2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 伝説の魔女~愛を届けるベーカリー あらすじと感想、キャスト一覧


韓国ドラマ、【伝説の魔女~愛を届けるベーカリー】は31話と32話を視聴しました。これまた何とも驚きの種明かしでございましたね~。以下早速ネタバレです伝説の魔女のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


前回、ドヒョンが生きていたことにも驚きましたが、彼を保護していたのは、やはりエンナンだったのだそうです。じゃあヘリの事故で一人だけ助かったのかしらん?などと思っていましたが、それがまったく違っていたことが判明します。


当時、テサンはトジンが実の息子ではないという噂が広まっていたことを受けて、DNA鑑定を依頼したのだそうです。その結果をドヒョンが受け取ったと聞いたエンナンは急いでドヒョンの元に駆けつけて、テサンには決して言わないでほしいと頼んだそうです。


ドヒョンは、会社のイメージrが悪くなるから自分の口からは言わないと約束してくれましたが、それでもエンナンは不安でならなかったようで、ドヒョンに覚書を書いてほしいと迫ったのだとか。


その時ドヒョンは、工場でトラブルが起きたためにヘリで駆けつけるはずだったのをエンナンに引き留められ、その後を追おうと急いでいたところにこの電話がかかってきたらしく、かなりイライラしていたようです。そこへもって、トラックがいきなり突っ込んできたため、ドヒョンは重傷を負ってしまったようなのです


時を同じくして、先に飛び立ったはずのヘリが墜落したという連絡が入りました。エンナンは、事故に遭ったドヒョンを見て、いっそヘリの墜落で死んだことにしようと考えたらしいです。それでも、さすがに傷ついたドヒョンを放ってはおけず、病院に連れて行った後、ドヒョンが意識不明なのを良いことに、別荘に閉じ込めてしまったのだとか。


いやいやさすがは韓ドラですね~立て続けの偶然に思わず苦笑いが止められません。「運命のいたずら」というタイトルには、いやいや、いたずらのし過ぎでしょ、と言わずにいられませんね~


そのいたずらの極めつけは、2年を経た今、エンナンが復讐を完遂させようとしたこの時にドヒョンが目を覚ましたこと。しかも、ジュランがエンナンを見張らせていたため、この話はマ家に筒抜けとなってしまいます。ドヒョンが生きていた!!


こうしてドヒョンはマ家の経営するシンファ病院に搬送され、その姿を見たウォランを通してスインの知るところとなります。ウォランはジュランから固く口止めされていたのですが、ウォランが挙動不審なのに気づいたプングムが、白状させたのです。


信じられないだろうけど本当のことです。社長が生きていました!


その時スインはウソクと外出をしていたのですが、慌ててシンファ病院へ駆けつけていきます。嫌いで別れたわけじゃない夫が生きていたのですから当然ですよね。ドヒョンはスインを見てハッキリ認識していたようです。


とはいえ、ポンニョやウソクの仇というだけではなく、今や自分をも陥れたテサンを、スインが許せるとも思えません。なんともドヒョンが気の毒です


でもまあそちらは「いたずら好きの韓ドラの神様」に任せるとして、楽しかったのはやはりジュランとヨンオクです


ヨンオクはすっかりジュランを丸め込み、ついに40億ウォンの投資をさせてしまいました。でもあの説明を聞く限りでは、単なる寄付にしか聞こえませんでしたね~。「投資」という言葉も、寄付をすることでステータスをあげる=自分への投資と解釈できないこともありませんし


契約書も定款も読まずにサインしたジュランが、騙されたと知ってどんな顔をするのか、想像しただけで可笑しいですね


またジュランは、以前ポギョンにイチゴジュースを引っ掛けたことをその母に知られて顰蹙を買い、シンファグループの株をテサンではなく(ジュランの敵の)エンナンに譲られてしまいます。これでテサンからこっぴどく叱られたのは自業自得で楽しかったですが、自分の金じゃないからあまり懲りてないのですよね。


それが今回は、夫にも内緒で投資したのですから、これをすったとなれば、一文無しで追い出されちまうかもでござるねジュランの泣き顔が見たい( *´艸`)


またミオは、モデルにスカウトされたようです。以前は成功しなかったためトジンは懐疑的でしたが、感触は悪くないようでした。今や孤立無援のエンナンにも、誕生日に作ったわかめスープを受け取ってもらえたようです。あんなに可愛いクァンテンがいるのですもの、エンナンもいい加減に復讐など諦めればよいのにね


それに~こんな事言ったら興ざめかもしれませんけど、このエンナンの復讐は今一つ説得力が無いのですよ。だって、確かにテサンはひどいことをしたけれど、直接サンウを殺した訳じゃありませんよね。ウソクとポンニョへの仕打ちは紛れもない罪ですが、エンナンは、その後もずっとテサンの財産を使ってきたのに~と思うと、ちと首を傾げちまいます


さて、最後は大好きなプングムとウォランです


この度ウォランはプングムに、妹の結婚式に一緒に来てほしいと頼みました。両親のいない長男なのに、独り身では何かと肩身が狭いというのです。最初は渋々だったプングムも「打ち合わせ」と称して、新婚旅行の話や子供の話をした際、まるで現実であるかのように熱が入っていたのには大笑いでした


特に子供は、ウォランは3人が良いと言ったのに対し、プングムが経済的に大変だから2人で十分だと反論すると、ウォランはプングムの母親としての負担も大きいだろうからそれで妥協すると答え、プングムもそれに異を唱えなかったのが可笑しかったですよね。普段のプングムなら、芝居なのにそこまで真剣に考える必要はない、とか言いそうなのに。


それに、ウォランが金にうるさいのは、自分が親代わりになって妹たちの面倒を見たからなのではないでしょうかね~。どう見ても無駄遣いしているようには見えませんし。


いよいよこのふたりのゴールインも間近に迫ってきたようです


伝説の魔女は続きもとっても楽しみですね




これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.