2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

韓国ドラマ、【華政ファジョン)】、本日は20話です華政のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


副題に使った「片翼の国王」という表現は、今ちょうど並行視聴している「王の女」で、ある人相占い師(ソンイ)が、当時世子だった光海君を占った言葉です王であって王ではない運命を持つとは実に的を射た表現だと感心したので、ここで使わせていただきました。以下ネタバレのあらすじです。


今回物語はまた意外な方向に展開していきました。それともそうなるべくしてそうなったのかもしれません。なんと、ファイがホ・ギュンと手を組むことにしたらしいのです


きっかけを作ったのはイヌでした。とはいえ、イヌが画策したわけではなく、イヌから「観音の目」の持ち主がファイだと聞かされたギュンがファイを拉致し、キム・ゲシ、ひいては大妃が「観音の目」を捜している理由を問いただそうとしたのです


最初はひどくギュンを警戒していたファイが、ギュンの話しぶりから、実はギュンが光海君の失脚を狙っていると気づき、自分達の目的は同じだと打ち明けました。ギュンはさぞかし驚いたことでしょうね。一介の硫黄職人が王の命を狙っているとは?!単なる職人ではないな?


いったいこいつは何者なのだ!?


一方の光海君はジュウォンを連れて、後金の使者たちと秘かに密会していました。彼らが「ハン」と呼んでいたのは、多分、モンゴル民族らが用いる「ハン(カン)=部族の王=おそらくヌルハチ」を指すものと思われます。光海君は、後金との戦のために兵を出せと要請する明を牽制するため、秘密裏に後金と接触を図っていたのです


ジュウォンは、たとえ今は友好的でも、いざ明を倒して強国になったら強大な敵になり得ると憂えていたのがまた象徴的でしたね。まさにその通りになる訳ですから。でも光海君はそこをうまくかいくぐってこその外交だと取り合いません。


そこに明がまた絶妙なタイミングで心理戦を仕掛けてきます。何と明の欽差官としてやってきた皇太子の朱常浩(チョ・スンヨン~ユン・ホ@インス大妃)は、王である光海君ではなく、慶運宮の大妃を訪問したのです。これは、ギュンから入れ知恵されたジュソンが明に進言したようです。


大妃も驚きましたが、怒ったのは光海君です。自分を差し置いて、しかも、幽閉中の大妃を訪ねるとは王を愚弄するにもほどがある!!


光海君が怒り心頭に発して開いた便殿会議で、重臣たちとその怒りを共有しようとする姿が実に印象的でしたね。自分に反対する者も、ここは一旦それを棚上げにして、明が朝鮮に対して行ったこの無礼極まりない仕打ちについて考えてほしい。それでも宗主国だという理由で明におもねるべきと思うか!?


西人派のキム・リュたちもこれには一言もなく、ジュソンの目論見は失敗したようにも思われましたが、逆に、大北派のチョン・イノンらは、結局は明に従わざるを得ないだろうと消極的です。


一方で、イ・ウォニクから、ファイを呼ぶよう頼まれたホン・ヨンも、その意図が分からず怪しんでいます。なぜあの者が慶運宮に行ったのだ?しかもファイは自分が慶運宮に行ったと知られたことを知って、姿をくらましてしまいます。この直後にホ・ギュンの部下に拉致されてしまった訳です。


このウォニクやハンボク、そしてホン・ヨンたちが~おそらくは大妃と組んで~どう動くかにも注目ですね


それ以外では、大切な数珠を無くしたファイのために、ジュソンとイヌのそれぞれが、数珠代わりの腕輪を買ってくれたのが楽しかったですね。女性に慣れたイヌは実際にファイを店に連れて行って買い与えましたが、ジュウォンはこっそり買ったのをまだ渡せずにいますいかにもジュウォンらしい♪


またイヌは、ファイとジュウォン(=「男二人)を守るためにこの度訓練都監に入ったそうです。このジュウォンとイヌ、ふたりの性格の違いがまた実にイイ。このふたりなら、ファイを挟んでドロドロの三角関係になどならない、と信じたいところです


とりあえずは、ファイがホ・ギュンとどう手を組んでいくのかが見どころになりそうです。個人的には、いくら光海君が憎いとはいえ、ホ・ギュンのような卑劣漢に手を貸すのはあまり感心しませんけれど


華政は続きもとぉ~っても楽しみでございまする華政=ファジョンが面白い(^◇^)


華政[ファジョン](ノーカット版)DVD-BOX 第一章華政[ファジョン](ノーカット版)DVD-BOX 第二章華政[ファジョン](ノーカット版)DVD-BOX 第三章華政[ファジョン](ノーカット版)DVD-BOX 第四章華政[ファジョン](ノーカット版)DVD-BOX 最終章

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.