このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

イニョプの道
 時代劇・歴史モノ

イニョプの道 あらすじと感想 第4話 裏切りの連鎖

韓国ドラマ、【イニョプの道】の第4話は「裏切りの連鎖」です。あ~ここに来てようやく無駄なイライラ要素が無くなってくれてホッとしました。これで心置きなくイニョプを応援していけそうです。それにまた、実にしっとりとした良いシーンもありましたね~。以下ネタバレのあらすじですイニョプの道のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


前回脱走したイニョプは敢え無くムミョンに連れ戻されてしまいました。その間ヘサンは、下女の脱走は使用人たち全員の連帯責任だと言って、彼らを全員外で待機させています


そこにムミョンがイニョプを連れて、否、担いで戻ってくると、真っ先に声をあげたのがプンイでした。プンイはイニョプの身体を蹴飛ばしながら罵ります。まだ状況が分かっていないようだな!お前のせいで皆が凍えるところだった!!


まさに「つい先日まで頭を下げていたくせに、家が没落した途端に掌を返した恥知らずの代表のようなこの男は後に天罰が下ると信じるとして先におばさんの裁きを受けよっ!( `ー´)ノ、悔しいけれど奴婢となったからには「逃亡の罪」で罰せられるのは致し方ありません。ヘサンはイニョプを地下に閉じ込め、飲み物も水も一切与えぬよう命じました。これはユン氏の命令です。


その頃、イニョプを失った悲しみで打ちひしがれていたウンギもまた、父から軟禁されてしまいます。ハン氏がどんなにとりなそうとしても、チグォンは決して許そうとせず、ウンギもまた食事もとらずにいたようです。


一方、イニョプの元には、地下を頻繁に利用しているユンソがやってきました。いかにも親切ごかしに近づいてきたユンソですが、目当てはイニョプの体のようです


たまらずにまた逃げ出そうとしたイニョプの前にはムミョンが立ちはだかりましたまた逃げ出す気ですか。するとイニョプは、着物の紐を外して、私を自由にしていいから殺してくれと訴えますそんな卑怯な取引を覚えたのですか。が、ムミョンがそんな頼みを聞くはずがありません


その後ウンギは下男のパウ(ヤン・スンピル)からイニョプが兵判の家にいると聞かされました。止めるパウを振り切って飛び出して行ったウンギは、こともあろうに、ユノクにイニョプ宛の手紙を渡してしまいます。どうやらふたりで逃げようと誘ったようですが、その手紙がイニョプの手に渡るはずもありません


ユノクは、手紙ではなく布団を持ってイニョプのもとを訪れ、自分との身分の違いをイニョプに思い知らせようとします。この時はまだ、イニョプもまだ諦めがついておらず、知らん顔をするのが礼儀だろうなどと口にしてしまったため、ユノクに頬をぶたれてしまいます。私は心が広いからお前を憐れんでやっているのだ、忘れるな


ここではむかっ腹を立てたおばさんでしたが、その言葉がまんざら嘘でもなかったのだと後になって悟りました。それはまた後で語るとして、次は、イニョプがようやく吹っ切ったシーンです


ムミョンは、そろそろイニョプが飢える頃だと判断し、水と食べ物を用意しました。水はともかく、その食べ物は人間の食べるものではなく、豚のエサ用に煮込む物だったそうで、ムミョンはまだ煮えていないのを椀によそって持っていきます。以前登場したタンジを好きな下男はトクセ(キム・ジョンフン)というそうです。


それまでうつ伏せになって横たわっていたイニョプは、その気配にむっくり起き上がって無言で水を飲み干した後、ふるえる手で椀を掴み、文字通り中身を掻っ込み始めました。それは、タンジが、両班も飢えには勝てないのか、といい、ケットンが、自分は臭いだけで吐きそうだったのに気持ち悪くないのか、と指摘するまで続きました。


この言葉で我に返ったイニョプはたまらず吐き気を催してしまいます。イニョプは空腹のあまり、自分が口にしたものの臭いすら気づかなかったのです。まさにムミョンが指摘した通り、生きる気になった証ですね。


どんなに高貴な生まれでも、飢えれば家畜のえさをも欲しがるのが人間です。もうすべてを捨てて生き残ってください。豚のエサを食べ、肥桶を担いででも生き残れ!そうすれば復讐だってできます


おそらくは空腹で意識も朦朧としていただろう時、イニョプはしきりに父の死に様を思い出していたようです。クク・ユはイニョプに生きろ!と叫んでいたのです


こうしてイニョプは「アガシ」としての自分を捨て、下女として生きる決意を固めました。婚礼以来ずっと身に付けていた衣装を脱ぎ、渡された下女の服に手を通し、ひとりで髪も整えたらしいイニョプは、用意されていた草鞋に足を通します。


それからのイニョプは決して逆らおうとせず、淡々と下女としての仕事をこなすようになりました。当然、何もできませんから「水汲み」から始めましたが、そこで下女仲間が嫌がらせをすることがなかったのがまた良かったな。唯一人、夫がイニョプに興味を示したと知ったカン氏だけはイニョプを後ろから突き飛ばしましたが、それでもイニョプはすみませんと謝罪します。


そんなある晩のこと、相変わらず水を運んでいたイニョプは、主人である兵判=ホ・ウンチャムに出くわしました。するとイニョプは、父クク・ユの遺体を引き取らせてほしいと願い出ます。ウンチャムは、謀反人の遺体は切り刻まれて全国に送られると断りますが、イニョプは、例外もあると聞いたから何とか温情を掛けてほしいと頼み込みました。


さすがのウンチャムもこれには折れて、ムミョンとともに遺体を引き取りに行くことを許可しましたが、冤罪を訴えるイニョプの言葉には耳を貸しません。おまえができるのは父を弔うことだけだ


が、イニョプが早速遺体を引き取りに行くと、既に誰かが引き取った後だと聞かされます。イニョプはそこへ行く途中ですれ違った男が、父を裏切った使用人のトックであることに気づいてその後を追いましたが、見つけることができません。


そのイニョプの後にはウンギもクク・ユの遺体を引き取りにやってきました。これまたもはや遺体が無いと聞いて引き返してきたウンギが、道でイニョプとすれ違います。イニョプはすぐに気づきましたが、粗末な下女の服に身を包んだイニョプには、ウンギはなかなか気づきません


でもそこはさすがに「妻」と誓った女性ですから残像に気づいたようです。ウンギは、その姿を見ても何も言えずにただ立ちすくんでいたイニョプの元へ恐る恐る近づいてきます。イニョプ?


嬉しさと恥ずかしかがないまぜのイニョプの表情がまた絶品でしたイニョプが可愛くなってきた♪。ムミョンもまた気を利かせてふたりに話をさせてくれます


体は大丈夫か?食事はちゃんととっているか?


そう尋ねたウンギは、イニョプの指にはまっていた指輪を見てその手を握り、生きていてくれてありがとうと礼を言い、そこにもう1つの指輪をはめました。ウンギは、婚礼が終わったらもう1つ指輪を贈ると約束していたのだそうです


~おばさんが感心したのはここ、これまで誰もイニョプの指輪を奪おうとしなかったという点です


ウンギは、これからふたりはどうなるのかと不安(交じりの期待)を口にしたイニョプに「手紙に書いた通り」にすればうまくいくと答えますが、イニョプには初耳でその意味が分かりません。その頃、その手紙を預かったユノクは、それをウンギの母のハン氏に届けていました。それには、駆け落ちの時間と場所が指定されていたようです。


そんなこととは知らないウンギがムミョンに金を渡し、イニョプの面倒を見てほしいと切り出すと、ムミョンはそれはできないと断り、イニョプもまた、今はもう下女なのだから無理な話だとうつむきました。そんなイニョプにウンギは、もう少しの辛抱だから耐えろ、と励まし、イニョプもうんと頷きます。


イニョプとムミョンが帰路につくと、突然雨が降り出しました。先に走っていたムミョンがイニョプを気遣うように振り向くと、イニョプはその脇を走り抜け、ふたりはようやく軒先で雨宿りします。


濡れた着物をポンポンと叩いたその手に光る指輪を見ながら、一筋の希望にすがるような目をするイニョプと、ウンギとイニョプの話を聞きながらも、何も言わずに黙っていたムミョンのこのシーンがとても印象的でしたこの雨宿りのシーンが良かった♪。その頃ウンギはひとり、別の軒先でこのにわか雨をやり過ごそうとしています。


屋敷に戻ったイニョプは、ちょうどキム家から戻ってきたらしいユノクに、手紙を渡すよう迫りました。そ知らぬふりをして立ち去ろうとしたユノクの腕をつかむと、ムミョンに咎められてしまいます。無礼な物言いはもちろんのこと、主人の体に触れたら殺されてしまうというのです。そういえばイニョプも、自分に触れるな!と激怒していましたよね。


するとユノクは、下女に敬語を使っていては躾にならないとムミョンを咎めました。イニョプはすぐに非礼を詫び、ひざまずいて再度手紙を渡してほしいと頼みますが、ユノクは勝ち誇ったように、もうここにはない、ウンギの家に送り返したと答えました。


こうしてイニョプのささやかな希望は打ち砕かれてしまいます。約束の場所でイニョプを待っていたウンギは、ハン氏に連れ戻されてしまいました。その頃開城で奴婢となっていたサウォルも、何とかしてイニョプの元へ戻ろうと脱走を繰り返していたようですが、そのたびに連れ戻されていたようです


イニョプがまた希望の無い日常に戻ったその時、トックが現れました。トックは石つぶてに手紙を包んでイニョプの側に投げいれ、イニョプの母の墓に来るよう知らせます。なんとトックはクク・ユの遺体をそこに埋葬したのだそうです。横には墓守の小屋を作って弔ってくれていたようです


早速やってきたイニョプは激しくトックを罵りますが、トックが泣きながら、家族を殺すと脅されたと謝ると、それ以上責めることができません。トックは、クク・ユが、主人を裏切った自分をもう一度信じてくれた(=イニョプへの手紙を託してくれた)と言い、その手紙をイニョプに渡そうとしたその時、何者かに殺されてしまいます


あれは~ユン氏に命じられてイニョプを見張っていた男でしょうか。それとも、その後イニョプにも的を定めていたことから、他の誰かが差し向けた刺客なのでしょうか?


それ以外では、前回太宗が言っていた、隠し子の母(下女)の母も登場しました。ウンチャムが彼女に会って事情を尋ねると、何としても自分で太宗に会いたいと言い張ります。なんでも、太宗だけが分かる何かを直接太宗に渡したいのだそうです。


また、ヘサンは占いにも長けているそうで、ユノクとウンギが結ばれる運命だとユン氏に進言していました。ウンギには王になる相があるけれど王にはなれない、つまりは反逆者になるところを救うのがユノクなのだそうです。ウンギが重臣となると聞いたユン氏は、再びユノクとウンギの縁談を進めるらしく、チグォンもまたウンギに、イニョプを助けたくば他の女と結婚するよう命じていました。


予告ではイニョプが誰か~下男に自分と結婚してほしいと詰め寄っていたようです。これは、それでも父に反抗しようとするウンギを諦めさせるためなのでしょうか。その相手の下男がムミョンならいいのにでもそうなると、ウンギだけじゃなくムミョンともロミオとジュリエットなんだな~きっと


イニョプがようやく覚悟を決めてくれてグーンと楽しくなってきましたイニョプの道は続きもとっても楽しみでございまするイニョプの道が面白い(^◇^)




これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はイニョプの道のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング