2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

韓国ドラマ・ピノキオのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ・ピノキオ あらすじと感想、登場人物一覧


イ・ジョンソクさん主演の韓国ドラマ、【ピノキオ】の第12話は「魔笛」です。


言うまでもなくこれはモーツァルトのオペラですが、一応念のために超簡単大雑把に内容をまとめると、魔法の笛(魔笛)を使って恋人同士が試練を乗り越え結ばれるというお話~だったと記憶してます(曲そのものはよく聞きますが、ストーリーは今ひとつ印象にありません)。が、ここ「ピノキオ」での恋人同士が結ばれるにはまだまだ時間がかかりそうです。以下早速ネタバレですピノキオのあらすじ行きますよ( *´艸`)


ムン・ドクス事件について、タルポがレポートするのは分かっていましたが、まさかジェミョンまで、しかもテレビで自白するとは思いも寄りませんでした。ジェミョンは予定通り、生放送でチャオクのインタビューを受け、自分が殺人犯だと明かしたのです!ジェミョンがまさかの自白!


経緯はこうです


チャオクはジェミョンをスタジオに迎え、昔取材したジェミョンのインタビュー映像を公開しました。がそれは、当時チャオクが命じた「編集」をしたものではなく、ジェミョンが父の無実を訴えた部分でした。


チャオクにこのインタビューを覚えているかと尋ねられたジェミョンは、一言一句覚えているし、チャオクがどこをどう編集しろと命じたかもまだ記憶に新しいと答えました。チャオクは当時、他の部分は全部削って、

「卑怯だと言われても生きていてほしい

という部分だけ使おうとしていたのに、今日の映像はその部分がカットされていたと指摘します


チャオクは、当時の報道は未熟だった(今は成熟している)と言い訳しますが、ジェミョンは~先日のイナ同様~チャオクは全く変わっていないと反論しました。昔父を悪人に仕立てたのと同様、今、「人を殺した自分」をヒーローにしてしまったと畳みかけます。


俺は人を殺しました。嘘だと思うなら、今すぐYGNをご覧ください


画面をひたと見つめながらそう語るジェミョンの言葉に、はたして、チャンネルを変えなかった視聴者がいるでしょうか?


そのYGNでは、この時を待っていたかのようにムン・ドクス事件の報道が始まりました。これはわが社の独占スクープです!


局長の報道に続き、タルポが現場でリポートをしました。13年前彼らが父を陥れたことが許せず犯行に及んだと語ったジェミョンはYGNに対して犯行を認め、証拠も提示したそうです。これを受けてタルポは、ジェミョンがもうこれ以上国民を欺きたくないと考え、自白を決めたと伝えました。


家でニュースを見ていたゴンピルは、腰を抜かさんばかりに驚きます。その内容もさることながら、タルポはリポートを終えた後、こう締めくくったからです: YGNニュース、キ・ハミョンでした。


その言葉にはタルポの決意が現れていたことがすぐに明らかになります。


タルポが急いで社に戻り、警察に連行されるジェミョンに報告するシーンがまた泣けましたね。ジェミョンはタルポに、リポートはうまく行ったか?俺もソン・チャオクに一泡吹かせてやったと泣き笑いしますジェミョンが無事でよかった!


よかった、よかったね、兄さんと、こちらも涙を浮かべてうつむいたタルポに、ジェミョンはようやく「もっと早く会えればよかったと口にしました。これからお前は一人でソン・チャオクと戦っていくんだ。まともな記者とは何か、チャオクや俺に見せてくれ!信じてるぞ!


ジェミョンは泣きじゃくるタルポに手を差し出し、幼い頃いつもそうしていたように「約束」をしました。指切りをして判子を押し、コピーをする~そのコピーはお前の額に貼っておいたぞと、タルポの髪をくしゃくしゃにしたジェミョンが、無事で本当に良かったとここは、タルポ同様涙が止まりませんでしたピノキオのジェミョンが可哀想すぎて泣ける


その後タルポはまたしても辛い決断を下します。タルポは、これまで幸せだった分、これ以上幸せでいたら兄に申し訳ないと覚悟を決めて、愛しい家族の家を離れ、ジェミョンの家で一人で暮らすことにしたのだそうです。その家には、ジェミョンがタルポのために買った万年筆が置かれていました。わが弟キ・ハミョンへ


泣いてタルポを引き留めるゴンピルには、この家にいるのは辛かったと哀しい嘘をつくタルポです。ゴンピルはそれを聞いて大いに傷ついたようですが、イナとタルピョンはそれが嘘だと気づいています。特にタルピョンは出ていかないでほしいと言ってくれ、これまでキツク当たって悪かったと謝罪までしてくれましたが、タルポの決意が変わることはありませんでした。


賢いタルポがこの家に来て、認知症気味だったゴンピルのために描いた背中の番号がやけに悲しく思えたのはおばさんだけではないことでしょう。ジェミョンも決してタルポが不幸になることを望んでいないと確信できるだけに、ここは本当にやるせなかった。イナもタルポを心配していますが、タルポの邪魔をしたくないという決意から、タルポを見送ることができません。


こうしてタルポ、否、ハミョンは孤独な戦いの道に踏み出しました。


一方で、文字通りMSCの信頼を失墜させたチャオクは、世間から厳しいバッシングを受けていました。実にいい気味だと思う反面、こうもコロコロ変わる世論と言うものが恐ろしくてなりません


もちろんジェミョンとハミョンは真実を告げたのであり、悪いのはチャオクなのですが、その決め手が、自分の目や耳で事実を確認したのではなく、またしても報道を鵜呑みにしているというこの風潮が気に入らんのどす。これまでMSCやチャオクを支持していた人々の中に、誰か一人でも、何か事情があったに違いない、と彼らを庇う人間はいないのでしょうか?


と思っていたら、MSCのキム・ゴンジュがその一人になってくれました。今回の事件を受けて新たに、自分もチャオクに会社を潰されたという男性が現れたのですが、皆、さもありなんと頷いていたところ、ゴンジュはイナにこれを調査するよう命じました。嘘のつけないイナが事実を明らかにすれば、チャオクに掛けられた疑いを払拭できるというのです。


今分かっているのは、6年前に横領の疑いを掛けられて亡くなったバスの運転手=チャ・デグンの死因を、チャオクは「自殺」と決めつけたということです。たったの600ウォンを横領したという理由で解雇されたチャ氏は、その後うつ病を患い、精神安定剤を飲んで自殺した、という報道はまさに以前チャオクが力説した「インパクト」の産物でしょう


が、チャオクはその報道をする前、家族の証言だけを鵜呑みにして、死亡診断書すら確認しなかったそうです。診断書には、元々持病だった「心臓病」が死因だと書かれていたそうなのに。この報道で世間のバッシングを受けたバス会社は倒産してしまったそうです。


拘置所にジェミョンを訪ねたハミョンは、この誤報を明らかにし、チャオクをアンカーの座から引きずり下ろすと息巻きました。あのチャオクの性格からして、やましいところが無ければ、このバス会社の社長をとっくに訴えていても良いはずなのに、だんまりを決め込んでいるのは落ち度があったからに違いない、とハミョンは考えているようです。


ジェミョンは約束通り復讐を引き継いだハミョンの頼もしい姿に微笑みます。その裁判はこれから始まるようでしたね。今決まっている弁護士はちと頼りないようですが、ここは是非優秀な弁護士を手配してほしいものです。


以下妄想です


これまでのこの作品の流れからして、おそらく次はハミョンのチャオク化が見られるのではないかと想像しています。つまり、ジェミョンを犯罪者にしてしまった罪悪感から、これまで以上にチャオクへの憎しみを増幅させたハミョンが、いつの間にかそのチャオクと同じ手法を取ってしまった、という展開になるのではないでしょうか


それを止めるのもまたピノキオのイナなのでしょう。ハミョンが、私怨からではなく義憤から、真に正しい報道ができる本物の「記者」になるために、イナは欠くべからざる存在なのですね~きっと。何とも深い作品ですね。と盛り上がっておいて、妄想倒れに終わったら申し訳ござりませぬ


他では、最近おばさんの中でボムジョ株が急上昇中です。イナも、それがボムジョとは知らず、13年間母への思いを受け止めてもらえて感謝していると語っていました。今回ボムジョは、ハミョンにもいたく同情して協力を申し出ています。この子は実に素直で優しいのでござる


韓国ドラマ・ピノキオは、続きもとっても楽しみですねピノキオの続きが待ち遠しい( *´艸`)


ピノキオ DVD-BOX1ピノキオ DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.