2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

グッド・ワイフ5の主な登場人物とキャストおよび各話のあらすじはこちらからご覧いただけます: グッド・ワイフ5 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧


グッド・ワイフ5の11話は「大逆転を信じて」です。英語のタイトルがまた笑えましたね~「Goliath and David」です。


ふつうは順序が逆で「David and Goliath」、少年のダビデが、巨人で戦士のゴリアテを倒す、いわゆる柔よく剛を制すの意味で使われており、劇中でも「David and Goliath situation」と引用されていましたが、敢えて逆にしたのは何を意図してのことでしょうか


本来は、アリシアがゴリアテ退治のダビデを気取っているという揶揄だと思われますが、順序を逆にしたことで、実はゴリアテがアリシアで、LGのダビデ=子どもを倒した、とでも言いたかったのでしょうか。


そのままズバリのダビデ(David)=デヴィッド・リーは(おそらくはボイルの差し金で)パンクで今回は欠場でしたが。このタイトルだけで十分妄想が楽しめるのもグッドワイフならではです。(最近はワンスもイケてますが


何せ今回もまたアリシアのカッコよさとウィルの女々しさが目立った回でございましたからね。もうここまでひどい描かれ方をすると、逆にウィルが気の毒に思えるほどですってジョークです。ちいとも思ってません( `ー´)ノ。もういい加減にこの話題には終止符を打ってほしい気持ちでいっぱいです。ダイアンに

Do you want to discuss this like adults?
もう少し大人になって話し合わない?

な~んて言われちまうのも当然です。ウィルはようやくNY事務所を開いたばかりだと言うのに、今度はLAに進出すると宣言したのです。


とぼやきはこれぐらいにして、以下ネタバレのあらすじですグッドワイフ5のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。これ以外はまたとっても面白かったです


まずは事件に行く前に、今回は大きな展開が2つあったので、先にそちらをネタバレしますね。調子に乗ってまた長くなりすぎたので、続きを使わせていただきました


まずは1点目~ホリデーパーティーで「息子の名をピーター」にするというマリリンの言葉に嫌な予感がしたイーライは、早速カリンダを時給500ドルで雇いました。うひゃ~FAでは決して雇えませんね


が、アリシアがいなくなってカリンダの嗅覚は鈍ったのか、らしからぬミスを犯してしまいます。カリンダは最初、マリリンが同窓生のピーター・バーガー(Eric Sheffer Stevens)と不倫した結果かと推察しますが、そのピーター(ピート)が言うには、マリリンは同窓会の途中で「スプリングフィールド」から呼び出されて帰ってしまったそうなのです。しかもその行先はシェルトンホテル!?


その上、当時の監視カメラの映像は消えていて、確認することができなかったそうです。さすがのカリンダも、これはピーター・フロリックの仕業に違いない、と思い込んでしまいます。


カリンダの報告にブチ切れたイーライは、早速マリリンを問い詰めましたが、マリリンは、知事じゃない、との一点張りです。でも否定されればされるほどますます怪しく思えちまうんですよね~分かる分かるイーライが大変(;´・ω・)


が、マリリンはついに覚悟を固め、お腹の子の父親が誰なのかを明かしました。それがなんと映画監督のピーター・ボクダノヴィッチ(Peter Bogdanovich本人~既婚者です)だったのだとか!これまたグッドワイフならではの贅沢ですね


でもその時もはやイーライの関心は他の点に移っていました。これが2点目の急展開「疑惑の投票箱(What's in the Box)アゲイン」です


今回イーライは、記者のアン・スティーブンズ(Talia Balsam)から面白いネタを手に入れたと持ちかけられました。最初はガセネタだろうと相手にしなかったイーライですが、スティーブンズが差し出した「監視カメラの映像」を見て愕然とします。それは、何者かがトラックから投票箱を運び出す姿だったのですとんでもない爆弾が落ちた!


Now, the tip says, "Here's evidence of Peter Florrick stealing an election. Happy hunting."
この動画にはタイトルが付けられている: ピーター・フロリックが選挙を盗んだ(不正を働いた)証拠だ。犯人探しを楽しんで。


これを見たイーライは即映像の中の男がジム・ムーディだと気づいたようです。これでもう「ピーター問題」などどこかに吹っ飛んでしまいました


いやいや、今になってとんでもない物が出てきちまいましたね。おばさんの記憶が正しければ、この映像は確かウィルが持っていたはずですから、今回のアリシアの独立に対する報復なのでしょうか。(シーズン4を見てからもう2年近く過ぎようとしているので、一応レビューで確認しましたグッド・ワイフ4 最終回。プライムでご覧になっている方は再度視聴してもいいですね


さて次は「事件」に参りましょうか著作権侵害の問題です♪


これまた前回の続きで、アリシアたちがFAでホリデーパーティーを開いていたところ、見知らぬ人物がいきなり依頼をしてきました。


詳しく話を聞いたところによると、彼らはロウビー・キャントン(Matthew Lillard)とマーシャル(Christopher Fitzgerald)というミュージシャンで、売れっ子のルベル・ケイン(Charles Malik Whitfield)が作曲した「Thicky Trick」をカバーしたデュオなのだとか。このルベル・ケインは前科のある人物で、昔ピーターとともに服役していた人物だそうです。


ロウビーとマーシャル(以下R&Mと略)は、マネージャーのミュレー・ミルズ(Ernie Sabella)を通して「強制実施許諾」(compulsory license)を得て、ケインのカバー曲を作ったのだとか。


それがこのたび、別の第3者がR&Mの曲を模倣したことが分かったそうです。これが「ドラマキャンプ」という、サマーキャンプで歌を歌うドラマのテーマソングらしく、今では大人気なのだそうです。どうやらこれ、gleeを意識しているようです


歌詞はルベル・ケインの物ですが、ロウビーはメロディは自分達のものだと主張しました


ケイリーは相手がテレビ局となると厄介だし、裁判には金がかかると思いとどまらせようとしましたが、R&Mは、成功報酬(contingency)で頼みたい、おおよそ230万ドルは固いと請け負います。アリシアとケイリーはこれで断れなくなってしまいます


テレビ局の代理人はバール・プレストン(F. Murray Abraham)で、アリシアの名前を聞いたプレストンが早速LAに乗り込んできたことから、またしてもウィルがしゃしゃり出ます。最初プレストンは、アリシアが辞めたと聞いて即、踵を返しました。ウィルは嫌いだから話もしたくないそうです


が、ウィルは、敵の敵は味方だ(The enemy of my enemy is my friend)と言って、それはもうしつこくプレストンに食い下がりました。アリシアの弱点を知っている。必ずや力になれるはず!やだね~こういう粘着質の男は虫唾が走るほど嫌いでやんす


そんなこととは知らないケイリーとアリシアは早速、R&Mのマネージャー、ミルズに会いに行きました。そこがボウリング場だったのが後の大きな決め手となりますが、この時はまだ分かりません。


ケイリーは、ミルズが「二次的著作権(a derivative copyright)」を得なかった理由を問いただしました。二次的著作権を取得しておきさえすれば、原曲をアレンジしたカバー曲の権利も保護されますが、ミルズは何も知らなかったようでしたね。


許諾料を工面するだけで精いっぱいだったと訴えるミルズ。音楽配信の収入は1クリックあたり0.004セントなのだとか。


二次的著作権を得るため、ケイリーはアリシアのコネを利用するのが手っ取り早いと促しました。早速皆でケインの家を訪ねたところ、ケインは、自分にも下積みの時代があったと理解を示し、次の曲名に自分の名をつければいいと、たった5ドルで二次的著作権を許可してくれます。最初はタダでもいいと言ったのですが、契約上、金は払わないといけないのだそうです。


が、ケインはこの約束をすぐに反故にしてしまいます。プレストンとウィルは余程の額を支払ったに違いなく、二次的著作権は、テレビ局側の物となってしまったのです。ということは、R&Mが言及するまで、テレビ局側も最初は著作権を取っていなかったということですよね~ひどい話でござるね


その上またウィルが嫌がらせを繰り返したため、法廷はいつも以上に醜い泥仕合の場と化してしまいます。この辺はも~いい加減にうんざりなので詳細は割愛しますが、ウィルはアリシアの集中を乱すような発言ばかりしてきたのです。判事が、耳は遠いけど厳格なマイケル・マークス(Dominic Chianese)だったのは不幸中の幸いでした


あ、でも、あの曲を聴いて「フルート」が出てきた発想には笑った~いったいどこにフルート使ってるって言うんじゃ、ボケ( `ー´)ノ


いらだちが隠せないアリシアに忠告したケイリーも素敵でしたね。も~ウィルはいいから、もっとケイリーを目立たせませんか?ケイリーは相変わらずいいわ~♪


Alicia he's trying to play you. You're doing what he wants. You're being played. He wants you to think how low it is of him, SO DON'T!
アリシア、君は彼の思いどおりに動かされている。まさに思うツボだ。甘く見られたらお終いだ。だからもうその手に乗るな!


これでようやく冷静さを取り戻したアリシアは、逆にウィルを手玉に取ることを思いつきます。アリシアが、ウィルに初めて抱かれた時の服に着替えて現れたのを見たウィルは、文字通り、手も足も出ません。プレストンが怒るのは当然ですな。ここはざ〇あみろ、でございましたね


が、後に登場した番組の制作者=ティリーは、誰がどう聞いてもパクリとしか思えないカバーを、自分自身がケインの曲からインスピレーションを得たと言い張ります。ケイリーが、二つの曲を同時に再生し、どこまでもピッタリ、一音、一秒違わず同じなのに、まったく別の曲だと主張するあの面の皮は何センチあるのか、計ってみたいものでござるね


ケイリーが、ロウビーからR&Mの曲はカバーではなく「パロディ」だと聞かされて、パロディなら著作権の侵害には当たらないと反論したのも面白かったですね。卑近な例では(畑違いですが)「フランクミュラーvsフランク三浦」の例を思い出します


でもどんなにケイリーとアリシアが頑張っても、たとえこれがテレビ局側によるR&Mの盗作だと証明されても原則は覆らない~二次的著作権を持っている方が強いということで、アリシアとケイリーは結局負けてしまいます


As odd as this may sound, this theft of your work was legal. They have the derivative copyright.
奇異に聞こえるだろうが、あなた方の作品の盗作の方が合法だ。彼らには二次的著作権があるから


が、アリシアはそれでも諦めませんでした。ロビンに命じて徹底的にR&Mの曲を分析させたところ(おばさんまで覚えちまいました、チェキチェキ)、思いもよらぬ伏兵が潜んでいました。それが、上でも触れた「ボウリング場」ですさすがロビン!さすがグッドワイフ!( `ー´)ノ


なんと、ティリーが作曲したと主張していた曲には、ボウリング場でボールがピンを倒す音がしっかり録音されていたことが判明したのです。もちろん、R&Mの方にも、まったく同じところに同じタイミングでこれが録音されています。盗作どころか、そのまんま使ったんやね~せめて録音し直すぐらいしませんか


しかも、これを録音したのは「国内版」を作る前、ビッグマーケットであるスウェーデンのiTunes用に録音したトラックだった事も明らかになります。つまり、国内のiTunesストアで配信される前の曲が盗まれた訳ですが、ティリーがスウェーデンiTunesでこれを聞いたとは考えにくいですから、アリシアとケイリーは、ティリーがロウビーからじかに盗んだ、と結論付けます


(the derivative copyright you have) Doesn't give you the right to steal. They stole Rowby's actual track. Then they recorded their own before putting it in the domestic iTunes store. That is theft. Actual theft.


それでも諦めの悪いウィルは法廷で決着をつけると息巻きますが、アリシアは、ここはクライアントの意見を聞くべきだと指摘しました


But before you do something to satisfy your ego, I'd check with my client first.
自分のエゴを満足させる前に、私ならクライアントに意見を聞くわ。


この事件を引き受ける時、ウィルがアリシアをエゴの塊だと非難していたのが浮かびますね。ここに副題の「David and Goliath」が使われています。


Alicia will play it as David and Goliath because that's what she knows, that's what serves her ego.
アリシアは自分が強い者に立ち向かっていくという構図で自分のエゴを満たしている


I'll handle my client, you handle yours(僕のクライアントは僕がなんとかする~~)と言ったウィルの言葉尻は、すかさずプレストンが捕えました「Ours」(我々の、だ)


アリシアはもう(クッキーを盗んだ)子供は相手にせず、プレストンを揺さぶります


You got your hand caught in the cookie jar, Mr. Preston. You can't pretend the cookie jar doesn't exist.
クッキーの瓶に手を入れた現場を抑えられた=不正を指摘された上は、クッキーの瓶がなかったことにはできないわよ


ウィルはプレストンに別室へ呼び出され、勝利を確信したロウビーは、最大の功労者であるロビンを抱きしめました。片やマーシャルもケイリーに感謝の意を表したそうでしたが、さすがにハグはできなかったようです


いやいや、実に痛快でございました。これでプレストンも、二度とLGとは組みたくない~たとえロスにLGの事務所ができても~と肝に銘じたことでしょう


最初は簡単にサラリと見終わったので早く書けると思ったら、あれこれ引っかかりが出てきてあれこれ調べていたらついつい長くなってしまいました。調べれば調べるほど奥が深いな~と痛感させられますグッドワイフ5は続きもとっても楽しみですグッドワイフ5がめっちゃ面白い(^◇^)



グッド・ワイフを見るならアマゾンで!


~これまでのグッド・ワイフのあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: S1S2S3S4


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.