2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

グッド・ワイフ5の主な登場人物とキャストおよび各話のあらすじはこちらからご覧いただけます: グッド・ワイフ5 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧


グッド・ワイフ5の19話は「ゆがんだ絆」です。英語の副題は「Tying the Knot」(結び目を作る~転じて結婚する)と、これまた実に深いタイトルをつけてきましたね。いや~まさかグッドワイフで「日本の趣味」が論じられるとは思いも寄りませんでした。以下ネタバレのあらすじですグッドワイフ5のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回のFAのクライアントはコリン・スウィーニー(Dylan Baker)です。どうやら、スウィーニーの会社が他の会社と合併するらしく、それが成功すればFAではボーナスが振る舞われる、という状況のようです。具体的な会社名などは一切明らかにはされませんでしたが、スウィーニーの会社は動物実験をする製薬関係で、相手は動物愛護の活動家が経営に携わっていたようです。


今回スウィーニーは、その合併相手の経営陣らしいレナータ・エラード(Laura Benanti)と婚約すると発表しました。そのレナータが合併に承諾すれば、スウィーニーも契約書にサインすると答えています。が、問題は、このレナータのパートナーらしいモーガン・ドネリー(Jennifer Gambatese)が、動物愛護の立場からこの合併に反対しているらしいこと。


しかもそのドネリーが、スウィーニーの自宅のバスルームで首をつっているのが発見されます。スウィーニーの署名をもらいに来ていたアリシアもこの目撃者となりました


が、警察が調べたところによると、ドネリーは明らかに自殺ではなく、他の場所で殺された後に吊るされたらしいことが判明します。警察は当然スウィーニーを疑っています。これがまたいかにも疑わしいですし、以前にも騙されちまってますから、こちらとしても、警察同様、こーんな目で見ちまってます。いくらアリシアがスウィーニーではない、と言ってもどうにも信じられません


すると警察は、スウィーニーではなく、婚約者のレナータを容疑者として逮捕しました。どうやらレナータとモーガンは、SMプレイを楽しむ同志でもあったそうなのです。そういえば、スウィーニーが「Drugs and sexual therapy」を経費に計上していた話には苦笑いでした。どこぞの都知事さんはこんな恥ずかしい名目じゃなくてまだ幸いでしたね


そのSMプレイで飛び出したのが「縛り=Shibari」という日本の業です。詳細は控えますが、これは以前他のドラマ(トクボウ)で見ていたので知っていました


アリシアは証人ですし、ケイリーはスウィーニーの代理人であることから、FAではこのケースをダイアンに委託することにしたのですが、あのダイアンが大真面目な顔で「縛り」について語ったのも何だか気の毒でしたよね


今回は裁判の前の予備審問で、検察側にはフィン(=フィンリー)が登場しました。でもフィンにはまだウィルの死のトラウマが残っているようでしたね。何を見てもあの日の陰惨な現場が浮かんでくるようです


フィンは、カストロの陰謀で立て続けに自分の担当するケースから外されていたのですが、いきなりこの件を担当するよう命じられて、準備の期間も与えられず、審問に臨んだそうです。カストロはその様子を見て、君にはまだ復帰は無理な様だから私が代わる、と言い出したそう。全く汚い男でやんすね


が、わざわざ「州検事が直々に出張ったにもかかわらず、結局はダイアンの活躍でレナータは無罪になりました


本当はそのやり取りを少し詳しく書こうとも思っておったのですが、最後まで見てその気が失せてしまいます4。やはり、我々は皆、レナータとスウィーニーに騙されていたことが判明したからです


容疑の晴れたレナータはアリシアにこう囁きます


When Colin and I met, I wondered what we could possibly have in common. He's worldly in a way I could never be. He's experienced things I'd only read about. It made me wonder what it would feel like to watch the life drain from someone's eyes. Just one of the things Colin experienced that I had not. After this experience, this obstacle, Colin and I have so much more in common. I think it's gonna make for a much stronger marriage.
コリンと私が出会った時、あまりの共通点の無さに驚いた。住む世界があまりにも違っていた。彼の経験は私には読書でしか経験できないことばかり。命が消える瞬間を見るのはどんな気持ちだろうと思うようになった。コリンが経験済みで私が知らないこと。今回の経験を通してようやく私とコリンに共通点ができた。これで結婚の絆も強くなると思うわ。


Come on killer.
おいで、殺し屋


アリシアの、背筋にぞぉ~っと寒気が走るような顔が忘れられませんまたしても騙された!。いくら金のためでも、あの二人とは付き合ってほしくない気がします。今後いつ、弁護士を殺すのはどんな気分かしら?などと思われたらたまったものではありませんから


さて、少し戻ってカストロとフィンの話に参りますると、アリシアはフィンのためにとっておきの策を思いつきました。フィンがASA=検事補でいるうちは、カストロに人事権がありますが、フィンがもし次期州検事に立候補すれば、ライバル候補を解雇することはできないため、時間稼ぎができるというのです。もちろんフィンには州検事になる野心はありません。あくまでも一時しのぎの策です


最初は渋ったフィンでしたが、今回のレナータの件を横取りされたことには我慢ならず、アリシアの勧めに従うことにしました。立候補には7000人分の署名が必要だということで、アリシアは早速イーライに電話で依頼します。この時のイーライ、いかにも仕事ができる男で素敵でしたね~


アリシア:
Eli, it's Alicia. I need 7,000 signatures. How long will that take?
イーライ、アリシアよ。7000人分の署名が必要なの。どのぐらいかかる?


イーライ:
Cook County or Federal?
クック州?連邦?


アリシア:
Cook County.
クック州よ


イーライ:
Give me an hour.
1時間ください


これがでも、いわゆる机上の空論では無くなってしまったのがまた楽しかったのでござる。危機感を覚えたカストロは、あれほど前任者のピーターを馬鹿にしていたくせに、その支持を得たいとすり寄ってきたのです。ピーターは、カストロとアリシアとの確執を察し、即、その裏をかくことにしました。これはイーライにも読まれていたようですね


ピーターは記者会見の場でハッキリとこう明言したのです


My chief of staff has brought my attention to a new contender. In fact, he's even helped to gather signatures for this candidate. So, in the spirit of new blood, I would like to throw my support behind the newest candidate for the State's Attorney's Office, and his name is Finley Polmar.
私の参謀が新しい競争相手に注目し、その候補のために署名まで集めている。だから、新しい血を入れるためにも、州検事事務所で最も新しい候補、フィンリー・ポルマーを応援することにした


まさに~良い意味でアリシアとピーターは政治家ですね。ザックにもヒラリーとビルに例えられちまう訳です。いっそのことファイナルシーズン(S7)ではアリシアが大統領を目指す、って話にはならんのですかね~これはピーターとアリシアお似合いだと思うけどな(;´∀`)


彼らが仮面夫婦なのかどうかについては夫婦間の問題なので、他人がとやかく言うことではないと個人的には考えています。今回のアリシアの口ぶりでは、ピーターとのわだかまりが消えたわけではなさそうでしたが、わだかまりがまったくない(長年連れ添った)夫婦などこの世にいないと思いますよん


それよりも問題なのは、ザックが、またしても、マリファナをやっているのではないかと疑われた際、即、やっても当然だ、酒よりマシだとコメントしたオーウェンでしょうよ。甥を信じているなら、せめて本人に事実を確認してから発言しませんか?オーウェンがマリファナ解禁論者でも、甥もそうだとは限らんのですから。どーしてこーも短絡的なんでしょうね~この人は


ザックは無実だったようですが、実際にマリファナをやっていた友人のシャウナという女の子の証言が気になるところ。シャウナはザックが嘘をついている、と語っていたのです。以前からザックに付きまとうこのマリファナ疑惑が、ここでもまた炎上してしまうのでしょうか


あ~やはりコリン・スウィーニーが出てくると、あんまり後味良くないですね~。当分はグッドワイフを続けて見られそうなので、早く次を見てお口直しをしたいです


~これまでのグッド・ワイフのあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: S1S2S3S4


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.