2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

フォスター家の事情The Fosters)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: フォスター家の事情(The Fosters)あらすじと感想一覧


フォスター家の事情2The Fosters S2)】の第14話は「フォスター家、キャンプへ行く」です。これまたタイトル通りなかなか楽しいエピソードでございましたね。英語の副題は「Mother Nature(母なる自然)です。フォスター家の事情2のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ以下簡単なネタバレのあらすじです。


フォスター家では家族の絆を深めるためにみんなでキャンプに行くことになりました。これは時々行われるようでしたね


せっかくママが留守なのにというヘイリーの誘いを断ったヘスースは、移動中の車の中で、つい、気になっていたことをリーナにぶつけてしまいました。Ana's pregnant.(アナが妊娠したんだ)


これにはもちろん驚きましたが、リーナはステフに打ち明けることができません。このキャンプに来る前、ステフが、子どもたちは皆リーナに色々打ち明けるが、自分には言わない、と拗ねていたことが原因です


それでリーナはヘスースに、自分でステフに打ち明けるよう命じました。これを聞いたステフは、せっかくキャンプに来たというのに&皆が携帯ばかり見ていることに腹を立ててこれを没収したばかりだというのに、自分はマイクに電話をしたくてたまりません


もしその子がマイクの子どもだったら?


いや~そうなったら、生まれた子はブランドンともマリアナ&ヘスースとも血がつながることになるのですよね。ステフが気になるのは当然です。


が、リーナは断固としてこれを止めました


We are out here together, as a family, to connect.
今は家族としてここに来たの。絆を深めるためにね。


でも実際には、マイクの子どもではなかったようです。これはマイクとアナの会話から明らかになりましたが、まだステフたちには知らされていません。またマイクはアナに、あくまでも友達として支えたいから、と同居を提案していたようです。が、アナはさすがにそこまで図々しくなれないようです?


携帯が取り上げられてからは、皆で釣りをしたり、キャリーのギターで歌を歌ったりといかにもキャンプらしくて楽しかったですね。そうそう、これはもう少し前のシーンですが、ヘスースが脇腹のタトゥーを隠すために、わざわざスイミングスーツを着込んでいたのも可笑しかった


その時は、日焼けにはクリームより隠すのが一番だと弟を庇ってくれたマリアナでしたが、その後アナの妊娠のことを知っては黙っていられず、ステフたちにこのタトゥーのことを暴露してしまいます。なんと、ヘイリーがキャンプまで追いかけてきた挙句、つい、マリアナにアナの妊娠を明かしてしまったのです


ヘスースが仕方なくヘイリーを捜しに行った際、なかなか戻ってこなかったため、クマに食べられたのではないかと心配したジュードが、まずはブランドンを起こして捜しに行かせ、それでも今度はふたりとも戻ってこなかったため、ついにステフとリーナを起こして相談してしまったのがまた可愛かったですね


それなのにブランドンとヘスースは、ジュードがヘイリーのことを暴露したと勘ちがいしてしまいます。


'Cause I'm not a narc. Like some people.
誰かさんのように告げ口はできないからね


ジュードは怒ってキャリーに八つ当たりしてしまいました


I'm not a baby! Then stop treating me like one! I'm 13! And everyone keeps treating me like a kid, because you do.
僕はもう赤ん坊じゃない。もう13歳だ。子ども扱いしないで。キャリーがそうするから皆も僕を子ども扱いするんだ

ジュードが可愛すぎる( *´艸`)


困ったようなキャリーの表情がまた印象的でした。ずっと庇ってきた可愛い弟も、キャリーに反抗するようになったのですからね大人になった証拠でござるね♪


そのキャリーも今回ブランドンとじっくり話す機会を得ます。そこでブランドンとルーの交際に話が及ぶと、ブランドンは、昔自分は、キャリーとワイアットが付き合うのを見て苦しかったと打ち明けました。


でもキャリーはあまり気にしてなかったようですね。今も、ブランドンにルーというGFができたのは嬉しいと語っています。


やはり~キャリーにとってブランドンはあくまでも「大切な家族」なのかもしれませんね。でも個人的には、ルーはあ~んまり好きじゃないんですけどね。好きじゃないというより、ブランドンには似合わないような気がする、と言った方が適切でしょうか


だから、ステフとリーナが、ヘスースとヘイリーのことを黙っていたお仕置きに、サマーツアーへの参加を考え直すと言ったのには思わず大賛成でした


バンドの経験が悪いとは言わんし、それもまたいつかどこかで活かされるとは思うけれど、つい、自分で自分の可能性を否定せず、思い切ってサマースクールに参加してみればいいのに、と思わずにいられません。それでだめなら諦めればいいじゃないね。ブランドンはプライドが高すぎるんだなあ、きっと


またヘスースも、結局はこれを機会にヘイリーとは別れたようです。それでなくても集中力がないのに、あんなに「かまってちゃんでは、ヘスースの身が持ちませんものね


毎回あれこれ大変ですが、それもまた実に楽しいですね。特に今日はめっちゃ暑かったので、フォスター家の皆が川(池?)で泳いでいた姿には思わず見とれてしまいました。キャンプに来ても決して「自分」を崩そうとしなかったマリアナも、最後には見事に放り込まれて大騒ぎだったのが特に楽しかった


フォスター家の事情2は続きもとっても楽しみですね



ペーパーバックが出ていました!


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.