2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

先日スタートした韓国ドラマ、【ウンヒの涙】も見てみました。おそらくは朝鮮戦争中に起きた悲劇を起点に展開されていく、という背景自体は決して嫌いではない、むしろ興味深いものですし、登場人物もそれなりになかなか好ましい雰囲気です


で~も~、長年この手の韓ドラを見てきたおばさんとしてはどーにもこーにも引っかかる気がしてなりません。以下、簡単なあらすじとネタバレ感想です


開城商事で働いていたチャ・ソック(パク・チャンファン~チャングム父@チャングムの誓い)は、ある時息子が肺炎で入院することになり、その入院費を工面するため、事務所に金策に行ったところ、たまたま会社の金を盗みに来た部長のイム・ドクス(ホン・イルグォン)ともみあいになり、誤ってドクスを殺してしまいます。正確に言うとこの時はまだ死んではおらず瀕死の重体です


そこへ、これまたたまたま通りかかって事務所に電気がついていることに不信を抱いたキム・ヒョンマン(イ・デヨン~ギジュン@スリーデイズ)が、瀕死のドクスを助け起こしたところ、ドクスが血を吐いて絶命してしまいます。


そこに、またしてもたまたま、ドクスの母で社長のイ・グムスン(パン・ヒョジョン~テヨン祖母@屋根部屋のプリンス)が通りかかり、この現場を目撃してしまいます


そこで、これまではずっとヒョンマンを信頼していたはずのクムスンが、ヒョンマンを息子殺しの犯人だと思い込んでしまいます


哀れなヒョンマンは、即、逮捕監禁されてしまいました


一方のソックは、まさか自分の代わりに親友のヒョンマンが濡れ衣を着せられていたなどとは思いもよらずにいたところ、翌日、ドクスが死んだと聞かされて唖然とします。しかも、ヒョンマンが殺したことになっているというではありませんか?


良心の呵責に耐えかねたソックは、妻に手紙を残し、警察に自首するつもりでした。が、そこでまたまたまた偶然にも、ヒョンマンの上に爆弾が投下され、世にも哀れなヒョンマンは、殺人犯の汚名を着せられたまま、あっけなく死亡してしまいますウンヒの涙は面白いのか?


その後、息子を亡くして孫とふたりで逃げることになったクムスンが世をはかなんで自殺しようとしていたのを(もうたまたま言いたない)ソックが助けたことで、ソックは命の恩人として「息子代わり」にイム家に迎えられることになったようです。残念ながら、人を殺してまで助けようとしたソックの息子は、戦時中に亡くなってしまいました。


20年後、クムスンは再び、今度は豆腐工場の社長となっていました。ソックはそこの工場長として、クムスンからも信頼されて働いている一方で、夫を無くしたヒョンマンの家族、妻のジョンオク(キム・ヘソン~チャングム母@チャングムの誓い)とウンヒ(キョン・スジン)は、貧しい暮らしを強いられてきたようです


最近、韓ドラを見る場合、自分の第六感を信じるようにしているおばさん的には、この、絵に描いたような理不尽展開は今後も続くに違いない、見れば見るほどか~なりイライラさせられるような予感がしてなりませぬ。大体、クムスンがヒョンマンを犯人扱いした時点でもうブチ切れそうでした。ソックが真相を話そうとしないのにもかなりイラッとさせられていますゼッタイにイライラさせられそうで気が重い(;´・ω・)


そこに加えて、クムスンの甥のイ・ベクス(チェ・ジュニョン~グァンウン@かぼちゃの花の純情)とその妻シン・ヘンジャ(チョン・ソヒ~ミン社長@トライアングル)は、そこにいるだけで腹立たしい存在なのです


まだ2話を見ただけでもそうなのですから、この先どうなるかは目に見えていますよね~。ジョンオクとウンヒはいずれきっと、クムスンからひどい仕打ちを受けるに違いない、それを見たソックも、決して本当のことが言えない、でも悪い人じゃないから心底苦しむに違いない


あ~考えただけで精神衛生上よくないのは分かっていますが、20年後に登場したジョンテ(チョン・ミンジン)がイイ感じでついつい止められずにいます。ソックも、繰り返しになって恐縮ですが、本当はとても良い人なのですよね~それだけに余計にもどかしいのですが


この先見続けようか、それとも、あまりイラッとする前に止めようか~とここ数日悩みに悩んでいます。今のところ、この手のドラマからは早く逃げ出した方がいい~が8割がたというところです。本日放送の3話が決め手になるかもしれません。 3話を見た結果、ウンヒがまた実に可愛い子だったので、見続けることにいたしました とも思いましたが、やはり、先が見えすぎて憂鬱なので~無駄にイライラしたくないので、ここはキッパリ断念することにいたしました


とりあえず本日は、このもやっとした気分を吐きだしたくて、一筆したためさせていただきました。今はただ、この予感が見事に外れてくれることを願うばかりでござりまする


~これはおばさんの「ぼやき」なので、コメント欄は閉じさせていただきまする~


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.