2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

ミセン-未生-のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ミセン-未生-のあらすじと登場人物


イム・シワンさん主演の韓国社会派ドラマ、【ミセン-未生-】は13話も何ともしんどかったですね~。あのサンシクの様子はシャレでは済まないレベルです。昔、おばさんの上司がやはり健康を害し、すまない、と男泣きに泣きながら(楽な)部署に移ったことを思い出しました。雰囲気から性格から酒好きなところまで、サンシクによく似ているのですよね~これが。以下簡単なネタバレです


自分の信念も大事だけれど、部下ドンシクの健康も大事だと考えたサンシクは、ついに、ムン社長の案件を引き受けることにしました。それでも信念だけは曲げたくないと、あれこれ策を練るサンシクなのです


契約は必ず酒の席で取ってみせる!!kaeru4


そのために、事情通で小賢しいソンニュルを呼び(最近かなりお気に入りです)、作戦会議を行いました。ソンニュルはそこに現れたヨンイまで巻き込み、接待の席順から酒を注ぐタイミングまで事細かに指示します。またヨンイは、たまたま呼ばれたにもかかわらず、爆弾酒を振る舞えばより効果的に相手を酔わせることができるとアドバイスまでしてくれました


ヨンイは、サンシクが信念を捨てようとしない姿にひどく感動したそうです。骨董品を扱う店で年代物の時計を見つけた気分よ。大学の講義で「社会正義」なんて聞くとむずむずするような時代なのに、課長は理想を捨ててないのね


そんなヨンイの言葉を聞いて、得意そう&嬉しそうにしていたグレの笑顔がまた印象的でしたね


こうして準備万端整え、胃薬まで飲んでいざ出陣!したにもかかわらず、結局はすべて失敗に終わってしまったのがまた悲しかった。ムン社長は、とにかくものすごい酒豪なため、もたもたしているとすぐに次の杯を干すよう命じられてしまいます


最終的には午前4時まで粘りましたが、さすがに多少は酔っていたものの、いったいどこまで女好きなんだ~なムン社長は、シッカリ「次の接待を要求してきたため、サンシクはホテルを用意したと答えます


結局女性がひとり寄り添ってホテルへ消えていったことから、やはり背に腹は代えられなかったのか?と思いきや、なんとなんと、サンシクが手配したその女性こそ、ムン社長の実の妻だったことが判明します


まぶしい朝日を浴びて目覚めたムン社長が、隣に寝ていたはずの女性がベッドの端に座って振り向いた顔を見た時の仰天ブリったらなかったですね~。どうしてお前がここにっ!?kaeru1


サンシクは、事前にムン社長について調べていて、接待の日がムン社長の結婚記念日であることを突き止めたそうです。こともあろうに結婚記念日に浮気をしようとしていたムン社長の破廉恥ぶりに腹を立てたサンシクは、奥さんに連絡をして、この計画を明かしたそうです。奥様は喜んで協力してくれたそう


いやいやこれは実に楽しかったですねkaeru3


が、まだまだ若いグレやドンシクならともかく、あの年で、連日の残業の後に朝4時まで飲み倒すなどという無茶をしたため、サンシクの肝臓はかなり悲鳴を上げていたようです


屋上で休んでいたらそのまま気を失ったサンシクは、グレに呼ばれて目が覚めた途端、鼻血を出していたそうです。それにかなりの冷や汗もかいていたらしい。


あれはかなり重症と見ましたね~玉ねぎエキスじゃもうあかんかもしれません。あんなに可愛い子供たちを残して逝ってはダメだ~!と心配せずにはいらえません


それに、肝心なのは、果たしてムン社長が契約書にサインをしてくれたかどうかですよね~。本部長は、今回の失態に激怒し、ますます3課へのノルマを増やしてやるとのたまってましたが?


またヨンイは、財務から(二酸化)炭素排出権の企画が承認されたそうです。本来は課を挙げて大喜びすべきなのに、少なくとも「小さい課長」はこれを評価し、ソンジュン(ハ代理)に、ヨンイと一緒に仕事を進めるよう指示したのに、ソンジュンは、こっそりヨンイを呼び出して、仕事を辞退するよう命じます。まったく、いったいどこまで陰険なのでしょうか


この様子をソンニュルが見ていて、ヨンイを励ましてくれたのがまたよかった。君は何も悪くない、インターンの時に契約を取ったことを思い出せ!


が、ヨンイはそれで気が楽になったのか、逆に、ソンジュンの命令(脅迫?)通りにすると答えた上で、雑用を手伝わせてほしいと申し出ました。ヨンイは後にベッキに、力に力で歯向っても無駄だということが分かったと語っています。確かに、なかなか賢いですね


一方のベッキは、上司のカン・ヘジュンに食って掛かってしまいます。自分は事務処理のためにここにいるのではないと主張するベッキに、ヘジュンは、鉄鋼1課で必要なのは基本的で地味な仕事であり、派手なパフォーマンスは必要ないと答えました。


ちと意地悪な言い方をするなら、インターンの最後に行われたプレゼンの評価では、ベッキの仕事ぶりはまさに「基本的=地味」でしたから、逆に言うとそこを買われての鉄鋼行きだったのかもしれませんね。だからこそ、資源課はベッキを取ろうとしなかったのではありませんか?


ベッキは、劣等生だったグレでさえ、今や戦力として立派に働いているのに、自分はいつまで経っても事務仕事しかさせられないのが不満でならないようで、ついに転職を考え始めたようです。う~ん、何の結果も残さずに転職しても、結局は同じことの繰り返しなのにね~bye


来週はまたしても癖のある人物が登場するようですが、ということは、もしかしたら意外にもムン社長との契約が取れて新しい人材が補充されたのかもしれませんね。本部長は既に今回怒っていたのですから、予告で言っていた

「いったい何をしたんだ!」

というのは、お叱りではなく、驚きの褒め言葉だったのかもしれません


また、今回いきなり登場したイ・スンジュンさん(ヨンフン@ナイン~9回の時間旅行)の役どころも気になるところ


ヨンイの回想シーンを見る限りでは会社の先輩風な感じでしたが、今回初登場のところを見ると、以前勤めていた会社の上司でしょうか。偽善者というからには、そこでもヨンイはきっと足を引っ張られたのですね~きっと


今週は、楽しそうに仕事をしているグレの顔を見るだけで満足のおばさんでしたミセン~未生~は続きもとっても楽しみですね


ミセン -未生- DVD-BOX1ミセン -未生- DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.