2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

グッド・ワイフ6の主な登場人物とキャストおよび各話のあらすじはこちらからご覧いただけます: グッド・ワイフ6 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧


リーガルドラマ、【グッド・ワイフ6】の6話は「魅惑の香り」です。英語のタイトルは「Old Spice」なので、おばさんだったら日本語の方は「ベビーローション」にしましたけどね。いや~これにはまたまた大笑いでした。以下ネタバレのあらすじですグッドワイフ6のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回の見どころは3点ほどだったでしょうか。1点目は、何と言っても、オールドスパイスとベビーローションの融合?)、2点目はお祖父ちゃんの有効活用()、そして3点目はカリンダ危うし~です。個人的にはここにアリシアの信仰問題もちょっと興味がありましたが。


まずは1点目から参りまする


前回の5話に続き、アリシアはエルズベスと組んで、パロッティ(FBI)と戦うことになりました。パロッティはサーブ社を、中国に機密情報を流したスパイ容疑で起訴してきたのです。


担当判事はグッドワイフではお馴染みの

「in my opinion

は必須のパトリス・レスナー(Ana Gasteyer)です


エルズベスはやる気満々に見えましたが、いざ裁判が始まると、自分が仕掛けた罠に見事はまってしまいます。エルズベスは、パロッティが自分に気があるからこちらが有利だと豪語していましたが、エルズベスもまた、本当は、パロッティに強く惹かれていたらしいのです。ま、それは一目瞭然でしたが。何せ「in my opinion」まで教えちまってましたからね


そのふたりを象徴していたのが「香」です。パロッティは「オールドスパイス」を愛用し、エルズベスは「ベビーローション」を付けていたそうです。互いの誘惑に耐えきれなくなったふたりがデスクの上で情熱的に愛し合う姿は、一見の価値ありでしたね


が、それでふたりがまったく公私混同していたのかと思うとさにあらず、で、そこはやはり中年カップルです。ふたりとも、相手の愛情を利用して駆け引きを繰り広げたのが楽しかった。勝利したのはエルズベスです


エルズベスは、カリンダがつかんできた連邦政府側の弱みを盾にパロッティを脅しました。するとパロッティは、本当にエルズベスがその証拠を握っているのかと確認します。はったりではないかというのです。


そこでエルズベスが証拠の書類を渡すと、パロッティはすかさずこれをシュレッダーにかけました。これにエルズベスが猛抗議をし、パロッティが応戦している様子をエルズベスはすべて録音していたそうです


So you are fully aware that you just destroyed evidence, Assistant United States Attorney Josh Perotti, at 9:47 a.m.
あなたは証拠を隠滅したと自覚しているのね?ジョシュ・パロッティ連邦検事補。午前9時47分。


パロッティは、ナイストライだけど隠れて録音したものは証拠にならないとせせら笑いましたが、エルズベスは勝ち誇ったようにこう宣言します


Because this state's supreme court recently struck down the two-party consent law. I only need one party. And that's meエルズベスの勝ち!(^^)/.
イリノイ州での法律が変わったことを知らなかったの?最高裁は双方の合意は必要ない、片方だけで良いとの判決を下したのよ。つまりは私だけでいいの


こうして、プライベートな恋愛より正義を選んだエルズベスは、裁判では見事な勝利を収めましたが、パロッティは握手を求めてワシントンに戻ってしまいました。もはや、あんなに心がワクワクした「Call Me Maybe(Carly Rae Jepsen)も、今では苦い思い出です


さて2点目。これはLGのリースの話です。ダイアンはあれから早速デヴィッドたちをLGから追い出そうとしたのですが、自ら取り決めた条項が足かせとなってしまいます。ダイアンは以前ウィルともめた際に、リースの名義人は事務所に留まっていなくてはならないという修正を加えていたのだそうです


デヴィッドとケニングはこれを盾に名義変更を迫りましたが、契約書を読んだカリンダは、そこに「穴」を見つけました。事務所に留まらなくてはいけないのは本人とは限らないというのです。いましたね~昼寝する以外にすることの無い、暇を持て余したうってつけの人物が


ダイアンとカリンダは早速ハワードを代理人に指名しました。ハワードが報酬を要求すると、金の問題ではない、とおだてます


You know this isn't about money for somebody like you. Come on, it's about being in court.
あなたのような人にとってこれが金の問題ではないと分かるはず。また弁護士として争えるのよ


ケニングとデヴィッドが、すっかりその気になったハワードにしてやられたのがまた実に楽しかったですね~。ハロルドが得意げに言った台詞が忘れられません。(カリンダが、いかにも契約書の文言らしく、名義人=he or sheが事務所に留まれなかった場合、his or herの代理人が留まればよいと言ったのを受けて):


Say hello to his or her proxy. My physical presence and I will be in my office, should you need me.
彼か彼女の代理人に挨拶をして。これが私の居場所でオフィスにいるから、用事があれば電話して


ハロルドがこんな風に弁護士らしい物言いをしたのはいったいいつ以来なのでしょうか。誘われたのは1958年以来だそうです


こうしてFA一行は皆でLGに引っ越しました。飛ぶ鳥跡を濁さずという言葉があるけど、デヴィッドとケニングは、思いっきり濁していきましたね~まったく大人げないことこの上ない


さて3点目。保釈中のケイリーが危機に陥ってしまいました。ハーバードの同窓会に出席した際、自分の逮捕のことが話題となったのも手伝って少々ヤケになったケイリーは、かなり酔っぱらって女性をひとりお持ち帰りしてしまいます。が、何ともタイミングの悪いことに、あのグルービックが家の前で待ち構えていたのです


グルービックは家の中まで入ってきて、ケイリーの携帯をチェックしました。GPSを確認すると、ケイリーがイリノイ州を出たことが判明したそうです。グルービックは早速警察を呼び、ケイリーを逮捕させてしまいました。それが法というものよ


が、その後グルービックはあれこれ調査した結果、ケイリーに悪気はなかったと報告してくれます。それでも法を軽視していることには違いないと、保釈の条件を2つ追加されてしまいました:


  • Ankle monitoring bracelet and a 9:00 curfew.
    アンクルモニターを付けることと9時の門限
  • No contact with the firm investigator Kalinda Sharma.
    調査員のカリンダ・シャルマとの接触禁止

最初の条件は致し方ないとしても、2番目は何とも理不尽でしたよね


でもここでふと客観的になってみると、カリンダという人間は、調査員としても女性としても実に優秀で魅力的な人物ではあるけれど、だからこそ「法」という枠には決してはまらない人間でもあるのだと再認識してしまいました。カリンダはグルービックのような人物にとっては「危険人物」でしかないのかもしれません。


でも、Dr.ブースの件は濡れ衣ですよね~確か。あれはブレイクの線が濃厚だったはず。(cf: S2#6 華麗なる駆引き


そしておまけ~アリシアの信仰問題です。州検事に立候補するにはクリスチャン、具体的にはジェレマイア・イーストン牧師(Frankie Faison)の票が必要だということで、アリシアは無神論者を撤回しなければならなくなりました。


アリシアは、不承不承ではありながら、グレースにあれこれ教えてもらって彼とのインタビューに応じます。さすがにイーストンは、アリシアには信仰が無いことを即座に見抜きましたが、まずは神について考え始めた点を大きく評価しました。これはグレースのクリスチャン仲間も同様でしたが、アリシアの本心を知っているグレースはかなり複雑そうでしたね


ちなみに今回アリシアには、ボディーウーマン(ボディーガードの女性版?)と称してマリッサがつくことになりました。マリッサは神を信じているそうですが、他人に話すものではないと心得ていたようです。彼女もかなりユニークで型破りな人間ですから、今後の活躍が期待されますね


あ~やはりグッドワイフは別格ですね。続きもとっても楽しみですグッドワイフ6が面白い(^◇^)


~これまでのグッド・ワイフのあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: S1S2S3S4S5


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.