このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

グッド・ワイフ5 (the Good Wife S5)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

グッド・ワイフ5 あらすじと感想 第9話 それぞれのゲーム

グッド・ワイフ5の主な登場人物とキャストおよび各話のあらすじはこちらからご覧いただけます: グッド・ワイフ5 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧


グッド・ワイフ5の第9話は「それぞれのゲーム」、英語の方は「Whack-a-Mole」(モグラたたき)です。今回は、LG vs FAも、そろそろ終息の気配を見せてきたかな?というところでしょうか最後のオチにも大笑いでした。以下、正真正銘簡単なネタバレのあらすじですグッドワイフ5のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回は「人種差別」と「ネット倫理」の問題が取り上げられました。ネットによる誹謗中傷は、おばさんも度々被害に遭っておりまするが、言論の自由とはき違えている人間があまりにも多くて愕然とします。それは日本だけではないようです


LG時代からのアリシアのクライアント、ザイード・シャイード(Haaz Sleiman)は、アメリカで教師をしている「a dark-skinned man」(肌の浅黒い男性)でした。ザイードの出生が明らかではなかったので断言は控えますが、要するに、一見したところは「中東諸国の出身」に見える、つまり今の時代は「テロリスト」と誤解されてしまいがちだというのが論点です。


案の定、爆破テロが起きたミルウォーキーに、単にその当日いたというだけで、FBIはザイードを犯人扱いしました。その証拠写真も、民間人が「Scabbit.com」というサイトの掲示板に投稿した写真だったことが判明します。しかもその写真も、どう見てもザイードと断定するには無理があります。(単に白人で顏がでかいという理由から)ドナルド・トランプとビル・クリントンを間違えるようなものです。(間違えません


アリシアとケイリーは早速この掲示板を閉鎖するよう訴えました。判事はもうお馴染みのジョージ・クルーガーです。アリシアに好意的なクルーガーが担当だったことに気を良くしたアリシアでしたが、問題のスキャビットの代理人は、LGのウィルと、新しく雇い入れたダミアン・ボイル(Jason O'Mara)というパートナーでした。


このボイルがまた何とも食えない人物でしたね。最初、デヴィッドやハワードはボイルの採用に反対しますが、ウィルがまたしてもごり押しして雇ってしまいます。


が、その後このボイルがLGとの事情を聞いて、ハワードを連れて、アリシアたちがいないFAに乗り込み、デスクをすべて撤収したことでデヴィッドとハワードはすっかりボイルを気に入ってしまいます。それにかなりの女好きでもあるようです


ここはもはやダイアンが心底気の毒に思えたほど~そのうちLGは無法地帯と化すに違いありません


そしておそらく、このボイルがスキャビットをLGに紹介したようです。アリシアは法廷で、このボイルの胸に以前グレースがアリシアにプレゼントした「the world's number one mom」のバッジをつけていたのを見つけて「デスクドロボー」だと確信した時、やはり独立してよかったと再確認したことでしょう


話をザイードの件に戻しますると、掲示板はいくら消してもまたすぐに新しい掲示板が出来てしまい(これが「モグラ叩き」)、問題の解決にはならなかったのですが、ついに、多分ネットに強いロビンが、決定打を探り出します


スキャビット及びLG側の言い分は、たとえどんな誹謗中傷が書き込まれたとしても、それはユーザー側の責任であり、サイトには一切責任がないというものだったのですけれど、ロビンは、この書き込みが、実はスキャビットが開発したSocialbotというボット(プログラム)がユーザーをあおるために投稿した事実を突き止めたのです


~ここで「アルゴリズム」が登場した時には苦笑しきりでした。いかにもグー〇ル(チャムハムか)、もといネット関係者の言いそうなことですわね


勝利を確信したアリシアの微笑みはまさにクルーガー判事の台詞が意訳されていた通り、「勝利の女神」のそれでしたねWell, try to accept your victory without gloating, Mrs. Florrick.(その満足そうな顔をひっこめて勝利を受け取るよう試みてはどうかな)


これで責任逃れができなくなったと悟ったウィルはスキャビットと相談し、ダイアンとともにFAのオフィスを訪ねてきました。このシーン、なかなか良かったですね


ダイアンはその、いかにも殺風景な工場跡のオフィスを見て、昔独立したての頃を思い出していたようです。


The Spartan look, the neighborhood reminds me of us starting out.
この質素な外観とこの空間は昔私たちがスタートした時をほうふつとさせるわ


全然似ていないというウィルですが、ダイアンはもう分かってきたようです。アリシアとケイリーがなぜ独立をしたがったのか、そして彼らが今どんなに幸せなのか(妄想ですが、そう間違ってはいないと思います)。


こうして二人がやってきたということは和解が決定したと確信したアリシアがまた実に楽しそうでしたね。最初は安く持ち掛けるのがLGの常とう手段だということは、誰よりもよく承知しています。


これでめでたしめでたしになるのかと思っていた矢先、何とクルーガー判事からアリシアに電話がかかってきます。それもどうやらデートのお誘いのようで???


Uh, Mrs. Florrick, please don't take this the wrong way, but I was wondering if you would like to get some coffee?
ミセスフロリック、誤解しないでいただきたいんだが、一緒にお茶でもいかがかな?


Excuse me?
なんですと?


これが朝ドラなら「びっくりぽんや」言うとこだす


また今回は、ジャッキーの夫もまたピーター同様女癖が悪かったことが判明しました。皆「the judge」(判事)と呼ぶその人は、今回ピーターがダイアンに代わって州最高裁判事に選ぼうとしていたレイチェル・カイザー(Mary Stuart Masterson)と浮気をしていたのだそうです。しかもその関係は、レイチェルが結婚した後2年間も続いたのだとか


レイチェルが候補に挙がったと聞いたジャッキーが早速イーライに談判したのがまた可笑しかったですね~ジャッキー負けない!(≧▽≦)


素直なイーライは、最初ジャッキーが「Rachel was the judge's favorite clerk」(レイチェルは判事のお気に入りの事務員だった)という言葉を文字通りに受け取りましたが、後にこれを繰り返した際(I thought you said she was the judge's favorite)、ジャッキーからものすごい目で睨まれて「She was」(そうよ)初めてその真意をくみ取ったのです


Oh. Oh!!まさか!
なんてこった!!


それでも人事とは関係ないと断られたジャッキーは、自らレイチェルと掛けあいますが、レイチェルは、夫も承知していたことだとうそぶきます。しかもその夫のロナルドは今ガンで余命いくばくもないのだそうです。


それでもジャッキーは一歩も譲らず、そのロナルドの病室まで押しかけてレイチェルを脅しました。こうしてレイチェルはついに辞退を余儀なくされてしまいます。


イーライはすぐこれがジャッキーの仕業だと感づきましたが、ジャッキーは知らん顔を決め込ます。私に許されているのはオフィスの飾りつけだけよI'm here to decorate Peter's office. That's all.


イーライのくるりんまつ毛の目がますます見開かれてしまいまするね気の毒なイーライ(;^ω^)


と、今回はこれぐらいにしておきまするグッドワイフ5は続きを見るのが楽しみですグッドワイフ5が面白い(^◇^)



グッド・ワイフを見るならアマゾンで!


~これまでのグッド・ワイフのあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: S1S2S3S4


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はグッド・ワイフ5 (the Good Wife S5)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング