2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

匂いを見る少女のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 匂いを見る少女 あらすじと感想、登場人物一覧


韓国ドラマ、【匂いを見る少女】の第6話は「出せない手紙」です。いや~これには驚きました。なんとな~くそんな雰囲気もしていたけど、でもやっぱり驚きました。以下早速ネタバレです匂いを見る少女のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


なんとですね~バーコード殺人の犯人はベッキョンではなく、クォン・ジェヒだったことが明らかになりました。そしてあのバーコードにもちゃんと意味があった、実際に使用できるものだったそうです


全部で13桁ある数字のうち、バーコードの最初に「978」とあるのは書籍、すなわちISBNを意味しており、次に続くのはグループコード、韓国だと89(日本なら4)、次は出版社、ここでは「86755」、書名コード(書名識別番号)と続きます。最初の被害者の教授の書名コードは01、2番目の海女夫婦は02、3番目の登山家は03、4番目の巫女は04、そして最後のチュ・マリは05と判別できたそうです。


例) 978 89 86755 01


ジェヒはかなり立派な私設図書館を持っていたようで、そこに、この01から05の本を飾っていました。ブックエンドがどうやらアフロディーテの顔を2つに分けたらしいのもいかにも殺人鬼らしく悪趣味ですし、各書籍には、自分で印刷したバーコードのシールを張り付けているという念の入れようです。つまり、遺体の手に刻んだように、本にも同じバーコードが貼ってあるということです。


そして今回そこに新たな犠牲者の本が加わりました。6番目の被害者、それが気の毒なチョン・ベッキョンです。表紙にはチョン・ベッキョンという名と生存期間が金文字でくっきり刻印されていました。


ベッキョンが殺された経緯は以下の通りです


前回ベッキョンがジェヒに頼まれて家から持ち出したワインの箱には、マリの日記が入っていました。だからマリの残り香が移っていたのです


セネガルにボランティアに行くことを決めたベッキョンは、このワインの箱を誤って業者に託してしまったため、連絡をして戻してもらったところ、中身を確認してサインをしてほしいと頼まれました。箱を開けたベッキョンは、中身が帳簿などではなくマリの日記、しかもその中に、遺体の手首に刻まれたバーコードの写真が挟んであるのを目にして驚いてしまいます。その際、箱を開けた時に切った指の血が写真についてしまいます


ベッキョンはそ知らぬふりをして箱をジェヒに返しましたが、その時、手を切ったのを見られたこと、そして後にジェヒがマリの日記を取り出して中を見た時、バーコードの写真に血がついていたことから、ジェヒはベッキョンに真相を知られたと悟り、ベッキョンを殺してしまいます。殺したシーンは無かったし、遺体も発見されていませんが、「ベッキョン」の本を書棚に納めたことからまず間違いないと思われまする


結局はバーコード殺人事件の犯人ではなかったベッキョンが、なぜあれほどチョリムに執着していたのかもようやく明らかにされました。ベッキョンは、チョリムの心臓を妻に移植したいと考えていたのだそうです。チョリムの回復は当時絶望視されていたため、ベッキョンがそう考えるのも無理からぬことではありますよね。


が、これが奇跡的に回復したため、ベッキョンはチョリムを殺そうとさえしたのだそうです。でもさすがに医師として、人間として、チョリムを殺すことはできなかったそうです


今やチェ・ウンソルではなく、新しいオ・チョリムとして楽しそうに生きているチョリムに今さら自分の罪を告白したところで苦しめるだけだと悟ったベッキョンは、告白の手紙を書くだけ書いて投かんしないことに決めました。そしてその手紙は、ベッキョンが荷造りをした箱の中に紛れ込んでいます。ということは、いずれはセネガルに届いたのが送り返されてきて見つかるのかな。


ということは~ですよ、真犯人のジェヒはまだ、チョリムが「目撃者のチェ・ウンソル」だと気づいていないということでしょうか。3年前だったら、チョリム(ウンソル)の顔を見て覚えていそうな気もしますが。髪型もまったく変わっていませんでしたしね


いずれにしても、今後はチョリムの身が心配でござる匂いを見る少女が面白い(^◇^)


そのチョリムですが、前回の最後に期待されたポッポは、残念ながら未遂に終わってしまいました。その上チョリムは、ムガクのウンソルへのメッセージが録音されたぬいぐるみをもらうことができなかったため、わざと「おまけ」なんかいらないと、スウェットの帽子にぬいぐるみを置いてきてしまいます。


そう教えられたムガクがムキになってチョリムをやり込めようとしたのがまた可愛かったですね。どちらがおまけだなんてどうしてわかるんだ


チョリムがそんなのは分かって当然だと反論すると、わざわざジェヒの店までやってきて、頼むとおまけにもう1杯付いてくるワインを注文し、どちらが金を払ったものでどちらがおまけだ、と意地悪します。も~昔からああやってウンソルをからかっては可愛がっていたのですね


それ以外では、前回の功績をたたえられたカン係長が、金一封をもらったのに独り占めしようとしたのがいかにも係長らしくて大笑いでした。が、それを帽子に隠していたために、チョリムに見つかってしまいます。チョリムはちょうど、劇団のために警官の制服を借りに来たのですが、うっかりそれを落としたところで、間違って係長の帽子を拾ってしまったのです


これで嘘がばれた係長は、誰かさんと違って潔く()、皆に地鶏鍋を奢ることにしました。これにチョリムも同行し、皆でたらふく鍋を楽しんだ後、またしてもチョリムとムガクが活躍します


チョリムは「地鶏鍋の店なのにラーメンの匂いがする」と言い、店から出てきたおばあさんからも大金の匂いがしたと語っていたのですが、これに加えてキ刑事が、見た目の広さより店内がヤケに狭かったと指摘したのです


踏み込んでみると、なんとその店は賭博場だったことが判明しました。これまたカン係長のお手柄にしたところがムガクは実に憎いでござるね


その後ムガクがチョリムに、改めて、もう捜査はするなと念を押すと、チョリムは、意外な心境を打ち明けます。チョリムはあの事故以来ずっと自分を化け物のように思ってきたため、あの目が初めて人の役に立てたことが嬉しくてたまらないのだそうです。それに、捜査現場にはいつもあなたがいる、とも付け加えました。


危ない時はあなたが守ってくれればいい


と、今回はこれぐらいだったでしょうか。何せジェヒが真犯人だったこととバーコードの意味に驚きすぎて、他の事はすっかりぶっ飛んでしまいました。「匂いを見る少女」は続きもとっても楽しみです


関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
りいこ  
引き込まれます!

こんさん~♪

ムリムの活躍に萌えつつ明かされていく犯罪の真実に驚きが続きますね!
そしてムガクのチームメンバーにもどんどん親しみがわいて行きます!

ナムグン・ミンさんを初めてみたドラマが「私の心が聞こえる?」だったので私の中ではいつまでもマルオッパ。
このクォンシェフの役どころは新鮮です。

2016/06/04 (Sat) 20:50 | EDIT | REPLY |   
りいこさんへ  
ムガクチーム、いいですね♪

りいこさ~ん、ありがとうございます~♪

ムガクチーム、いいですよね~。
役に立たないようで立っている?チームワークが絶妙です(笑。

そうなんですよね~やはりマルのイメージ強いですよね。
だから、もしかして~と思いながらも
ついその可能性を打ち消していました。ああそれなのに(;´・ω・)。
ナムグン・ミンさん悪役上手すぎですものね~(;´Д`)。

でも続きもとっても楽しみです(^^)/。こん

2016/06/05 (Sun) 07:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.