2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

キム・レウォンさん主演の韓国ドラマ、【パンチ~余命6ヶ月の奇跡】もついつい続けて見ちまいました。以下ネタバレのあらすじですパンチ~余命6ヶ月の奇跡のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ジョンファンの罠に嵌ったハギョンの下に、新たな証人が現れました。セジン自動車元研究員のヤン・サンホ(リュ・スンス~ピルトゥ@黄金の帝国)です。どうやらサンホは不良品の密告をしたらしいのに、ジョンファンからその密告を撤回するよう命じられたそうです。サンホがこれを拒むと、翌日には拘束され、服役中に発言したら賄賂問題を追求すると脅迫されたそうです


ハギョンはこれを聞いてついに覚悟を決めました。部下のオ・ドンチュンにこれまでの礼を言い、ユン・ジスク長官の下を訪れて、聴聞会で証言させてほしいと願い出ました。ジスクは、研究員の証言だけでは弱いと却下しますが、ハギョンは、イ・テジュンが総長になってからでは、すべてがもみ消されてしまうと反論します。


が、ジスクは、ハギョンが現役の検事であることを憂慮していたのです。いわゆる内部告発になるからでしょう。ハギョンもまたこれは百も承知しており、既に辞表を持参していました。


「検事らしく生きられないなら、検察を去るべきだ~そうあなたに教わりました


ハギョンはイェリンを実家に預け、聴聞会への準備を整えます。


もちろん、この話は即、ジョンファンに筒抜けになりました。ハギョンと同じ東部地検(刑事2部)で検事をしているヨンジンが、この事実を嗅ぎ付けてきたのです。同じくこの話を聞いたガンジェは、この罪をすべてジョンファンになすりつけるよう、テジュンを説得していたようです


ジョンファンは、テジュンが自分を裏切るはずはないと信じ、そのテジュンもまた、わざわざジョンファンを川岸に呼び出して酒を注ぎ、ジスクに会って総長を辞退する意向を伝えるつもりだ明かしました。そうすれば聴聞会が開かれないから、ジョンファンが追及されることもないというのです。その川底にはテジュンの両親の墓があるそうです。どうやらダム工事で故郷が水没したらしいのに、その補償金は自分と兄の勉学費用に消えたのだそう。


おまえひとりを犠牲にして俺がのし上がることなどできん


個人的に、イ・テジュン役のチョ・ジェヒョンさんはか~なり好きですが、ことこのテジュンに限って、これはパフォーマンスだとしか思えません。ここでテジュンがそう言えば、テジュンに義理を感じているジョンファンが、テジュンのために泥をかぶると計算していたに違いありません


案の定ジョンファンは、テジュンのジスクとの面会をキャンセルさせてしまいました。が、決して黙って犠牲になる男ではありません。ジョンファンはなんとここにイェリンの話を持ち出してきました。いやですね~公私混同する男って()。


ジョンファンは、ハギョンがイェリンのお迎えを何度かすっぽかしたことを理由に挙げ、イェリンの養育権を請求してきたそうです。どうやらジョンファンは7年前に重大なミスを犯したらしいのですが、それを救ってくれたのがテジュンだったそうです。ハギョンはそれを追求する側に回ったのかな


そのハギョンに、今度はジョンファンの妹のヒョンソン(イ・ヨンウン~キム・ヨンミ@愛の選択~産婦人科の女医)から電話がかかってきます。健康診断を受けた結果、ジョンファンに脳腫瘍が見つかったのだそうです。どうやら、ジョンファンとヒョンソンの父親も同じ病気にかかり、発覚後半年で亡くなったそうです。


そしてジョンファンもまったく同様で、腫瘍が6cm大と大きいにもかかわらず、これが神経と血管に癒着しており、手術をすることができないのだそうです


イェリンを国際小学校に入れると張り切っていたのに、入学式を迎えるまで生きていられないなんて!と嘆き悲しむ義妹を前に、ハギョンの心中も複雑です。たとえ離婚したとはいえ、自分を今も追いつめているとはいえ、一度は愛した男性が半年の余命宣告を受けたのですから、平静でいられるはずがありません。


結局ハギョンは、聴聞会で真実を言えなくなってしまいました自分から申し出たのにねえ(;´Д`)。「捜査中の事件について外部に漏らすことはできません


こうしてテジュンを邪魔する者はいなくなりました。これで正式に総長就任が決まります


ジョンファンから、イェリンの小学校についても打診されていたハギョンは、本当は黙っているつもりだったのに、あまりにもジョンファンが無理強いしようとしたため、つい、病気のことを話してしまいます。ハギョンは、ジョンファンがイェリンをその小学校に入れるために汚い手を使ったのが許せなかったのです。


あの子が最初に社会に出る一歩を汚させはしない!あなたもお父さんと同じ病気だから(長くはないから)、あの子の事は私に任せて。


鉄面皮のジョンファンもさすがに動揺が隠せません俺が死ぬ!?。テジュンの総長の就任式もその後もずっと上の空でした。テジュンが総長の椅子を指して、おまえがここに来るまできれいに使って引き渡す、などと言ったジョークに笑えるはずもありません


家に帰ると、ヒョンソンに泣かれてしまいます。が、ジョンファンは強気で、手術できる医師を探すよう励ましました。お前は俺の主治医だろう?


また、日本に旅行に行きたいらしい母のチェ・オンネ(ソン・オクスク~ジョンジャ@おバカちゃん注意報)にも、その願いを叶えようと、日本へ行こうと促しますが、何も知らない母は「来年の自分の誕生日」に行こうと言い出します。そこまで自分は生きていられないかもしれないのに


そこにまた何ともタイミング悪く、同い年の元同僚の訃報が告げられます。葬儀場では、その妹が声をあげて泣いているのです。オッパー、どうしてこんなに早くっ!!


これでは誰が何を言っても、ジョンファンの耳に入るはずもありません。同じ葬儀場では、ジスクとグクヒョン、そしてテジュンが丁々発止とやり合っていたのですが。どうやらジスクは、人事権をテジュンに渡すつもりは無いらしく、グクヒョンを次長検事に任命するつもりのようです。ジスクの任期は1年でテジュンは2年だそうですが、テジュンもやられっぱなしではいなさそうです


そこへついにヒョンソンから、ジョンファンの手術ができる医師=チャン・ミンソク(チャン・ヒョンソン~ハム・ボンス@スリーデイズ)が見つかったとの連絡が入りました。ミンソクは、アメリカで血管剥離術を学び、博士号も取得しているのだそうです。


ジョンファンは早速ミンソクと電話で話しましたが、そのミンソク、なんと今は事情があって手術ができないと持ち掛けてきます。なんとミンソクは製薬会社から3億ウォンの賄賂を受け取って臨床試験結果の改ざんをした容疑で、西部地検刑事1部検事のイ・ホソン(オン・ジュワン)に起訴されることになったのだそうです。西部地検と言えば、ジョンファンが飛ばしたチョ・ガンジェが部長に就任したばかりです


ジョンファンは早速ガンジェに圧力を掛けに行きました。勾留令状の発布率と有罪判決率を上げろ、捜査は人権を優先し、勾留を避けろ、などといかにももっともらしい理屈をつけてはおりましたが、要するに、ミンソクを起訴するなと言いたいのです。チャン・ミンソク医師は明日、総長と食事の約束がある方です。在宅起訴にするなりして、時間には間に合わせてください


もちろん、テジュンの右腕として20年も側に仕えたガンジェが、ジョンファンの意図を見抜かぬはずがありません。チャン・ミンソクを助けたいのはお前だな?


その時ジョンファンは、こめかみに痒みを覚えていました。ジョンファンが、それが自分の物だとは伏せて懇意にしている医師に自分のMRI画像を見せたところ、その医師は、こめかみが痒くなって頭痛がしたらもうおしまいだ、と言っていた通りになったのです。そしてその次の瞬間には、ひどい頭痛がジョンファンを襲ったようです


ついにジョンファンはその場に倒れ込んでしまうのですが?


そこには、ちょうどバス事故の再検討を訴えようとしたハギョンも駆けつけていたようですその目の前で倒れました(;´・ω・)


あ~やっぱりなかなか面白いですね。今週さえ乗り切れば、来週は大分時間が取れると思うので、続きを見るのが楽しみですパンチ~余命6ヶ月の奇跡も楽しみ♪


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.