2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

日本版も夢中で見ていた【ライアーゲーム】(Liar Game)の韓国版があると聞いて、秘かに楽しみにしていました。実際に見てみて面白くなければ黙っていようと思いましたが、これがなかなか面白かったので、一言言わせてくださいませライアーゲームのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


リメイク版はどうしてもオリジナルのイメージが強くて楽しめないことが多いのですけど(特に自分は内容が分かっていると楽しめないタイプ)、このライアーゲームに関しては、あくまでも今のところ~ですが、日本版より面白い設定になっているような気がしました。以下、簡単なネタバレのあらすじです韓国版ライアーゲームが面白い(^◇^)


このドラマは、その名、ライアー=嘘つきのゲームが示す通り、相手をいかにして騙すかを競うゲームを扱った物語です。日本版では、世にも純粋無垢な主人公の女の子が、ライアーゲームを主宰する事務局から1億円を渡され、ほぼ強制的にゲームに参加させられてしまうのですが、韓ドラ版は、これがテレビ番組の企画という設定がまず面白かった


どうやらかなりの大金持ちらしいカン・ドヨン(シン・ソンロク~ゴニ@お隣さんは元ダンナ)は、大金を与えられた人間がどのように行動するか、人間の本質を見極めたいと始めたのがこのゲームだそうです


道を探していた老婆から声を掛けられて、一度は断ったものの、やはり放っておけず道案内したナム・ダジョン(キム・ソウン~スッキ@馬医)は、トイレに行くと言ったまま戻ってこなかったその老女の鞄の中に5億ウォンが入っていたことに驚きました。老婆は番組の仕掛け人だったのです


正直者のタジョンですが、ついそのかばんを家に持ち帰ってきて、ベッドに金を敷き詰めて寝てしまったのには大笑いでした。ダジョンは、父親が借金取りに追われて逃げてしまったのに、自分一人でその借金を返済しているのだそうです。毎日これを取り立てに来るのはチョ・ダルグ(チョ・ジェユン~ヨンシク@追跡者)です。


ダジョンが、金を我が物にしたい誘惑と戦って何とか警察まで出向いたのに、ダルグに唆されてついついためらっていたところに電話がかかってきてライアーゲームへの参加を促されてしまいます。参加すれば5億ウォンがもらえると聞いたダルグは、迷うことなく参加を表明してしまいました。そこに警察官の格好をして現れたのがドヨンでした。ライアーゲームへの参戦を歓迎します


ゲームのルールは簡単です。参加者全員にダジョン同様5億ウォンが与えられており、対戦相手の5億ウォンを奪ったほうが勝者となります。暴力を使わなければ、どんな手段を使っても構いません


が、本戦に参加するためには、視聴者からの支持と予選を勝ち抜かねばならないそうです。ダジョンはこれを一旦は辞退しましたが、ある人物の登場で気持ちが変わってしまいます。それはダジョンの高校時代の恩師=ヒョン・ジョンボム(キム・イクテ)です。ジョンボムは当時、友人の金を盗んだと疑われていたダジョンを助けてくれたとても優しい教師でした


ジョンボムは、自分もライアーゲームに参加することになったと打ち明け、ダジョンと初戦で当たったのはラッキーだと語ります。ジョンボムは、ダジョンに勝ちを譲るから、ゲーム後に5億ウォンを山分けしようと持ち掛けてきました。ダジョンはそれは視聴者を騙すことになると尻込みしますが、ジョンボムは大丈夫だと受け合います


父の借金も返したいダジョンが、ついに参加を決めたのが運の尽きでした。なんとジョンボムは、貸金庫に預けておけば無事だと言ってダジョンを騙し、まんまと5億ウォンを自分の物にしてしまったのです。ダジョンは金庫の鍵は預かりましたが、名義人がジョンボムなため、取り返すことができません


そこに満を持して現れるのが、天才詐欺師のハ・ウジン(イ・サンユン~ウビン@神の天秤)です。実を言うと、おばさんはこのイ・サンユンさんがチョー苦手なんですが、このウジン役はまったく雰囲気が変わっていい感じでございましたね。あくまでもおばさんの感じ方ですが、善人より悪人役の方が似合ってます


このウジンとダルグが知りあいらしく、ダジョンはダルグを通じてウジンの助けを借りることになりそうです。というより、ダジョンの馬鹿正直さに興味を持ったウジンが、ダルグに紹介させるのかしらん。


後半の内容はほとんど日本版と同じだった=内容を知っているため、毎回語るという保証はありません。ということで、日本版のカテゴリーに書かせていただきましたが、また何か目についたら語らせていただきたいと思います。ライアーゲームは続きもとっても楽しみです


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.