このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

美女の誕生
 ラブコメ

美女の誕生 あらすじと感想 第9&10話 ハン・テヒはサラを愛している

美女の誕生のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 美女の誕生 あらすじと感想、登場人物一覧


韓国ドラマ、【美女の誕生】は9話と10話を視聴しました。これが実に楽しくて、ついサクサク見ちゃいました。以下2話分の簡単なネタバレのあらすじです美女の誕生のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずは副題にさせていただいたくだりから参りますると、今回はチェヨンがクムランの店に乗り込んできました。これはクムランがチェヨンに自分とガンジュンの家族を写した「家族写真をこれ見よがしに送りつけて挑発したからです


男たちを引き連れてきて、クムランに嫌がらせをしようとしたチェヨンを、クムランは見事に返り討ちにしてしまいましたクムラン強すぎ( *´艸`)。その上そこにやってきたテヒまで加勢してテヒもなかなかやるな~( `ー´)ノ、二人がかりで暴れたのがまた楽しかったですね~。クムランとテヒの息がぴったり合って、まるでカンフー映画を見ているようでございました


クムランは、チェヨンを好きなはずのテヒが、チェヨンの目の前で自分のために戦ってくれたことに内心驚き、その理由を尋ねます。どうしてそんなに良くしてくれるの?もしかして、私のことが好きなの?


図星を指されて慌てるテヒがまた可笑しかった。そんなはずがないじゃないかっ!!この俺様がおばさんを好きだなんて!


でもクムランは、ちょうどその時開いていたノートPCに出ていた心理分析の結果を目にしてしまいます。


ハン・テヒさんはサラさんを愛しています


これではもう隠しようがありません


テヒは必死で、自分の意志とは関係なく手が動くという「エイリアンハンド症候群」と同様に、心理分析をした際、右手が勝手に動いたと言い訳しました。がそこで、おばさんは俺にとって女ではなく唯の人間であり同志だ、と付け加えたことでカチンと来たクムランに、可愛い仕返しをされてしまいます


クムランが、いきなりセクシーなメイド姿で掃除を始めたのには大笑いでしたしかもかなり接近してきましたし(≧▽≦)。でもドキドキしていたのはテヒだけではなさそうで、クムランもまた、テヒに胸をときめかせていたようです


その後クムランは、テヒが、クムランが質に入れたはずの指輪を買い戻してくれたことを知り、大いに感激してしまいます


先生を選ばなかったチェヨンさんは馬鹿ね。先生は中身が無いように見えて実は心が広いし、冷たいふりをしているけれど優しい人よ。何でも知っているしケンカも強いわ


テヒもまた、おばさんは美しいだけじゃなく強い、そのアジュンマパワーこそがおばさんの魅力だ、と誉めそやします。そのきれいな顔で睨まれるとメロメロになる武闘家かと思ったぞって褒め言葉でしょうか( *´艸`)


その延長で、ふたりは初めて互いを意識し合い、もう少しでキスを~というところまでこぎ着けましたが、これはガンジュンからの電話に邪魔されてしまいます。ガンジュンはクムランをドライブに誘ってきたのです。


テヒとクムランはこれを機会にガンジュンをがけっぷちに追いこみました。クムランはテヒが買い戻した指輪と手紙をガンジュンの車に持ち込み、ガンジュンがこれに驚いて車を止めた後、ガンジュンに知られぬよう後ろから殴りつけて、どこかに連れていきます。そこでは、以前のクムランの声でガンジュンの犯罪が語られました。ガンジュンはこれを肯定し、

1度殺すも2度殺すも同じことだ!

と息巻きます。この会話はすべてテヒが録音していたようです。でも~クムランの声はどうしたんでしょうね~合成でしょうか


そのガンジュンは、娘クムランの無事を心配するヨオクを拉致し、病院に監禁してしまっています。クムランは遺体が見つからなかったため死亡宣告ができていないそうで、ヨオクの唯一の身内は未だにガンジュンらしいのです。同じ理由から、ガンジュンとクムランは法的には離婚していないことも判明しました。だからガンジュンとチェヨンも籍が入ってないそうです。


ついに証拠を握ったテヒは、部下に命じてそれを全て警察に届けさせました。ガンジュンはすぐに警察への出頭を命じられましたが、会社の弁護士を雇ってこれを拒否しているようです。


一方のチェヨンは、クムランとテヒが親しいのを不審に思っていた矢先、ジフンから、テヒには好きな人がいると聞かされました。心理分析をしたから間違いないというジフンですが、相手の名前は分からないと言います。携帯には「おばさん」を連想させる頭文字が登録されていたけれど、あのテヒに限ってまさか「おばさん」が相手のはずがないよな、と笑い飛ばします。


その後チェヨンは偶然、テヒとクムランが腕を組んで同じ家に入っていく姿を見てしまいました。しかもその時クムランは、母親が行方不明だから一緒に捜してほしいと言い、テヒはクムランを「おばさん」と呼んでいます。


最初は、クムランとサラが姉妹では?と疑ったようですが、クムランは一人っ子だったと聞いて、ついにある結論に達したチェヨンは、ジフンにサラとクムランの写真を見せて問いただしました。ジフンは、サラは知らなかったもののクムランは、脂肪吸引をした患者だと明かしてしまいます。


これでテヒがクムランを整形したのがサラだと気づいたチェヨンですが、時すでに遅く、すっかりサラに心奪われたガンジュンは、ついに、チェヨンに別れを切り出しました。あのビルは返せ!!


チェヨンはそんなガンジュンを詰りながらも、自分にはガンジュンの知らない切り札があるとほくそ笑みます


また、前回ネットに流された動画のおかげで、クムランはすっかり有名人になってしまいました。レストランに詰めかけてきたマスコミや一般人の中にはミニョクの姿もあります。ミニョクもまた、クムランの魅力にメロメロのようです。


ついにクムランはテレビ(HBS)に出ることになり、テヒはクムランに、ガンジュンが逮捕されて復讐を終えたら、もう過去のことはすっかり忘れて別人として再出発するよう勧めました。その名は「キム・ドクスン」です。免許証やパスポートはもちろんのこと、有名になった時に備えて過去の写真も用意してくれました。ネットでビフォーアフターされたら困りますものね


一方、テヒの祖母マンドクはミニョクの策略でついに逮捕されてしまいます。この様子を偶然目にしたテヒは、何とかマンドクを助けようとしますが、まだそれがミニョクの仕業だとは気づいていません。さっさとマンドクに会いに行けばいいものを~とも思いますが、どうやら過去のトラウマが邪魔しているようでしたね。昔のことを思い出すと発作を起こしてしまうようです


いつも思うことなれど、クムランはちょっと見は若くてキレイなのに、その行動がおばさんっぽいのが笑えますよね~。クムランが「年なんか関係ないを歌っている様子を見るたびに、ヤン・ヒギョンさんを思い出してしまいます。(注:家族なのにどうしてでの愛唱歌だった


美女の誕生」は続きもとっても楽しみですね美女の誕生が面白い(≧▽≦)


美女の誕生DVD-BOX1美女の誕生DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は美女の誕生のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング