2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

昨日スタートした韓国ドラマ、【華政ファジョン)】を見始めました。史劇ということで、以下若干史実的ネタバレが含まれていますので、その点あらかじめご了承くださいますように


脚本がキム・イヨンさんということだったので実はかなり心配していましたが、最初はまずまずの印象でした。キム・イヨンさんの作品はエンターテインメント性が強いため、それはそれで楽しめる時もあるのですが、時々おばさんのオタクレーダーが過敏に反応して暴走することがあるんだす


何せチャ・スンウォンさんの光海君に、キム・ジェウォンさんの仁祖ですからね~おばさんならずとも脚本や演出が暴走する可能性は高いですよね。でも逆に言うと、これぐらい覚悟して視聴に臨めば=過剰な期待をすることもなく、淡々と見ていけるのではないか、などとめずらしく達観している次第です


それに、同じ時代や君主を扱った別のドラマを見るのはやはりとても興味深いです。例えば宜祖や光海君なら「ホジュン」や「王の女」、仁祖なら「一枝梅」「推奴」「花たちの戦」などが印象に残っています。


また、おばさんが韓ドラを見始めた頃は既にもう光海君=聖君のイメージが強かったため、逆になぜ彼が暴君と呼ばれ、廟号すらつけてもらえなかったのか、今回はその辺りを検証するのも面白そうです。その昔、イ・ビョンフン監督が手掛けた「朝鮮王朝500年」の中には「暴君 光海君」という作品があるそうですよん。主演がイ・ヒドさんだそうなので、いつか見てみたいですね。


またこの華政の主人公は、光海君と仁祖という韓国時代劇ではお馴染みのキャラではなく、貞明公主(チョンミョンコンジュ/ていめいこうしゅ)らしいというのも気になっています


貞明公主は宜祖の継室=仁穆王后の長女らしいですが、ドラマの焦点は、彼女がいわゆる骨肉の争いの中をどう生き抜いていったのかにあてられていくようです。彼女がいずれ嫁ぐ相手=ホン・ジュウォン(洪柱元)も子役から登場していました。このホンは豊山洪氏ということなので、ホン・グギョン(洪国栄)や恵慶宮ホン氏(イ・サンの母)の親戚筋ですね


さて、前置きはそれぐらいにして、実際のドラマを見てまいりましょうか華政のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


時代はちょうど光海君(チャ・スンウォン)がクーデターを起こす直前のようでした宜祖(パク・ヨンギュ)が側室の恭嬪キム氏(コンビンママ~ですわね)に産ませた臨海君(チェ・ジョンファン)や光海君は疎んじられ、特に光海君は世子であるにもかかわらず、明からの承認が下りぬという理由で宜祖から激しく罵られておりました。本当に、その世子を誰が選んだって話ですよ


宜祖の側にはキム・ゲシ(金介屎、キム・ヨジン~チャンドク@チャングムの誓い)も控えています。王の女のケトンですよ~


ちょうど今「王の女」でケシ=介屎もまた「ケトン」と同じ意味(犬の糞)だと説明があったばかりだったのでここは大喜びでした。このキム尚宮もまた、皆さまよくご存じの朝鮮三大悪女と呼ばれる妖婦のひとりです。(通称は「三大悪女」だけど知る限りでは4人いますが・笑)


このキム尚宮同様、光海君を奉り、一気に王に擁立しようとしているのが大北(テブク)派と呼ばれる勢力だそうです。その代表格、領袖がイ・イチョム(チョン・ウンイン~テシク@烏鵲橋の兄弟たち)のようですね。


これに、光海君の妻ユ氏の兄=ユ・ヒブン(ユ・スンモク)や臨海君が加わるようです。余談ですが、ここでは臨海君役のチェ・ジョンファンさんが「王の女」ではユ・ヒブンを演じています。あ~またしても顔が混ざりまする


他にはイ・ウォニク(キム・チャンワン、仁祖@イルジメ)や、イ・ドッキョン(雅号は漢陰ハヌム、イ・ソンミン~サンシク@ミセン)、イ・ハンボク(雅号は鷺城オソン、パク・サンチュン@鄭道伝)、そして捕盗大将のホン・ヨン(オム・ヒョソプ~オ・チョルミン@ナイン)、漢城府判尹のカン・ジュソン(チョ・ソンハ~イ・ス@大王世宗)も光海君擁護派のようでしたね


そのホン・ヨンの息子が前述したホン・ジュウォン(子役~チェ・グォンス)です。親同士仲が良いため、ジュソンの息子のイヌ(イ・テウ~成宗子役@インス大妃)とジュウォンも仲が良かったようです。このふたりは既に第1話から貞明公主(子役ホ・ジョンウン)と出会っています


と、ここまででも、いかにも史劇らしく情報てんこ盛りでしたが、ここにさらに面白い要素が加えられていました。それが、即身仏となった予言者ナム・サゴ(チョン・ムソン~トゥドゥウル@武人時代)が遺した文書です。その意味は(公式サイト曰く)「純粋な血統の者だけがこの世の真の主となる」ということなのだとか?


イ・ドッキョンが幼い頃(ナム・ダルム~ハミョン子役@ピノキオ)、このナム・サゴと、同じく予言者のイ・ジハムが話しているのを見たことがあるのだそうです。即身仏、いわゆるミイラの腕にはまっていた数珠が、ナム・サゴの物だったのだとか


「純粋な血統」という字面だけ見れば、いわゆる嫡流を指すような気がする、つまりは光海君や仁祖は当てはまらないような気がしますが、それが今後のお楽しみなのでしょうね


ドラマの中でも、宜祖が太祖(イ・ソンゲ)の話を持ち出していましたね。宜祖は、側室の産んだ光海君ではなく、仁穆王后(シン・ウンジョン~ジヨン@ミセン)が産んだ永昌大君(ヒョンス@ママ~最後の贈り物)を世継にしたいのです


宜祖はいかにももっともらしく「廃仮立真」(ペガイプチン~偽物を排して本物を立てた)などと言いだして、ソンゲが、父の素性が明確でない王昌を廃して恭譲王を擁立した、と力説していましたが、でもあれは、王昌の父=王禑の父が恭愍王ではなく宰相の辛旽だからという理由であって、側室の産んだ子を「偽物」よばわりするなどこじつけもいいとこです。そんなことなら最初から側室など持たねばよいのでござる


側室と言えば、光海君の母、恭嬪キム氏の後の仁嬪キム氏(ヤンファダン)の息子=定遠君(イ・ブ、チャン・スンジョ~ボングン@ライアーゲーム)やその妹の貞慎翁主も登場していました~王の女では今ちょうどヤンファダンがこの貞慎翁主を妊娠中です。またこの定遠君は仁祖の父になる人物です。


と、目についたのはこれぐらいだったでしょうか。さすがに時代劇は登場人物が多いですね


全65話ということで、どう考えても毎日書くのは無理そうですが、また何か気になる展開があったらまとめさせていただきまする華政は続きもとっても楽しみです華政が楽しみ♪


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
きのこ  
華政見はじめました

かねてから正統派時代劇ということで気になっていました。
しかも主人公が貞明公主ということで、これもまた見たい要素になっています。
全65話と私にしては少々長めで不安ではありますが(笑)、1週間分をビデオにとりためて一気見していく予定です。
イニョプもちゃんと見てますよ~ こちらは1時間があっという間に終わってしまいます。ますます面白くなっていますね!
最後までご一緒できますように・・・

2016/05/27 (Fri) 16:54 | EDIT | REPLY |   
きのこさんへ  
いつもありがとうございます♪

きのこさん、こんにちは♪
いつもブログをご利用いただきましてありがとうございます。

時代劇が面白いとドラマライフが充実しますよね。
面白くなってくれるとよいですね(^◇^)。こん

2016/05/27 (Fri) 18:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.