2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 伝説の魔女~愛を届けるベーカリー あらすじと感想、キャスト一覧


韓国ドラマ、【伝説の魔女~愛を届けるベーカリー】は39話もまた、違った意味で、腹立たしかったですね。以下すぐにネタバレです伝説の魔女のネタバレ行きますよ~( `ー´)ノ


やはりドヒョンはあのまま帰らぬ人となってしまいました。が、救急車で運ばれてしばらくは生き永らえてくれて、そこに駆けつけて来たスインを見ながら逝けたのがせめてもの救いです。も~こんな風に殺されるんじゃ、いったい何のために意識を取り戻したか分かりませんねドヒョンが可哀想すぎ(;´・ω・)


しかもテサンは、これで改心したかと思いきや、まったくさにあらずで、ウソクを人殺し呼ばわりしたのです。お前さえ現れなければ、ドヒョンが苦しむことは無かった!なんて、も~言いがかりもいいとこですよテサンを許すな(`・ω・´)。これではドヒョンが浮かばれません。


が、ドヒョンは既にすべてを悟り、出頭前にちゃ~んとウソクに証拠を送っていたそうです。それがあればウソクは、自分の無実と、過去のスインへの冤罪も晴らせるようでしたね。ドヒョンはウソクに父の罪を詫びた上、スインをよろしく頼む、と言い添えていたそうです。も~ドヒョン、どんだけ良い人なんだ!!あ~死なないでほしかった


スインも、ドヒョンを気遣ってやれなかったことを激しく後悔していたようです。ウソクから貰った指輪も、どんなにドヒョンが頼んでも手放そうとしなかったのに、ついにウソクに返してしまいます。私のことは忘れてくださいそうなって当然だす(;´Д`)


ウソクとスインには可哀想だけれど、でも、個人的には、スインがたとえ一時でもそう決意してくれたのはちょっとだけ慰めになりました。あのままスインが笑ってウソクと幸せになってしまったら、ドヒョンがあまりにも可哀想すぎます。せめて、ドヒョンの喪が明けるまでは、2年前に戻ったつもりで、ドヒョンの御霊を弔ってほしい気持ちでいっぱいです。もはやドヒョンの姉(ジュランじゃなかよ)の気分です。


そんなスインの気持ちをポンニョも理解してくれたらしいのも何よりでした。そうそう、それでこそポンニョです


一方のウソクも、ドヒョンの気持ちを汲み取り、テサンを徹底追及しました。こうしてついにテサンは検察に連行されてしまいます


その頃スインたちは、ジュヒがカエデパンを模倣して安値で売っていたことを知り、猛然と抗議に出かけました。ヨンオクもいれて魔女たち5人でスクラムを組み、大声でシンファ製菓を罵ります卑怯者め!。しかもヨンオクは、ひそかに卵をポケットにしのばせてきて、ジュランやジュヒに投げつけました


最初は誰にも相手にされなかったものの、ちょうどテサンの逮捕に記者たちが集まっていたのを利用したのもナイスでしたね。何せ魔法ベーカリーは既にカエデパンの特許を出願中なのに、それを承知で横取りするなんて、信じられんわ~


ここは心底、あ~ドヒョンがこんな光景を見ずに済んでよかった、と思わずにいられませんでした。もちろん元気で生きていてくれたらそれに越したことはありませんが、あんなに弱っていたところで、最後にこの家族の体たらくを目にしながら、では、おばさんも当分立ち直れませんそれだけが難点でした


それ以外では、プングムとウォランは「グム」「ラン」と呼び合いもうアツアツです♪、ウォランの部屋で一緒に寝ていたところを大家に見つかって簡易宿を叩きだされてしまいました。事情を聞いたイムンは、快くふたりを家に迎え入れてくれます。ウソクの部屋に住むと良い。


またミオとトジンもようやくエンナンが許してくれて、一緒に住むことになったそうです


あ、そうそう、肝心なことを忘れていました。電柱というより、自分には「キリン」にしか見えないジュランが(また黄色い服が多いの)、ついにその尻尾をつかまれてしまうようです。ジュランが以前、魔法ベーカリーのトラックを盗ませた男が捕まって、これまでの余罪を洗いざらい自白させられたようなのです。むはははは~これでジュランもついに「韓国女子刑務所」にぶち込まれるのでしょうか?ジュヒと一緒に、そして親子で刑務所に行け!!


相変わらずドヒョンを悼む気持ちは変わりませんが、どうやら今日は気持ちよく最終回を迎えられそうです伝説の魔女もいよいよラストスパート!




これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.