2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

真田丸のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 真田丸 あらすじと感想一覧


NHK大河ドラマ、真田丸の第23話は「攻略」です。これもまたなかなか面白かったですね~。中でも、前回の「裁定」がここで見事に生かされたのにはすっかり感動させられました。また今回は、野村萬斎さんの「のぼうの城」でも有名な「忍城」のエピソードも登場しています。以下ネタバレのあらすじです真田丸のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ついに、秀吉による北条攻めが始まりました。秀吉の号令で集まった兵の数は、なんと20万を超えたそうです。秀吉は、この北条攻めの陣立てを石田三成に任せました


三成は、秀次を総大将に任命し、家康にその後見を命じました。三成にしてみれば、家康はまだ100%信用できぬ相手だったそうで、それは家康も敏感に察していたようです。


これを秀吉もすぐにくみ取り、今回は、戦とは言え根競べのような物だから、家康が総大将になるほどではないと言い訳しますが、家康的にはやはり面白くなかったようです


しかも三成は、家康の与力となったはずの真田まで上杉に預けてしまいます。これを聞いた時の昌幸の喜びようったらありませんでしたね。いやいや、徳川殿の下で働けないのは実に残念でござるもー嘘ばっかり(;´・ω・)!!


源次郎は早速三成に礼を言いに行きました。が、相変わらず不愛想な三成は、もし家康が裏切って真田まで寝返られたら困るからだと言いすてます


また源次郎は、久しぶりに再会した景勝にも挨拶に行きました


「御屋形様!」


源次郎が何度呼びかけても知らん顔をして行きすぎようとしたのがまた可笑しかったですね~。景勝が、源次郎の期待に応えられなかったあの時以来、ずっと心苦しく思っていた様子がひしひしと伝わってきます


お立場、重々承知しているつもりです!私の御屋形様への気持ちはまったく変わっておりません!


そう言われて、いかにも申し訳なそうに涙ぐんで微笑む景勝が、また何とも哀れでございました。源次郎、すまぬ


ドラマでは、実際にこの秀吉軍が小田原を取り囲んだ地図が示されましたが、これがまた実にすごかったですね。その包囲網たるや、東西およそ2.9キロ、南北およそ2.1キロにも及んだそうです。秀吉と秀次、これに三成と源次郎が加わった本軍は小田原城の西と北を、徳川軍が東を、南の海は、長曾我部や九鬼らの水軍で固めたそうです。北条はまさに八方ふさがりです


これを山の上から眺めていた三成と吉継は、この戦はきっと「次なる戦=明出兵」のための総稽古に違いないと語り合っています。源次郎がこの明への出兵の話を聞かされたのは確かこれで二度めでしたよね。明に先んじる朝鮮出兵の話がいよいよ現実味を帯びてまいります。


その後源次郎は、神経痛に悩む長泰から、各所に伝令に行くよう命じられました


その源次郎が背中に背負っていた黄色い風船のような物は「母衣(ほろ)」というそうです。元々は、馬に乗って移動する際、風を受けて膨らみ、後ろから射られても怪我をしないようにという鎧の延長のような物だったらしいですが、戦国時代に入るとその意味合いが少し変化し、常に膨らませた状態にして自分の存在や所属を示す「旗指物」として用いられるようになったのだとか。長泰は、鳥の羽のような指物をつけていましたね


あんなに目立つものをつけていたら、却って射ってくれと言わんばかりのようにも思えますが、そこは呑気な、否、義を重んじた戦国時代の事、あれを付けた者を攻撃してはいけないというような暗黙のルールがあったのかもしれません。それに、味方から(敵に)間違われぬようにという目的もあったかもしれません


長泰の命に従った源次郎が、秀次の次に家康のもとにはせ参じると、家康がその源次郎をツ〇ションに誘い()、その悩ましい心中を打ち明けます。殿下はまだこのわしをお信じにならぬようだのう。督姫のことを気にされているのならもうすぐ離縁する予定なのに


用が済んだその手で源次郎の肩をポンと叩いたこの家康が()、後に今度は秀吉から、同じようにツレ〇ョンに誘われて()、うまく丸め込まれてしまったのがまた絶妙でしたね。男性はあの時、つい気を許してしまうものなのでしょうか


秀吉は家康に、戦が終わったら北条の土地=関八州はすべてくれてやると飴を与える一方で、(両手がふさがっているため顎でその方向を指し示しながら)その代わりに江戸に移ってもらう、駿河や三河はもういらんだろう、とムチをくれて去っていきます。もちろん、肩をポンと叩くのも忘れません


その頃、氏政は「籠城」して徹底抗戦の構えでした。戦が長引けば、秀吉に反旗を翻す者も出てくるはず、そこに伊達が駆けつければ一気に逆転できるというのですが、その甘い考えに、氏直や板部岡は頭を抱えてしまいます。


が、この氏政と同じように考えたのが、真田の中にもいたという解釈には驚きました。なんと出浦です。出浦は、ここで真田が北条と組めば秀吉を倒せるというのです。出浦は、秀吉を倒してもう一度この世を「乱世」にしたいと考えていたのだそうです。こちらには佐助がいる。佐助を小田原城に行かせて、氏政を説き伏せよう!


この話を聞いた源三郎は出浦を戒め、佐助を源次郎のもとに送りました。佐助はちょいと不服そうでしたが、この采配が後に源次郎を救うことになったのもお見事でした


その源三郎は、昌幸や景勝、そして直江兼続らとともに上野の松井田城を征服しておりました。昌幸と景勝は、この戦には大義がないからやる気がおきないとこぼしています。生真面目な源三郎は、この国から戦を無くすためというのが大義だと主張しますが、正直者の昌幸は、単に、秀吉のための戦というのが気に入らんと答えます


そのやる気のなさは、武蔵の忍城を、源三郎に攻め落とすよう命じたことにも表れています。昌幸は、忍城ごときは景勝が出るほどの城ではない、と言っていたけれど、そう簡単に落とせるような城ではなかったのです


一方では、次々と北条勢が屈し、ついにはあの伊達政宗(長谷川朝晴~上原@刑事の勲章)までもが白装束で秀吉の陣に現れます。秀吉はこれを機に総攻撃を行って北条を滅ぼすと意気込みました


それまでは、呑気に茶々を呼び寄せて毎日宴三昧だったのです。ここで、その呼ばれた方の茶々が戦の様子を目にし、幼い頃の残酷な思い出を蘇らせながらも、今自分は勝利する側にいると確認するかのような何とも冷酷な表情を浮かべていたのが、また実に効果的でしたね


が、吉継や家康は、総攻めなどしなくても、北条勢の残り僅かな忍城や鉢形城などを先に落とせば、北条も小田原城を開城せざるを得なくなると進言します。その上吉継は、その忍城攻めを三成に任せてはどうかなどと言いだします。その頃三成は、思いのほか戦が長引いたことに腹を痛め、否、頭を痛めておりました。過敏性大腸炎ですかね~気の毒に


腹を壊してげっそりやつれた三成が、秀吉の命を受けて忍城攻撃で採った手段が「水攻め」です。が、それも、机上での計算程うまくいかなかったのは「のぼうの城」で見た通りです。ご覧になっていない方のためにちょっとだけネタバレです。



一方、秀吉に忍城攻めを進言した吉継と家康は、その進言の裏に隠した真の目的を果たすべく、源次郎を呼び出しました。ふたりは、何とかして氏政を降伏させて北条の滅亡を防ごうとしていたのです。


その頃、小田原城では氏直を初めとする多数が降伏に傾いていたらしいのに、氏政が城を枕に討ち死にすると息巻いていたため、手詰まりになっておりました


氏政は、秀吉の攻撃を怖れて風呂に入ることすらできず、その臭いをごまかすために部屋にを焚かせた上、その心労ですっかり悪くなった顔色をごまかすため、うっすらと化粧まで施していたそうです。氏直はこれを頭がおかしくなったと思ったようですが、板部岡にはお見通しでした


その板部岡、そして徳川方では本多正信が、そんな意固地でプライドの高い氏政を説得できるのは、前回の裁定でいかにも若者らしく清々しい論理を展開してみせた源次郎しかいないと確信し、源次郎を小田原城に使いに行かせることにしたのだそうです。小田原城までの案内役は、正信自ら買って出たそうです。ここは実に良いシーンでしたね


吉継と家康の氏政に対する万感の思いを綴った書状を託された源次郎は、文字通り、命懸けで小田原城に乗り込みました源次郎、頼んだぞっ!( `ー´)ノ。その源次郎を守ってくれたのが佐助でござる


源次郎はまず、板部岡の手引きで氏直に出会い、秀吉は臣従を誓った者には寛容だと励ましました。氏直は、なんとかして父を説得してくれと必死です


そしてついに本丸=氏政に会いに行こうとしたところ、案の定、反対派に襲われてしまうのですが、そこには佐助のみならず、なんと懐かしい小山田茂誠が姿を現します!!お久しゅうござるっ!!


茂誠は小田原城にいたのですね~無事でいてくれて本当に良かった


今回のエピソード、なんとな~くどこかで見たことがあるような気がしてふと、以前書いた軍師官兵衛のあらすじを読み返してみたところ、やはり大筋の展開は同じだったようです。ただその時、誰がその舵を取ったか、取らされたかなどの細かいところは、脚本家や作家の腕の見せ所になるわけですね。(cf: 軍師官兵衛 第40話 小田原の落日


さて来週はいよいよ「滅亡」です。結果は分かっていますけど、それでも源次郎がどこまで食い下がるのか、に注目ですね。真田丸は続きもとっても楽しみですね真田丸が面白い(^◇^)


NHK大河ドラマ「真田丸」完全ガイドブック (東京ニュースムック)

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.