このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

立花登青春手控え
 時代劇・歴史モノ

立花登青春手控え あらすじと感想 第1話 雨上がり こんな時代劇を待ってました

昨夜からスタートしたBS時代劇、【立花登青春手控え】を見てみました。いや~これは期待通りの作品で大満足でした。こんな風にしっとりとした人情味のある時代劇が見たかったんですよね~


主演の溝端淳平さんを最初に拝見したのは「新参者」で、次は「昨夜のカレー、明日のパン」、最近では「わたしをみつけて」などが印象に残っていますが、時代劇もお似合いですね。サブキャラも、目立ち過ぎないけれどベテラン揃いで、しっかり脇を固めているのがまた安心して見ていられます


ストーリーは、特に奇をてらったところはまったくなくて、淡々とした展開なのですが、それもまたなんとも心地よいのですよね~さすがは藤沢周平作品です。咲き誇るようなあでやかさは無いけれど若葉の新緑がとても美しい、まさに今、この5月にピッタリの雰囲気です


と、最初からすっかり気に入ってしまった「立花登青春手控え」のあらすじをネタバレで簡単にまとめておきます立花登・青春手控えのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


立花登(溝端淳平)は、出羽国亀田藩で両親と暮らす次男坊でしたが、医学所を卒業したのをきっかけに、江戸に住む叔父、小牧玄庵(古谷一行)を頼って上京することになりました。母のなを(音無美紀子)曰く、なをの弟である玄庵は、幼くして神童と騒がれ、24で江戸に出てからは独力で開業し、今や公儀の御用を務めるまでになっていたのだそうです。


なをからは道中の握り飯を、父からは、いざというときのためにと小遣いをもらって故郷を出発したのは、登が19歳、3年前のことだったそうです


登はその後、玄庵の家に居候の身となりました。普段は叔父の診療を手伝い~というよりほぼ任され、開いている時間には、柔術の道場に通ってその技を磨いています。鴨井左仲(峰蘭太郎)が道場主を務める鴨井道場では「龍虎」と呼ばれるほどの腕前だそうです


同輩の新谷弥助(高畑裕太)からは、末は、玄庵の娘でいとこのちえ(平祐奈)の婿になり、小牧家を継ぐのだろうと羨ましがられておりますが、登にその気はないようです。ちえもまたきかんきで、登を呼び捨てにしていました


それもこれも、叔母の松江(宮崎美子~西門静@ごちそうさん)が、登を下男代わりにこき使うからだと文句を言うのは、小牧家で唯一登の味方をしてくれる女中のきよ(鷲尾真知子~下宿の女将@坊ちゃん)です


登にご飯をよそいながら、登がどれほどこの小牧家で迫害されているかを嘆くシーンがまた可笑しかった


若先生が可哀想~お食事だっていつもひとりで台所で召しあがる。診察も往診も、牢屋敷まで肩代わりさせられているのに、先生は夕方になると友達の吉川先生の元に入り浸り~もしや女?


患者さんたちも皆口を揃えて若先生の方が丁寧でお上手だっておっしゃいます


が、登はあくまでも謙虚に、まだ見習いだから、と微笑みます。居候だから一人で食べた方が気が楽だ


そこへその玄庵がやってきて、登に小伝馬町の牢医者を任せると言い出しました。以前より願い出ていたのがようやく許可されたのだそうです。大体、牢医者などと言う者は、若くて気力のある者の方がよいに決まっておる。


玄庵は、牢の中にいる連中は皆悪い奴らばかりだ、人殺しに盗人、騙り、といわゆる人間のごみ溜めだ、と吐き捨てるように言いましたが、登は、生まれながらの悪人などいない、罪を犯すにはきっと人知れぬわけがあったに違いない、と反論します


玄庵はそんな登を「純真な田舎者」と冷やかす一方、好ましくもある、と続けてこう諭しました。わしの言うことが身に沁みて分かる時が来る


その後登は(きっと)ようやくこれで少しは認められた、金も少しは入ると思った(にちがいない)のもつかの間、松江がすかさず釘を刺します。本来なら、居候などおく余裕はない所を置いてやっているのだから、お上からいただく牢屋敷のお手当はすべてうちに納めるように。登は頷くしかありません


その牢屋敷には土橋桂順(正名僕蔵~井戸秀二@HERO)という先輩の医者がおりました。どうやら交代で務めるようですね。そしてその夜、人殺しで捕まって島送りを待っていた勝蔵(瀬川亮)という囚人が、腹が痛いと騒ぎ出しました。


同心の平塚平志郎(マキタスポーツ~行田万助@富士ファミリー)は、登を呼びつけるも、牢の中には一人で入れと命じます。勝蔵があまりにも痛がるため、外には連れ出せないというのです。


登が、おそらく叔父の言葉なども脳裏に浮かべながらも意を決して牢内に入り、勝蔵の診察をしようとしたその時、勝蔵は、腹は痛くないが頼みごとをするために呼んだと打ち明けました。


勝蔵は、仲間の伊四郎(山中聡)から10両を受け取って、恋人のおみつ(水崎綾女~パクチー嬢@つるかめ助産院)に渡してほしいと頼み込みます。勝蔵はもうじきそのおみつと所帯を持つはずだったのだそうです。


登は勝蔵のたっての願いを聞き入れて伊四郎を訪ね、その金を手に入れました。が、肝心のおみつは既にその伊四郎の女になっていたことが判明します


よくよく事情を聞いてみたところ、おみつは元々伊四郎とは長い付き合いで、勝蔵の方が後に現れたようでしたね。おみつはでも、自分を女郎扱いする伊四郎より、大切な女房にと考えてくれた勝蔵に心惹かれていたのに、伊四郎は勝蔵を陥れて、人殺しをさせてしまったらしい。おみつはそれを知りながらも、病気の妹を抱えて他に頼る者もなく、仕方なく伊四郎の女に甘んじていたようです。


深川、八名川町の岡っ引き・藤吉(石黒賢)と下っ引きの直蔵(波岡一喜)が言うには、勝蔵は本来堅気で腕の良い桶職人だったのだとか。それなのに、伊四郎からヤクザの仙太がおみつに岡惚れしたと聞いてかっとなり、仙太を殺して牢に入れられたのだそうです。相手がやくざ者だったことと、喧嘩を売ったのが仙太だったことから、死刑にはならずに島送りになったのだそう。


登は、すべての事情を呑み込んだ上で、勝蔵には何も言わないでほしいというおみつの願いを聞き入れました。勝三に見せる証文を差し出すと、おみつはそこに「三」という字を書きます。おみつは文字が読めないため、いつも自分の名の代わりに「三」と書いていたのだそうです。


登からこの証文を受け取った勝蔵が、男泣きに泣く姿が何とも痛ましかったですね。たかが10両では役には立たないだろうし、自分が不甲斐ないばかりにおみつを幸せにしてやれなかったと嘆く勝蔵が、何とも不憫でございました


そしてついに勝蔵が島送りになる日がやってきます。藤吉とともにこの様子を見守っていた登がふと横を見ると、そこにはおみつも来ていました。その視線の先には勝蔵の乗り込んだ船があり、勝蔵はその中で、おみつの書いた「三」の字を何度も何度も撫でさすっています。勝三はきっと島でもずっとそれを心の支えに生きていくに違いありません


おみつの裸足の足にぽつりと落ちたそのしずくは果たして、雨粒だったのか、それとも?綺麗なシーンだった(;O;)


おそらくは勝蔵が捕えられた夜が雨上がりだったのでしょう~それと相まって、何とも美しくも切ない光景でございました勝蔵が早く戻ってこれるといいな(;´・ω・)


立花登青春手控え」は全8回だそうです。これからは金曜8時が楽しみになりそうです立花登青春手控えが面白い(^◇^)


~見逃した方に朗報です。BSプレミアム毎週日曜の午後6時45分から再放送があるそうです



これは小説も面白そう


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は立花登青春手控えのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング