呼ぶこと自体が気が合って本当にお似合いですよん


またミオには、婚約を前にしたトジンが、も~シツコクシツコク言い寄ってきますが、賢いミオはもう騙されません。エンナンから、無事結婚してからなら、ミオを援助しても良いと言われて喜んでいたトジンにはまた呆れました。まったく、母親が愛人として蔑まれてきたのに、その息子もまた愛人を囲う気でしょうか。いい加減に親離れせんかっ!


そのエンナンですが、どうやらテサンの裏帳簿を探しているようでしたね。やはり~「エンナンの恋人がテサンに殺された説」(注:妄想)はまだ有効でしょうか。またエンナンが電話していたのは、テサンの秘書のワン室長のようでしたね。


そしてテサンは、トジンに会社を譲るつもりは無いようで、何としてもウソクとジュヒを結婚させて後を継がせたいと考えていたようです。もしかしたら、自分の子ではないと疑っているからでしょうか(注:これまた妄想)。


いかにも韓ドラらしく、暖かいホームドラマ系にちょっとしたミステリーも絡ませてくるのがまた楽しいですね伝説の魔女は続きもとっても楽しみです伝説の魔女が面白い( *´艸`)




これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング