このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

匂いを見る少女
 ラブコメ

匂いを見る少女 あらすじと感想 第2&3話 チョリムとムガク

匂いを見る少女のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 匂いを見る少女 あらすじと感想、登場人物一覧


韓国ドラマ、【匂いを見る少女】もようやく2話と3話を視聴しました。第1話の印象通り、実に楽しいドラマですね~。大好きなラブコメ要素ミステリー要素の両方が楽しめて大満足のおばさんです。以下、2話「お笑いコンビ結成!」と3話「怪物と宇宙人」のあらすじとネタバレ(早くも妄想)を簡単にまとめさせていただきました匂いを見る少女のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ



-目次-




【第2話 お笑いコンビ結成!】


この副題通り、劇団「カエル」の品評会で発表する漫才の相方を探していたチョリムは、ふと、ムガクが適任だと思いつきます。サウナで男性の更衣室に潜入したチョリムに対する見事な「芝居」を思い出したのです


そこでチョリムは、車の修理代をタダにする代わりに漫才の相方になってほしいと切り出しました。当然ムガクが承諾するはずもありません


一方ムガクはその頃カン・ヒョク係長から、どうしても強力係に加わりたいなら10年前の事件を解決したら考えてやると言われて困っていました。どう考えても10年前の事件ではハードルが高すぎると考えたムガクが、ちょうどチョリムと別れた後にカン係長にメールを送ったのが、どういう訳がチョリムに届いていしまいます


それを見たチョリムは早速戻ってきて、自分になら10年前の事件も解決できる~美容院強盗も、私のおかげで逮捕できたじゃないか、と持ちかけました


そこでムガクは、かねてから抱いていた疑問をずばりぶつけます。どうして「勘」だけで犯人の居場所が分かったんだ?


それにチョリムは、ムガクが待ち合わせの場所に来る直前に食べてきたものも全て言い当てていたのだそうです。チョリムは、犬のように鼻が利くだけだとごまかしましたが、ムガクは、臭いを言い当てる時のチョリムの鼻が動いていないと指摘しました


チョリムはついに自分の能力を打ち明けます。私は匂いを嗅ぐのではなく、目で見るの匂いを見る少女なの('ω')ノ


最初は信じなかったムガクも、チョリンの鼻に詰め物をしたり、ガラス越しに匂いを当てさせることでようやく納得しました


こうしてムガクはチョリムの提案を承諾します。何せムガクには、ウンソルの仇を討つという目的がありますから、そのためなら、ギャグだろうが漫才だろうが何でも来い!という覚悟なのです。


こうして「お笑いコンビが結成される一方で、警察では新たな動きがありました。


本庁からヨム・ミ警部補(ユン・ジンソ~ウォルヒ@美賊イルジメ伝)というプロファイラーがやってきて、今月起きる「失踪事件」にはことさら注意を払うよう命じたのです。それはこのヨム・ミが4年間ずっと追い続けている「バーコード連続殺人事件」の前触れかもしれないからだそうです


これまでの被害者は皆失踪が確認された7日目に遺体で発見されているそうです。しかも全員、死亡推定日時は、遺体が発見される1日前なのだとか。つまり、拉致されて6日後に殺されて翌日に発見されるということです。死因は全て窒息であり、その手首には「バーコード」のような模様が刻まれていたそうです


ここで映った被害者のうち、「3年前の済州島~40代海女夫婦殺人事件」の被害者は間違いなくチョリム、否、チェ・ウンソルの両親でしたが、ここではまだ誰も気づいていません。そう言えばあの両親も、見つかったのは家の中ではありませんでしたよね


ヨム・ミがこのバーコード連続殺人事件について話した捜査会議には、ちゃっかりムガクも参加していました。カン係長は怒ってムガクを追い出そうとしますが、たまたま人手が足りなかったことから、刑事のタク・ジソク(チェ・ジェファン~ウンス@パスタ~恋が出来るまで~)が、ムガクを連れ出してくれます


今回失踪したのはモデルのチュ・マリ(パク・ハンビョル~ハナ@大切に育てた娘ハナ)で、その通話記録から、ついに「あの男」に辿り着きました。なんとあの白衣の男は「チョン・ベッキョン」という痛症医学科の医師で、以前ムガクが治療に行った病院の院長だったのだそうです


ベッキョンは4日間休みを取って済州島に旅行に行って留守でしたが、マリはベッキョンの患者だと言うことが明らかになりました。しかもどうやらベッキョンはこの時済州島ではなくソウルにいるらしい映像も流されます


その後ムガクは早速チョリムを連れて聞き込みに行きました。チョリムは、マリが使っていたという特別な香水の匂いを見て、その後の手掛かりにしていきます


が、最初にチョリムがその匂いの痕跡を見た人物は、クォン・ジェヒ(ナムグン・ミン~マル@私の心が聞こえる?)というマリの恋人で、レストランのシェフ兼オーナーでした。


ジェヒは、ムガクがチョリムの話を信じて即逮捕に及ぼうとしたのも許してくれて、一刻も早くマリを捜してほしいととても心配そうでした。ジェヒはちょうどアメリカに出張していたため、アリバイは完璧なのだそうです。このジェヒも、一見優しそうなだけに、ちと引っかかるところですが


その後マリのクレジットカードが使われたことからその財布が発見され、ムガクとチョリムはその財布の匂いから、マリがいたと思われる現場に辿り着きました。が、何せすべてはチョリムが見つけたことですから、いかんせん説得力がありません


え?財布は本当は川の中に落ちていたのを犬がくわえてきて人目につくところに置いただと?


実はマリはどうやら病院のような場所に監禁された後、車の中に放置されていたのが、たまたまそこにやってきたカップルの車に追突されて、川に落ちてしまったようです。その現場には、衝突された衝撃で壊れたテールランプなどの部品が散乱し、チョリムもまた、そこに残ったマリの残り香から、その遺体が川の中にあると確信していたようです


と、ついついミステリー要素に目が行きがちなんですが、それ以外も~ムガクとチョリムの漫才もとっても楽しかったですね。特にムガクのバカっぷりには、団長も驚いていたようです。果たしてこのコンビは正式に認められるのでしょうか?匂いを見る少女はコメディも楽しい(^◇^)



▲目次に戻る



【第3話 怪物と宇宙人】


次はラブコメ部分から参りましょうか


ムガクにはコメディアンとしての素養が大いにあると確信したチョリムは、ムガクに部分ハゲのカツラをかぶせることを思いつきます


最初は嫌がっていたムガクが、ついつい熱心に練習しちゃうのがまた可笑しかったですよね。しかも警察内のマジックミラーがある部屋で、真剣な顔してダーっも~ムガク可笑しすぎ( *´艸`)!!って。隣の部屋で偶然それを目にしたヨム・ミも思わず吹き出すほどの可笑しさですムガクへの疑いも吹き飛びました


チョリムが、ひどい臭いを見なくて済むよういつも持ち歩いていたサングラスが壊れた時も、ムガクがこっそり新しい品、しかも本物のブランド品を購入してくれたらしいのも嬉しかったですね。そんな時でさえ、むっつり顔を崩さないのもいかにもムガクらしいです


でも結局ムガクは捜査の方を優先してしまったため、品評会には出られませんでした。チョリムは怒った団長から劇団を追放されてしまいます


その一方で、ムガクとチョリムの縁は一層明白になりました


まず、第1話の様子から、おばさんはてっきり、チョリムことチェ・ウンソルと、ムガクの妹のウンソルは同じ日に同じ病院に運ばれたのだと思い込んでいましたが、そうではなかったことが判明します。ウンソルが殺されたのが先で、チョリムが病院に運ばれたのはそのずっと後だったようです。


が、チョリムが病院に運ばれた時、同じ病院にムガクも運ばれたそうです。ムガクは、唯一の肉親で心の底から可愛がっていたウンソルが殺された後不眠症に悩まされ、あろうことか水族館の水槽の中で気を失ったために、救急車で病院に運ばれたのだとか。担架に乗せられた二人は、廊下ですれ違っていたそうです


そしてチョリムは、意識を失って193日後に「匂いが見える」ようになり、ムガクもまた10日後に目覚めた時には「無痛症」どころか、すべての感覚を失ったのだそうです。ムガクが大食漢なのも、この無感覚と心の痛みが原因のようです


今回チョリムとムガクが一緒に焼き肉を食べていた際、チョリムの左目のコンタクトが外れたことから、その「青い目」に驚いた子どもがチョリムを「怪物/宇宙人」呼ばわりしました。店を飛び出したチョリムを追ってきたムガクは、自分も「怪物で宇宙人だ」、と言って、チョリムにこの話を明かしたのです


意外な共通点を持つ二人~どちらも「感覚」に関する異常であることから、どちらも、痛症医学を研究するチョン・ベッキョンの実験台になったのでは?などと妄想が広がってしまいます


さらに言うなら、被害者の手首に残された「バーコード」も、ムガクが指摘したように、本物のバーコードであり、殺された被害者たちは皆「痛み=感覚」の実験のために殺されたのかもしれません。その実験に6日間かかっていたのではありませんか? ベッキョンがいまだにチョリムを追っているらしいのも、実験の成果を確認したいからなのでは??~なんちって


と、はた迷惑な妄想はさておき、ここではついにチュ・マリの遺体が発見されました。その腕にはバーコードが刻まれていたことから、これまた以前の連続殺人犯と同一犯の仕業に違いありません。ヨム・ミがこの捜査の指揮を執ることになり、ひとりでここまでたどり着いたムガクも捜査チームに加わることになりました。


捜査の結果、マリが毎日欠かさずつけていた日記が何者かに持ち去られたらしいことが明らかになります。マリはこの日記を箱に閉まっていたらしいのですが、その鍵はマリ自身が飲みこんでいて司法解剖によって胃の中から発見されたそうです。でもあんなに小さな箱なら箱ごと持ち去って壊しても良さそうですけど~あ、またしても無粋なことを


ムガクはベッキョンが怪しいと絞り込みましたが、いかんせん「アリバイ」が崩せません。そこでムガクは、ベッキョンはずっと済州島にいたのではなく、ソウルに戻ってきてマリを殺害したのではないかと思いつきます。これは酔っぱらったチョリムが、ムガクをあちこち引っ張りまわしたことから気づいたことです。


そしてそのチョリムがムガクの後を付いてきたため、ヨム・ミがチョリムと対面することになりました。ヨム・ミは、目の前にいるチョリムが、3年前に殺された夫婦の娘=チェ・ウンソルにそっくりだと気づいたところで第3話は終了です


さ~て今日はどうなるかな。「匂いを見る少女」は続きもとっても楽しみですね匂いを見る少女が面白い(^◇^)



▲目次に戻る



匂いを見る少女 Blu-ray SET1匂いを見る少女 Blu-ray SET2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は匂いを見る少女のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

大好きなシーン
こんさん、こんにちは♪
我慢できず来てしまいました(^o^)

カフェのガラス越しにテストを受けるシーン、二人共可愛くて私の大好きなシーンのひとつです♡
それとマジックミラーで見られているのを知らずにムガクがギャグの練習をするところ!ヨンミが吹き出したのは演技では無いように思えてなりません笑


ホントにチョリムが可愛くて可愛くて~
このドラマですっかりシンセギョンちゃんに親しみを持ってしまいました。

ムリムカップルも事件の続きもドキドキですね!!
ミントキャンディ♡
りいこさん、いらっしゃいませ~♪
んも~いつだって我慢などしなくていいのでござるよ~(^◇^)。

あのミントキャンディのシーン、本当に可愛かったですね。
コップの中じゃなくて、ムガクの口の中だなんて~ぷぷ( *´艸`)。

ヨンミが吹き出したのも、
おっしゃる通りゼッタイ「素」でしたよね~。

そうそう、シン・セギョンちゃんって
アタイが見てきたキャラは暗めが多かったのですよvv。
でもチョリムは本当に可愛くて私もすっかり気に入りました。

おぉ~「ムリムカップル」とはまた可愛いネーミングですね^^。
いつか使わせていただきますね(^_-)。

今日はどうなったのかな~続きを見るのが楽しみです(^^)/。こん
ネムボソ
こんさん、ありがとうございます(;_;)

調子に乗って知らないうちにいらん先のことまで言いそうで我慢してます笑

屋根部屋のプリンスがオクセジャと呼ばれていたようにこのドラマのタイトルも「ネムボソ」と称されていました♪
ムリムとか、カップル名も韓国では略するのが多いみたいですね!!
わたしも知ったかぶりで言ってみました(^o^)

こんさん、一話の感想の時にセギョンちゃんについておっしゃってましたね。
わたしもなんかのドラマで見たことのある女優さんだ、というぐらいしか認識してなかったんです。

ヨンミ役の女優さんはこのドラマで初めて見ましたがすっかりファンです笑

何度みても楽しいです。このドラマは~
ユチョンは良い作品を選んでくれたなぁと思います♪
いつも貴重な情報をありがとうございます♪
りいこさん、貴重な追加情報をありがとうございます♪

おぉ~今度は「ネムボソ」というのですね。

なにせオリジナルを知らなかったので一応ググりましたが、
「ネムセルルボヌンソニョ」ではゼッタイ覚えられませんね(;´∀`)。
「ネムボソ」もかなり怪しいですが(ネムボシとか言いそうで・汗)。

「ムリム」は響きが可愛いですね~こちらはバッチリ入りました(^^)/。

ヨム・ミ役のユン・ジンソさんは、もうだいぶ前に1度見ただけですが、
凛とした感じで素敵な女優さんだな~という印象があります。
古典的な韓国美女系ですよね。

以前の役(美賊イルジメ伝)では笑わない人のイメージでしたが、
今回の役は、頬を赤らめて恥ずかしそうに笑うのが印象的です。

子役でヒョン・スンミンちゃんという子がいるのですけど、
あまりにも二人の雰囲気が似ていて(画像検索すると一目瞭然)、
思わず母娘かと思ったけど違うみたいです(笑。

昨日のエピも見ましたよ~もう、ものすご~く楽しかったですv-9
後でうるさく語りますです~v-16。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング