このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ミセン-未生-
 社会派

ミセン-未生- あらすじと感想 第24話 試練

ミセン-未生-のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ミセン-未生-のあらすじと登場人物


イム・シワンさん主演の韓国社会派ドラマ、【ミセン-未生-】、今週は24話です


このドラマが始まってからず~~~~っとグレには「試練」が与えられ続けておりますが、その内容が、グレの成長とともにグレードアップしているように感じるのはおばさんだけでございましょうか


よく、神様はその人間に越えられないような試練はお与えにならないと言われますけど、まさにその通りなのかな、と思う次第です。グレが成長してきたからこそ、その成長に見合う試練が与えられている、その試練を乗り越えればグレはもっともっと成長できる、そんな気がしてなりませんミセンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


以下ネタバレのあらすじです未生のネタバレです~ご注意ください♪。ますはそのグレから参りましょう


心機一転気を取り直したグレは、自分でも企画書を作ろうと思い立ったようです。営業3課で1年学んできたことを活かしたい、もう素人とは言わせたくない、そんな一心で作り上げた企画はでも、サンシクからこてんぱんにけなされてしまいますオ次長は相変わらず厳しい(;´・ω・)


課内でプレゼンした際、今やすっかりグレに好意的なグァヌンは、拍手を送ってくれました。少なくともアマチュアは脱したと言ってくれますが、サンシクはグレを、言うに事欠いて「マヌケのできあがりとこき下ろします


この派手なだけの資料はなんだ?つまらないユーモアや無駄な英語があふれている。いったい何を誰に売りたいのか分からん。プレゼンは中身が勝負だ


1年前、インターンの時のプレゼンを思い出しますね。あの頃のグレには何の知識も(ベッキのようなプレゼンの)テクニックも無かったけれど、明らかに誰に何を売りたいかという強い意志だけはあった。それが無くなってただ小手先の技術に走ってしまっては、グレがグレでなくなってしまいます


後にこの資料を見たベッキが、あれこれ細かいところは抜けているが全体としては悪くないと語ったのはそのためだと思います。ベッキも今のグレと同じで、本質が分かっとらんのだす


一方で、普段のグレを高く評価してくれた人物もおりました。それが鉄鋼1課のカン・ヘジュンです。前回の予告でも知らされていたトラブルは、どうやらワン・インターナショナルで輸出入を行っていた船舶の1隻に穴が開いたことだったそう


この知らせに慌てふためく鉄鋼1課で、ベッキも必死に対応しようとしますが、その提案はことごとく却下されてしまいます。他の船への積み替えはサイズ面で無理だと言われ、クレーンも潮流が速いため使えないと、それも即座にダメだしされてしまいました。ベッキが考えることは既にヘジュンも考えていること=型通りの方法なのですよね~きっと。


が、たまたまここを通りかかったグレが、つい、「穴が開いたのなら塞げばいいと口にしたことがヘジュンを大いに閃かせます。そうか、その手があったか!


グレにしてみれば、単純かつ明快な答えをしただけなのに、下手に知識のあるヘジュンやベッキには、その単純極まりない方法を思いつくことができなかった、というところがミソですよね。それこそがグレの強みなのです


よく囲碁には「定石」があって、それを記憶すればいいと言う方もいらっしゃるけど、それだけではないのですよね。どんな攻撃にも臨機応変かつ柔軟に自分自身で対応できなければ上に行くことはできません。


ヘジュンは早速ダイバーと「溶接」の手配をしました。これでどうにか難を免れ、船は無事に航海を続けることができたそうです。ヘジュンばかりか、その上司の課長(チェ・ヨン)までもがこう言います。


チャン・グレに助けられた


当然ベッキは面白くありませんし、グレも恐縮していましたが、でもサンシクは満更でもなかったようです。ヘジュンがわざわざサンシクに、グレに助けられたと報告したシーンがまた楽しかった。サンシクは、いつも通り、そっけなく

たまたまだろう

とグレをけなしますが、ヘジュンは「偶然で当たるなら実力だ」と評価し、正解を知らずとも答えを導き出す(のは天賦の才だ)と褒めたのです。買いかぶりだなヘジュンがグレをべた褒め(^◇^)、と言いながらもサンシクの鼻の穴はか~なり大きく膨らんでおりました(^0_0^)


横でこの会話を聞いていたベッキは、なぜヘジュンは真面目に働いている自分には厳しく当たり(mustをshallに直せとか)、よその課の、しかもいつも「まぐれ当たり」みたいなグレばかり評価されるのかが分からず、腹が立ってなりません


身内だからこそ(もっと成長してほしくて)厳しくするんですけどね~隣の芝生は青く見えるとはよくぞ言ったものですね。


ベッキはついグレに、他の課の事より自分に足りないところを埋めるのが先だよ、と八つ当たりせずにいられません。このふたりが、もし学歴が同程度だったなら、グレももっと気軽にこう言えたに違いありませんのにね。え~うちのオ次長の方が厳しいよ、ってベッキ嫉妬めらめら( *´艸`)


でも、今回久しぶりに(インターンの同期だった)サンヒョンに会ったベッキが、サンヒョンがグレを罵倒したのに同調しなかったのは高く評価したいです。ベッキはグレを認めているだけに、高学歴の自分が歯がゆくてならんのでしょう。それが分かっただけでも、いまだに学歴をひけらかしているサンヒョンとは大きく差がつきました。その学歴を実際にどう生かすか、が大事なのにね


一方、サンシクからダメだしされたグレは、ベッキに言われた言葉を噛みしめていました


階段を上るには基礎が要る。基礎がないままではたとえ上がったとしても振出しに戻される


すっかり落ち込んだ姿を見たサンシクの脳裏には、やはり落ち込んでいたヨンイの姿やグァヌンの言葉が浮かんできます。どこがいけないのか教えてあげてはいかがですか?


いくら過度な期待を持たせてはいけないとは言え、もしどうしても正社員としての採用が無理なら、グァヌンの言うように「ここでの実績」を作ってやることもサンシクの務めですよね


サンシクはグレに「10万ウォン」を差し出して、これで何かを(買ってそれを)売って来いと命じました。カッコいい事業など要らん。事業は商売だ


これは以前、ドンシクも命じられたようでしたね。それを知っているヘジュンは、ベッキにも(良い機会だから)一緒に行くよう命じました。ベッキにこのヘジュンの親心が早く通じるとよいのですが


ドンシクが昔を懐かしく思い出しながら、利益を上げることだけを考えて、まさか市場で格安の靴下と下着を買ったりしないだろうな、と笑っていると、グレがドンピシャでその通りに行動したのにはまた大笑いでした。しかもベッキは、大学時代の先輩のつてを頼り、それを売りつけようとしているようです


いかにもエリート社員らしいあの男性が、格安の靴下と下着を着用するとは思えませんし、そんな「甘ったれ」は不快に思われるだけでしょうな。公私混同するなと叱られるのが落ちでしょう


予告ではグレも、昔のつてで囲碁会館に行くようですが、これとてまた同じことです。おそらくはその囲碁会館と思しき場所にいた男性(ソン・ヨンジェ~キム・ボンダル@輝いてスングム)は、グレの先輩でしょうか。


サンシクは「商売の基本=何かを必要としている人にその何かを売る」を教えようとしているに違いないのですが。それならまだ電車の中で突撃販売する方がマシかも~ですね


さて、次はヨンイです。今回はヨンイに関する謎がほぼ一気に解けました


まずヨンイが返していた金は「父親」がサムジョン物産のシン・ウヒョン課長に借りた金だそうです。娘の上司に無心するなど非常識もいいとこですね~。それでヨンイはいたたまれなくなって会社を辞めてしまったに違いありません


昨年末、ヨンイはようやくそれを返し終えてニンマリしていたのですね。それなのに、またしても母親から電話がかかってきて、父親がまた家の保証金を持ち出したから、金を工面してほしい、と泣きつかれてしまいます。そうしないと家を追い出されてしまう、と泣かれては、仕事に集中できるはずもありません。ヨンイはこの父親の浪費癖のせいで、高校時代から苦労を強いられていたそうです


いつもはシッカリ者のヨンイからは考えられない単純なミスの連発に、資源2課の課員は全員で心配しますが、ヨンイが頑なに「バリケード」を張ったため、逆にソンジュンはヨンイを非難してしまいます。何でもないならちゃんと仕事をしろっ!


結局ヨンイは銀行へ行って金を工面したようですが、これを職場の先輩に言うことはできませんよね。それでは(多分)ウヒョンの時の二の舞になってしまうのでしょうから


ヨンイはヨンイなりに公私の区別をつけようと必死なのですが、そこを説明できないのが、見ていて何とも気の毒でした。ヨンイが電話で父親を怒鳴っている姿を目撃してしまったサンシクもきっと同じ気持ちだったことでしょうヨンイさん、大丈夫か?(゜o゜)


さて、今回も最後はソンニュルです。ソンニュルはもう今の職場を辞めて「現場」に戻りたいとグレにこぼしていました。今ではジュンシクのみならず、会社中の人から「生意気な新人」という目で見られてしまっているからです。


ここに俺が変えたいと思うことは無い、と言ってたけど、このままでは「泣き寝入り」ですものね。何とか一矢報いさせてやりたいですねソンニュル=壁犬負けるな~( `ー´)ノ


と、相変わらず内容てんこ盛りのミセン未生)でござる。来週の放送もとっても楽しみでござりまするミセンが面白い(^◇^)


ミセン -未生- DVD-BOX1ミセン -未生- DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はミセン-未生-のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング