このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

君を憶えてる
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

君を憶えてる あらすじと感想 第1話 再び始まる物語

チャン・ナラさん&ソ・イングクさん主演の韓国ドラマ、【君を憶えてる】を見始めました


もう1つ、同時期にスタートした某有名ドラマも見るには見てみたんですが、自分的にはどこか引っかかるところがあっため(「愛の〇りもの」「ビッ〇マン」「大〇夫、愛だ」を見た時も感じた予感)早々に退散することにして、こちらを見ることにいたしました


一応ミステリーには分類しましたが、こう言っては申し訳ないけどそこまで本格的なミステリーではなさそうですし、極端に騒々しいコメディでもなさそうで、のんびり楽しむにはちょうどいいかな君を憶えてるが楽しそう♪、な感じです。馬鹿々々しいコメディは、それはそれで大好きだけれど、そこに病人や弱者を絡めてくるのは、どーにも好きになれんのだす。自分で言うのも変ですが、その辺のさじ加減が難しいところです


公式サイトには、ソ・イングクさんが「SHERLOCK」のベネディクト・カンバーバッチに似ていると話題になったとの紹介もありましたが、それはないな~全然タイプが違います


カンバーバッチはものすご~く野太い声の早口で見るからにサイコだけど(それはそれで大好きですが)、ソ・イングクさんは、声はソフトで穏やか&爽やかだし、見た目も異常には見えません。これから変わっていくんでしょうか。


チャン・ナラさんの、ちょっと気の強い刑事役はピッタリですね。ふたりは大体同い年設定ということですが、実年齢の差もまったく気になりません。ふたりが並んでいるのは実に爽やかです~やっぱりシャーロックではありません(褒めてます・)。


週2回で全16回というペースもちょうどいいですね。以下、登場人物の紹介をメインにした簡単なあらすじをまとめておきます君を憶えてるのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずは男性主人公のイ・ヒョン(ソ・イングク~カン・ウ@主君の太陽)は、元々はアメリカで刑事司法学部の准教授として働いていたようです。が、そこに突然謎のメールが送られてきて、過去に封印したはずの記憶が蘇りました


このメールの送り主は誰なのか?いったい何をしようとしているのか、気になったヒョンは、早速韓国に戻ることにします


どうやらそのメールに添付されていた写真は、ソウルの方背洞で起きた殺人事件の現場写真だったようです。ヒョンが言うには、その現場写真には「手旗信号」がそこかしこに隠されていたそうで、それを解き明かした結果現れた座標軸の交わるところ=桃花洞で、第二の殺人事件が起きたのだとか


ヒョンが訪れた桃花洞の現場にいたのが、ヒロインのチャ・ジアン(チャン・ナラ~ソヨン@童顔美女)という女性刑事です。


ジアンは特殊犯罪捜査チームの所属らしく、その同僚には、ソン・ミョンウ(ミン・ソンウク~ヒョンギュ@ピノキオ)、チェ・ウンボク(ソン・スンウォン)、ミン・スンジュ(キム・ジェヨン)がおり、もうじき新しいチーム長が来るのを待っていたところにヒョンが現れたため、てっきりヒョンをチーム長だと勘違いしてしまいます。


が、そこに本物のチーム長=カン・ウンヒョク(イ・チョニ~ヨンシル@大王世宗)が登場し、ヒョンは一転して「不審者」と見なされてしまいました


でも、ジアンがヒョンを追いかけたのは、単に不審者だからではなく、なんと20年も前からストーキングをしていた相手だからなのだそうです。要するに一目惚れしたのでしょうか?でも、幼い頃から天才的頭脳を有していたヒョンにとって、みるからに平凡そうなジアンは目に入らなかったようです


今後ヒョンは、その天才的頭脳を生かして捜査チームに協力し(ここはシャーロックと同じ)プロファイリングを展開していくらしいのですけど、そのヒョンの父、イ・ジュンミン(チョン・グァンリョル~ホジュン@ホジュン)もまたプロファイラーだったのだそう


ジュンミンは、ヒョンが幼い頃(ホン・ヒョンテク~イェジンの息子@家族なのにどうして)、凶悪犯のイ・ジュニョン(D.O.)を担当し、接見を繰り返していたそうです。ジュニョンはきっと、古くは「羊たちの沈黙」のハンニバル・レクターを彷彿とさせるシリアルキラーなのでしょう。なかなか雰囲気ありましたね


ある日ジュンミンは、ヒョンが動物を土に埋めたのを見て、思わず戦慄を覚えてしまいます。もしや息子もまたジュニョン同様サイコパスなのではないか?!ジュニョンにまんまと騙された(-_-;)


そんなジュンミンの心はジュニョンに見透かされてしまいます。ジュンミンのカバンを届けに警察にやってきたヒョンがジュニョンに呼ばれて話をしているのを見たジュンミンは、近所で起きている犬の連続殺害事件もヒョンの仕業だと思い込んでしまいます。まさにジュニョンの思うツボです。


ヒョンが、その年齢では考えられないような大人びた抽象画を描いていたこともこのジュンミンの誤解(たぶん誤解)に拍車をかけてしまいました。その上、ヒョンの弟(ホン・ウンテク~スンジュン@主君の太陽)が、お兄ちゃんは信用できない、などといったから尚更です。もしかして、こちらの弟の方が実は異常性格者だったってことはないんかな


ジュンミンは意を決して、ヒョンを世間から隔離して育てることにしたようです。が、賢いヒョンは、父の備忘録を読み、既に父が自分を「モンスター」と認識したらしいことを悟っています


はたしてヒョンはこの後、どう過ごしていったのでしょう?父と弟は記憶から消したと語っていたので、そこもまた事件の解決とともに明かされていくのでしょうか。そもそもヒョンに思わせぶりなメールを送ってきた犯人が、この弟だったりするんですかね~さすがに安易すぎでしょうか


「主君の太陽」を見て以来(実は今も見ていますが)、カン・ウのソ・イングクさんがとぉ~っても気に入ったのに、その後相性の合うドラマが無くてなかなか見られず、ちょっとがっかりしていました。これは楽しく見られそうで超嬉しいです君を憶えてるは続きもとっても楽しみです君を憶えてるが面白そう(^◇^)


君を憶えてる DVD-SET1君を憶えてる DVD-SET2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は君を憶えてるのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング