2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

美女の誕生のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 美女の誕生 あらすじと感想、登場人物一覧


韓国ドラマ、【美女の誕生】、本日は21話です。ミニョクとガンジュン、そしてチェヨンたちに行く手を阻まれてちと辛い展開になっていますが、その中でガンジュンがミニョクとチェヨンも敵に回しているのはなかなか痛快だったりしますよね。以下簡単なネタバレです美女の誕生のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


自分がいなくてもクムランが「笑って」働いていたことにショックを受けたテヒは黙って帰ろうとしましたが、これまでのクムランの言動を思い出すにつれ、やはり思いきれません。どうしても会いたい、会って話がしたくてたまりません


Uターンして戻ったテヒは、クムランとミニョクが話をしている姿を目撃しました。ミニョクは、テヒがウィナーフードから手を引いたため、ウィナーフードに破産宣告が下ると伝えに来たのですが、テヒにはそれが分かりません。


すっかり憔悴した様子のテヒを思わず心配するクムランに、テヒは、クムランがいなくなったから、何もする気が起きないとこぼしました。するとクムランは、ここがおばちゃんのおばちゃんたるゆえんですが、そんなテヒを鼓舞しようと、わざと突き放します


私はもうあなたになんか会いたくないわ!


テヒは、なぜミニョクなんだと追いすがりますが、クムランは、もう別れたのだから説明する義務はないと切り捨てました。


ここずっと疑問なんですけどね、なぜテヒはクムランにミニョクとの関係(悪縁)を説明しないのか、がイラッとさせられませんか。ミニョクは愛人の子どもで、マンドクを陥れてウィナーグループを乗っ取ろうとしているんだ、ってなんでハッキリ言わんのかしらね


怒ったテヒは帰ってしまい、残されたクムランは、テヒとウィナーフードのことが気になってなりません。


その後、今度はガンジュンがやってきました。ガンジュンは、チェヨンにビルを取られた上、クムラン殺害の証拠を握られて脅されているから、クムランは生きていると証言してほしいと言ってきたのです。まったくどこまで図々しい男なんだ!


そこにヨオクが戻ってきてガンジュンを罵りますが、そんなことで引き下がるガンジュンではありません。ヨオクが真相を知ったと知って、尚更圧力をかけてきます


ヨボ、お前は親思いだろう?親の事を考えろ。


また、ミニョクもさらなる手を回してきました。労組に命じてテヒを訴えるよう脅したのです。でもこれも、クムランの気を引きたかっただけのようですね。


案の定クムランは早速ミニョクに助けを求めてきました。今は心の整理がつかないだけです。どうかテヒさんを助けてください!


ミニョクは、してやったりと、クムランに取引を持ちかけてきます。テヒは弟だからもちろん助けるつもりだが、ここで私と取引をしないか?


こうしてミニョクはテヒをウィナーグループ本社の専属モデルにしたそうです


その後ガンジュンがまたクムランを脅してきたため、クムランはまたしてもミニョクに助けを求めました。テヒを襲ったのはイ・ガンジュンに違いありません!!


これをまたミニョクがもっともらしく聞いていて、ガンジュンには近づかないように、と釘を刺したのが笑えましたね。これを目の前で電話されたガンジュンは、さすがにミニョクを疑っていたようです。もうこの辺は悪人同士、せいぜい潰し合っていただきたいですマンドクも腹立つわ~(`・ω・´)


一方のテヒはようやく奮起してウィナーフードを立てなおそうとします。が、一旦会社を見捨てようとしたテヒに対し、労組を初めとする社員たちは皆非協力的で、当初はクムランが作るはずだった新商品の「おにぎり」も、ホテルの仕事で忙しい他のシェフに依頼せざるを得なかったようです。


それを知ったクムランは、そのシェフにこっそり協力を申し出ました。自分がおにぎりを作るけれど、テヒには内緒にしてほしいと頼み込みます。


暖房すらない開発室で、クムランはひとりで料理を作っていました。依頼したシェフが開発室で料理をしていると思い込んだテヒは、寒い場所での作業を申し訳なく思い、温かい差し入れを持ってやってきますが、そこにいたのはクムランでした。どうやらクムランは牛骨を煮込んだスープで米を炊こうとしていたようです。


クムランは慌てて、ミニョクに頼まれたから仕方なく手伝っただけだと言い訳しました。だから、時間をかけて煮込んだスープで炊いた米で作ったとびきり美味しいはずのおにぎりも、テヒに誤解されてしまいます


料理には作った人の愛情や誠意が現れる。おばさんはミニョクに頼まれたて渋々作っただけだから、その料理には心がこもっていない!


でも、その味は裏切らなかったようですね。スパイ=ミニョクに頼まれたクムランでは何を作るか分かったものではない、と「見張って」いたテヒが、おにぎりを頬張った時の表情もまた嘘をつけませんでした。それでも素直にはなれません。まあまあだ


クムランは、信じようと信じまいとそちらの勝手だと後片付けを始めたところ、熱くなった鍋で手を火傷してしまいました。さすがのテヒも放っておけず、クムランの手を冷水につけていたところをミニョクに見られてしまいます。どんなにミニョクがクムランを好きでも、決して叶わぬ恋なのですから、いー加減に諦めればよい物を


そのためにもクムランが早くミニョクの正体に気づけばいいのですけどね~あ~イライラする


美女の誕生も残すところあと4話となりました。続きもとっても楽しみですね


美女の誕生DVD-BOX1美女の誕生DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.