このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

重版出来!
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

重版出来! あらすじと感想 第9話 ツノひめさまに恋をして

重版出来!のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 重版出来! あらすじと感想、登場人物一覧


黒木華さん主演の【重版出来!】(じゅうはんしゅったい)は9話も実に楽しかったですね~。いつもここでレビューを書く時、特に決まった副題が無い場合は自分であれこれ考えるのが常なのですが(それがまた楽しい)、今回は、途中まで

「いっちゃん、かっけー

にしようかと思っていたのに、五百旗頭の告白で上のように変わりました。極悪人かに思えた見坊もなかなか粋なヤツで何よりでしたね


以下ネタバレのあらすじです。今回は、これに加えて中田伯のエピソードもてんこ盛りだったので、久しぶりに「続き」を使わせていただきました重版出来のネタバレあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


またしても、そのいっちゃんこと高畑一寸の原稿が遅れに遅れてしまったようです。原因はこれまたいつも通り、梨音の家出のようです。心は必死で梨音を捜しあて、家に連れ戻しましたが、この家出中の梨音にエンペラーの見坊が接触を図ったのだそうです


見坊は梨音から高畑の電話番号を聞き出して、バイブスを辞めてエンペラーで描かないかと誘ってきました。最初は会うだけと思って出てきた高畑も、その高畑を天才とあがめる見坊の巧みな誘いに迷わされてしまいます。どうやら高畑は元々「ツノひめさま」のようなラブコメではなく、もっと硬派な漫画を描きたかったのだそうです。


が、それでは何度描いても連載が取れなかったため、当時担当だった五百旗頭とともに創り上げたのが「ツノひめさま」だったのだそう。それが売れてからはもう10年以上、「ツノひめさま」一本で突っ走ってきたのだそうです。


また今回は、その五百旗頭の苦い思い出も明かされました。五百旗頭は以前井上佳二という漫画家を担当していたことがあったそうです。この井上の描いたHITTI POTTIという作品が、今やエンペラーで断トツの人気らしいのですが、そもそも、そのHITTI POTTIも、バイブスで連載されるはずだったのだとか


それなのに、和田の前の編集長が、これじゃあ売れないと判断して、連載を却下してしまったのだそうです。HITTI POTTIの良さを確信していた五百旗頭は、このままでは、井上も作品もダメになってしまうと憂え、断腸の思いで井上をエンペラーに送りだしたのだそうです。五百旗頭は、これぞと思える才能に出会えるのは奇跡に等しいから、そのような奇跡を台無しにしたくないと語っていました


が、そんな五百旗頭の気持ちは、井上には全く通じていなかったことが、後に見坊から明かされます。井上は未だに五百旗頭のことを裏切り者と誤解して恨んでいるのだとか。それではまったく報われませんね。五百旗頭は、別れた妻からも、あなたはいつも理性的でそれが悲しいと言われたことがあるそうです


果たして自分の判断は間違っていたのだろうか、そんな風に迷いながら歩いていた五百旗頭の目に、高畑と見坊のツーショットが飛び込んできました。当然、後をつけずにいられません


とはいえ、あの五百旗頭の事ですから、ふたりが入った店に自分も入ったまでは良かったものの、店員にごり押し&近くの席を空けさせて話を盗み聞きするなんて芸当は到底できず、遠く離れたカウンターで、ただ様子を伺うことしかできません。それでも、これが引き抜きであることは明らかです。


ハムレットな五百旗頭がまたしても悩んでいるところに、こちらはKYな梨音が現れました。あれ~五百旗頭!!梨音、好かんわ~(;´・ω・)


ここは双方ともに気まずいことったらなかったですね


高畑は、五百旗頭の察している通りだと明かし、自分にはツノひめさまより描きたいものがあるのだと打ち明けます。五百旗頭は、それならエンペラーではなくバイブスでも相談に応じると切り出しましたが、高畑はこれは俺自身の問題だと言い張って聞こうとしません。


ゼッタイ小熊には言うなっ!あいつはツノひめさまのファンだから、知ったら絶対に泣くっ!!


こうして五百旗頭は何も言えなくなってしまいました。高畑も、五百旗頭に啖呵を切っただけあって、いつもはギリギリまで引き延ばす原稿のみならず、次のネームまで、心が取りに行く前に仕上げて送ってきます。しかもそこには心宛のメッセージと500円分のグルメカードまで添えられていたそうです


小熊へ

いつも迷惑かけるから、今回はスーパーターボで仕上げたぜ!!たまにはゆっくり入稿して、旨いランチでも食えよ☆彡

高畑


小熊こと心は、たったの500円か、などと文句を言うこともなく、大喜びでこれを皆に見せびらかしました。が、百戦錬磨の壬生はこれを「浮気した亭主が急に優しくなるあれに似てね)と評し、五百旗頭もまた、即、梨音に連絡して確認します。いっちゃん?ああ、エンペラーのネーム描いてる


が、心も、だてに出版社で働いていた訳ではありませんでした。目をキラキラ輝かせて「一生の宝物にする!心のキラキラおめめがまた可愛い♪と高畑のメモをかざして拝んでいたその時、右端に何やら他のメモの痕跡を発見します。すぐさま、鉛筆でその跡をなぞったところ、なんと、エンペラー見坊との打ち合わせの時間と場所らしき記載が浮かび上がったではありませんか!?


そこへまた和田がタイミングよく、他社の看板作家がエンペラーに引き抜かれたから、うちも気を付けるようにと注意を促してきます。壬生はすかさず、この件を報告しました


編集長!高畑一寸、既にエンペラーの見坊と接触してますっ!!壬生、鋭い(^^)/


こうなったら、さすがの五百旗頭も黙っている訳には参りません。状況を説明します


話を聞いた和田は、高畑がいずれはエンペラー1本に絞るに違いないと予想し、それでも作家の意志を尊重すべきという五百旗頭の考えに同意を示しましたが、安井は決して譲りません。五百旗頭が井上をエンペラーに送りだしたことも例に挙げ、そんな甘っちょろいことで雑誌が潰れたら、どう責任とるんですかっ!!と怒鳴りつけます。


ここに心が割って入ったのがまた何とも可哀想でしたね。高畑の担当は心なのに、心を無視して話が展開されていることに、心は申し訳なさと恥ずかしさで一杯だったに違いありません。私には何の責任も取れませんが、高畑さんの担当は私です!責められるべきは私です。申し訳ありませんでした!!


心は五百旗頭から、梨音のことについても注意されていたのです。毎回こうも仕事の邪魔になるなら、高畑にも一言言った方がいい、と。でも心は、あくまでも漫画の受け売りですがとは他人がどうこうできる感情ではない、こうと思ったら突っ走ってしまうのが恋という感情だと力説し、何気に壬生と菊地の共感を得ていました。なんだか、ホッとした


が、もう今回ばかりはそうも言っていられません。心は、電話がつながらなかったため、高畑の家に押しかけました


終わらせるのなら、ファンの人がこれまで「ツノひめ」を呼んできてよかったと思えるような最終回を作りましょう。いい加減な畳み方は許しません「ツノひめ」の最終回まで、先生と一緒に走らせてもらいます。エンペラーで好きなものを描くのはそれからです。いいですね?でないと一本背負いで投げ飛ばしますよ!( `ー´)ノ


ツノひめを止めるといったら、ゼッタイに泣くと思っていた小熊の口から出た思わぬ激励に、高畑は黙っていられません。エンペラーのネーム見るか?


なんと高畑は、「これまで描きたかった硬派の漫画」を描こうとするたびに、どうしても「ツノひめ」が浮かんできて、他のものはまったく描けなかったのだそうです


あれほど夢中だった梨音に本気で別れを告げたほど夢中になって描いていたから、その「硬派」の漫画がどんだけ楽しいのかと思いきや、そうではなかったとは驚きでした。おばさんは梨音が好きじゃないけど、ただ1点だけ、高畑のツノひめに対する気持ちだけは、鋭く見抜いていたようです。


だっていっちゃんずっと「ツノひめ」に夢中なんだもの


だから梨音はいつも「かまってほしい」と叫び続けていたのだそうです。


そして、そのツノひめに恋していたのは高畑、そして心だけではありませんでした。梨音からこの話を聞いた五百旗頭は、矢も楯もたまらず心に電話して、高畑を見坊に会わせるな、と命じました。俺が先に会うんだっ!!


「いつも悲しすぎるほど冷静」な五百旗頭が、走りに走って現れて、止めようとした心を突き飛ばしてまで発した言葉がこれです


俺も好きです。大好きです(皆がえええっ?な顔をしたことに気づいて言い直す) 「ツノひめ」が好きです。以上です。失礼しました


はあはあと息を切らしながら一気に水を飲み干した五百旗頭は、これで思い残すことは無い、と独り言ちると、一瞬あっけに取られていた見坊が、改めて高畑の気持ちを確認しにかかります。先ほどのお話はいったい??


俺はツノひめが描きたかった訳じゃない。でも描けると思わなかったものが描けている。俺は天才なんかじゃねえ、汚ねえチャリンコだった。それが今、ジェット機になって皆を乗せて飛べてんだ


~うつむいていた五百旗頭が上目遣いになる。その横で心がニコニコ笑っている


俺はまだまだ「ツノひめ」が描きたい。こいつら(心と五百旗頭)をみんな乗っけて飛びてえんだいや~いっちゃんカッコ良過ぎ( *´艸`)


~五百旗頭、完全にいっちゃんに目が釘付け!そんな五百旗頭を心がからかうような目で見ている


すまねえな梨音がかまってほしくなる訳も分からんでもないね(;´Д`)


そう語った高畑に、意外にも見坊はあっさり引き下がりました。いえ、面白い物も見れましたし


~五百旗頭、再びうつむく


人の恋路は邪魔しませんとは、なかなか粋な見坊の一言です


ちょっと照れながら涙をぬぐっていた五百旗頭に、高畑が声を掛けたのがまたよかったですね~。何泡食ってんだ、らしくねえ


五百旗頭も、伏し目がちに、女房に逃げられた時も走んなかったのに、走りました、と答えました。バカだな、俺のために、と高畑が言うと、五百旗頭は「ツノひめのためです」と答えます


高畑: お前、ファンだったのか
五百旗頭: はい
心: 私もファンですっ!!
高畑: 俺もだ


ここは確かに梨音の言う通りかもしれません。皆、ツノひめに恋したバカばっかりです。でもそれが「恋」というものなのでござる。いや~ここは何度見ても良いシーンでございましたね


さて次は中田伯です。中田は、主人公以外のキャラクターを確立させるために、彼らをそれぞれ沼田や棚橋(今井隆文)、栗山(椿直)に見立てたそうです。顔も何となく似てましたね


残るはただ一人の女性キャラを明確にするため、中田は街に出てあらゆる女性を観察していました。どうやら心ではイメージが違うようです。これで警察に通報された時は、物陰に1時間身をひそめて逃れたそうです


そしてようやくイメージ通りの女性に巡り合えました。これはもうピンと来ていた方も多かったのではないでしょうか。そう、牛露田の娘のアユです。アユがたまたま興都館に来ていたのを見た中田にはミューズが降りてきたみたいでしたねインスピレーション♪


漫画家さんですか?たとえ売れてもいい気にならないでくださいね。印税は貯金したほうがいいと思います


そう言ってアユが去って行った後、中田は床に座り込み、何かに取り付かれたかのように「女性キャラ」を仕上げました。その後も何日も徹夜をして、ついに「ピーヴ遷移」が完成します


が、それだけで連載は取れません。心は和田や他のスタッフを説得せねばならないのです。いったい中田の「ピーヴ遷移」は何を言わんとしているのか、その魅力がスタッフに理解できなければ、読者を惹きつけることはできない、何だかわからないけど面白い、は単発なら良くても、雑誌の顔になる連載では許されない、というのです。


「わたしが今一番読みたい漫画です」としか言えない心は(親近感を感じます)、五百旗頭から、中田自身は、欲求のままに筆を走らせているだけで、自分が何を描こうとしているか、その根底を理解していないと指摘されました。だからこそ、心がそこを理解していないと一緒には走れない、と助言されます。伴奏者になれないうちは、おまえはただの読者だ。


その後心は、三蔵山から中田が三蔵山の妻の時枝(千葉雅子)に暴言を吐いたと聞かされました。中田は時枝が自分を支配しようとしている、と罵ったそうです


三蔵山はその場でこれを厳しく叱ると同時に、人の好意を「支配」のための道具としか受け取れない中田を心から可哀想に思ったようです。時枝は中田を「臆病なだけ」と語ったそうです。中田が幼い頃、鎖でつながれていたというのは、以前中田が沼田に打ち明けた通りです。


心は、この話をこれまでの中田の行動やその作品と併せて、ようやく中田の心を理解するにいたりました。心は連載を決定する会議において、和田に「ピーブ遷移の世界観」を力説します重版出来、最後は中田伯の連載デビュー( `ー´)ノ


この作品のテーマは「恐怖と支配」。主人公のコータは、恐怖心を持つ人の心を巧みに操ろうとするピーヴと命懸けで戦う。弱くて小さいからこそ必死で、恐怖という支配から自由になろうとしている。誰もが日々何かと戦っている今、この作品は読者に明日への勇気と希望を与えるはず!連載を許可してください!!


心の説得は「SF音痴の和田」の心をも動かしました。こうしてついにピーヴ遷移の連載が決定します


心から連絡を受けた中田が雄たけびを上げ、生きててよかった、生まれてきてよかった、と泣き出した姿がまた印象的でしたね。報告を受けた三蔵山も、アシスタントの先輩たちも、心から祝福してくれたに違いありません。電話を通して伝わってきた中田の感激した様子に、心も涙が止まりません


来週の最終回ではついに「驚異の新人」が爆発するようです。和田は早くも重版の気配を感じていたようでしたね


もちろん、このまますんなり終わりそうにはありませんが、心ならきっとどんな困難も乗り越えていくに違いありません。それもこれも、やはりずっと「勝負」の世界に身を置いて、常に自分の中の弱さと戦って得たしなやかな強さを心が持っているからでしょう


いったいどんな最終回を迎えるのか、今から楽しみでなりませぬ


またこれは余談になりますが、4月の終わりごろに設置したこのサイトのアクセスランキング(ブログの右下に貼ってあります)を確認したところ、この重版出来がベスト10入りしていることが判明しました。これはいわゆるページビューですので訪問者数ではないのですが、この8週間で2千を超えるアクセスがあったらしいこと、身に余る光栄に存じます


面白いドラマに出会うと、それこそ中田伯のように他の方の思惑は度外視で暑苦しく語ってしまうおばさんですが、その中の、ほんの1フレーズでも共感していただけたなら、この重版出来がもたらしてくれた楽しい時間を共有していただけましたなら、これほど嬉しいことはありません重版出来の面白さを共感できて幸せです( *´艸`)


来週の最終回もまた目いっぱい暑苦しく語らせていただく所存ですので、どうぞまた懲りずに足をお運びくださいますようお願い申し上げまする。

重版出来、いよいよ来週が最終回(^^)/



原作も読んでみたいですね♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は重版出来!のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
お久しぶりです、重版私も欠かさず見ていました。高田純次さんの回では号泣。安田さんの回も涙。いいお話でしたよね。小熊ちゃんにもどれだけパワーもらったか。

続編みたいですよねーー
楽しかったですね♪
みどさん、こんにちは♪
お変わりなかったですか?^^

重版出来!本当に良いドラマでしたね~。
私も毎回大泣きしていました(笑。

是非是非続編作ってほしいですね(^◇^)。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング