2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 伝説の魔女~愛を届けるベーカリー あらすじと感想、キャスト一覧


韓国ドラマ、【伝説の魔女~愛を届けるベーカリー】は28話から30話まで視聴しました。毎日楽しくは見ていたものの、とりたてて語りたいことが無くなってきた~と思っていたところを、30話の最後でガツンとやられてしまいました伝説の魔女のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。以下早速ネタバレですズバリネタバレですのでご注意を!


なんとなんと、死んだと思われていたスインの夫=ドヒョンが生きていたのです!?何者かに助けられてどこかで治療を受けていた=ずっとこん睡状態らしかったのが、ようやく目が覚めた、という感じでした。いやいや、これからはもう、ウソクとスインが結婚めがけて一直線か~と思っていた矢先にとんでもない爆弾を投げ込まれた気分です


マ・ドヒョン役のコ・ジュウォンさん、最初の数回だけのチョイ役では気の毒、とは思わぬでもなかったけれど、韓ドラでは往々にしてあることなので、まさかここに来て復活するとは思いも寄りませんでした。


これまでスインがマ家の家族からどんなにひどい目に遭ったかを思えばドヒョンとの復縁は無いのだろうなと思うと、何とも気の毒な話ですよね。しかもテサンは、ウソクやポンニョにとっては夫や父を殺した「仇」に違いないのですもの


でも~個人的な好き嫌いを言わせてもらえば、自分的にはウソクよりドヒョンの方が好きかも~です。そう言い切れるほどドヒョンを見ていませんが


おばさんがそう感じる理由は、前々から申し上げているように、ウソクがあまりにも子供っぽいからなのですよね~。今回スインは、心配していた通り、ジュヒに工場の客を横取りされてしまうのですよ。最初の大口の客だからとほぼ材料費だけで工夫していたのを、その1/3という安値で交渉されたことに怒ったスインは、早速会社に乗り込んで、ジュヒの頬を平手打ちしましたやれやれ~!


そこにたまたま会社に来ていてこれを見たウソクが駆けつけて、事もあろうにスインを非難したのです。ウソクは、客観的に見てスインがやりすぎだ、と言ったけれど、おばさんはスインの言葉に大賛成です


(愛するスインがそこまでするには)ジュヒがよほどひどいことをしたに違いない、とどうして思ってくれなかったの?私を信じるべきでしょう!?


スインが怒るとウソクは「子どもっぽい」と批判します。あ~その言葉そのままそっくりお返ししたいですね~ウソクが好きじゃないわ~(;´・ω・)。以前スインが保険会社の課長からデートに誘われた時に逆上し、スインが別件で話をしようとしていたのに、事情も聴かずにスインを尻軽と罵ったのは誰でしたっけ?


彼是思い出すにつれ、やっぱりウソクはあんまり好きなタイプじゃないです。若いうちは可愛いからいいけど、年取ったらうるさくなるだけの気がする。ま、おばさんの好みは関係ありませんし、スインはウソクからペアリングをもらって許しちまったようですが。ふたりが良ければそれでいいって話ですけど


そこへいくと、同じ意地っ張りで子どもっぽくてもウォランは結構気に入ってます。やはりオジンスキーと言われるだけのことはあるのでやんす


今回ウォランも、例の大家=オ社長のアプローチを受けて、引越しばかりか結婚まで承諾しそうになったプングムに、エラク嫉妬を燃やしていました。金さえあれば相手が60歳でもいいっていうのか!


でもプングムには辛い過去があったことが明らかになります。プングムは、以前の夫を過労死で亡くしてしまったのだそうです。その夫が勤務していたのも、確か、シンファ関連です。


それ以来ひとり残されたプングムは、手に職を持たなかったばかりにあっという間に前科三犯となってしまったそうです。だから、相手が年寄だろうと若造だろうと、安定した暮らしを手に入れるなら構わない、というのです。


が、このオ社長に、実はずっと別居中の妻(ファン・ソクチョン~古びたお面@ミセン)がいたことが判明します。それも別居というよりは、キロギオッパ(海外に住む妻子に仕送りをする夫)のようでしたね?子供も5人もいるそうです


いきなり乗り込んできてプングムを女狐呼ばわりしたこの妻の出現で、ウォランはついに本心を吐露しました。俺の女に手を出すなっ!!(ウォランは大好き♪


これで簡易宿の皆からはやし立てられたウォランは、調子こいて、プングムに熱いキスまでしてしまいます。いや~ここは実に楽しかったし、このふたりなら、どこからみてもお似合いです。以前スインとミオもウォランに、正式にプングムと付き合えばいいのに~と冷やかしていたシーンも可笑しかったですよね


また、ミオとクァンテンのためにマ家を出たトジンはその後、運転代行をして何とかしのいでいたところ、ポギョンから代行を頼まれてしまいました。酔っぱらってどう見ても幸せそうじゃないポギョンにトジンは、お前も子供の父親とやり直したらどうだと励まします。ポギョンもまた両親から反対されて子どもの父と別れさせられたのだそうです。


韓国一のマザコンだったオレでさえ家出できたんだから大丈夫。


トジンはどんどんいい男になっていきますね


でもトジンはまだ、テサンが実父どころか実父=イ・サンウの仇だと言うことを知りません。


サンウは当時司法浪人だったそうですが、その年も落第して気落ちして帰宅すると、テサンがサンウの留守中エンナンに襲い掛かっていたのだそうです。サンウが驚いてテサンを罵ると、テサンはどうせ今年もまたダメだったのだろう、と揶揄したのだとか。悔しさのあまり家を飛び出したところ、サンウは車にはねられて死亡したそうです


ウソクを支援していたことがテサンに知られて家を追い出されたエンナンは今その仇を取ろうと、シンファの役員や株主たちを懐柔し、テサンを退陣に追い込もうとしています。あそこで即トジンに真相を知らせないのは、トジンにシンファを渡したいと思っているからでしょうか?トジンがテサンの実子でないことが知られたら後を継げなくなるから??


それに、エンナンがワン室長と、あっちの方は変わりない、とかなんとか言っていたのも気になりますよね。あ~もしかしたらそれがドヒョンのことだった?ではちとスモールワールドすぎでしょうか


それ以外では、ヨンオクが順調にジュランを陥れようとしていました。やはりヨンオクは「オノ・ヨーコ」と名乗っていて、ところどころに日本語を挟みながら話しているのも楽しいですよね。ワタシのヘンディポン、とか


今ではすっかりヨンオクに心酔しているジュランが、どんなひどい目に遭うのか想像しただけでワクワクです


ジュヒは、何せ「仇の娘」ですから、もう引き下がるしかあらへんでしょ。ウソクはエンナンから、テサンがジェソプを騙して裏帳簿をつけていたこと、材料費を横領したためパンの味が低下したこと、そしてガンジュンから、ジェソプが誰かと電話で帳簿のことで言い争っていたことなどを聴き、テサンがジェソプを殺したのではないかとの疑いを深めていたようですからね


ジェソプは普段酒を飲まないそうなのに、火事が起きた夜は酒を飲み過ぎて寝入っていたために焼け死んでしまったことは、ウソク自らの記憶で明らかになっています。


繰り返しになって恐縮ですが、ようやくウソクとポンニョの親子の名乗りもできて、後は悪人をやっつけるだけマ家全員をやっつけろ!!!だったのに、ここに善人のドヒョンが現れたことで、事がちとややこしくなりそうで心配です。ドヒョンが悪人と化したりしないでくれるとよいのですが


伝説の魔女も、いよいよ残り10話ですね。続きもとっても楽しみでござりまする




これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.