2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

キム・レウォンさん主演の韓国ドラマ、【パンチ~余命6ヶ月の奇跡】、本日は14話です。以下早速ネタバレですパンチ余命6ヶ月の奇跡のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ジョンファンは、またしても、最大のピンチをチャンスに変えました


今回ガンジェは、ヨンジンにジョンファンを裏切るよう仕向けたのですが、ジョンファンは再びこれも見抜き、ヨンジンに、相手の懐に入ってスパイをするよう命じたのです


ヨンジンがガンジェに出した条件は、父のみならずその息子の立候補資格(被選挙権)を奪うことでしたが、ジョンファンは、自分の計画の方がより「夢」に近づけると説得したのだそうです


その際ジョンファンはヨンジンに、決してガンジェを信じてはならないと言い含めています。ガンジェはたとえどんな約束をしても必ず裏切るから、もし万が一運命を託すようなことになったら、ガンジェではなくテジュンにするよう付け加えました。これは自らの体験に基づいての忠告でしょう。


そうなんですよね~テジュンは確かに悪人ですが、一旦自分の懐に飛び込んできた者は最後まで面倒を見るという、まるで昔の任侠映画の親分みたいなキャラなのです。でも、もし相手が自分を裏切ったら、とことん追いつめて八つ裂きにするタイプですが


そしてまさにその通り、テジュンは自分の罪をすべてジョンファンに擦り付けるつもりのようです。大統領になるためにそぎ落とさねばならない「汚れ」はすべて「ジョンファンの棺」の中に入れると豪語します。ジョンファンが死んだら即、これを「パク・ジョンファン事件」として立件するつもりだとも


もちろんジョンファンは、この計画も全て聞いていました。腹を立てるヨンジンに、ジョンファンはただ、こう答えます


人は最も華やかな瞬間に大切なものを失うんだ。俺がそうだったように。


ジョンファンは、ガンジェの汚職の相手=ミョンホ建設の社員から社長まで、収賄の証拠を握る人物に会って、不正を告発するよう脅しましたが、これも最後の最後で阻止されてしまいます。テジュンはついにジョンファンの病をマスコミにリークさせたのです


「余命1カ月 不屈のパク検事!」


ジョンファンは、彼らが罪を告白しても、数カ月後には必ず拘束を解くからと約束したのですが、それはできぬ約束だろうと言わんばかりに、この記事を差し出されてしまいます


それももちろん悔しかったですが、それよりも心配なのは母の事です。ジョンファンはすぐにヒョンソンに電話をして、これを母の目に入らぬようにしろと命じましたが、もう時既に遅しでした


ジョンファンの父が同じ病で他界してからずっとジョンファンに頼りきりだったという母は、帰宅したジョンファンが黙って布団を敷いたのを見て、ちょうどその時のことを思い出したようです。ジョンファンは、父が死んだ時も母のために布団を敷き、一晩中ずっとその不安のはけ口となってくれたのだそうです


すまない。一緒にいてやれなくて本当にごめん。


そう謝るジョンファンに、母は、せめて1年は生きてほしいと頼みました


春になったらイェリンの入学式があるし、夏には好物のスイカもたくさん食べなくちゃ。去年のお盆にはお前の好物のお餅を作ってやらなかったね。今年のお盆にはたくさん作ってあげるから、たくさん食べてね。


もう検事も辞めてすべて忘れて、1年でいいから母さんの側にいて。1年でいいから!!お願いよっ!ジョンファンっ!!


ジョンファンもまた、様子を見にやってきたハギョンに同じことを訴えます。1年でいい、いや、3カ月でいい。イェリンの入学式に行きたい、と泣きましたジョンファンが初めてハギョンの前で泣きました


ハギョンは入院を勧め、仇は私が討つと約束しますが、ジョンファンは、自分の人生が無意味だったと悔まれてならないようです。


ユン・ジスクが息子を救うために仕掛けた罠にまんまとはまり、イ・テジュンのために手を汚して死ぬなんて!!


その少し前に、痩せたパパを心配したイェリンが、友達に聞いた「太る方法」をまず自分が実践したら2キロも太ったと笑っていたシーンも涙なしには見られませんでしたよねチーズケーキとチョコレートケーキじゃ太るわね(;´・ω・)


ハギョン、こんなのあんまりだろう!?


ジョンファンは、奴らに罪を償わせ、自分も罪を償う、そうしなければ死んでも死にきれない!と決意を固めるのでした。痛みには耐えてみせる。奴らを野放しにしたまま死ぬのだけは絶対に嫌だ!


涙が止まらないジョンファンを見ていたハギョンもまた、ジョンファンを突き放したりせず、抱きしめて優しく諭すべきだった、と悔みます。永遠の別れがこんなに早く来るとは思いもよらなかった!ごめんなさい、ジョンファンさん私が悪かったわ!


が、「正義の女神」は、決して、心から悔い改めたいと願うジョンファンを見捨てませんでした


ハギョンは、最高検察庁の監察局に依頼してガンジェの不正を捜査したいとグクファンに訴えました。グクファンは、証言が得られなかったこの局面では無謀な捜査だと憂えますが、ハギョンは、自分がやらなければジョンファンが無理をする、と食い下がります


検事としてではなく、パク・ジョンファンの元妻としてお願いします


監察が出向いたのが、ガンジェが家族水入らずで食事をしていたところだというのがまた何とも愉快、否、辛辣ですね。しかもそこには、ガンジェに憧れているという子供まで写真を撮ってほしいとねだってきていたところだったのです


哀れなガンジェは彼らの目の前で引っ立てられてしまいました。もちろんすぐにテジュンが動き出します


賄賂を受け取っていたのか?俺がもっと手当をたくさんやるべきだった。家族には手違いだと連絡しておいた。明日の朝には帰れるから取調室に用意させた簡易ベッドで寝ろ。一晩だけ耐えろ。


ここでテジュンは、ガンジェの80になる母親を心配しているのがまた何とも皮肉でしたね。事件のことが耳に入らないうちにガンジェを家に帰してやりたいだなんて、一旦見捨てたジョンファンの母=オンネは、1カ月しか余命の無い息子をあれほど嘆いていたというのに


テジュンは早速、グクファンの息子の罪を持ち出そうとしますが、ここはジョンファンがジスクに命じて止めさせます。ジスクがイリノイ州知事に先に電話をして牽制したため、テジュンの電話はもう繋いでもらえません


そこにさらにジョンファンが止めを刺してきますまさに必殺パンチを繰り出してきます(^^)/。ジョンファンは、テジュンが取調室に見に来ることを百も承知で、ガンジェの「秘密」を暴露したのです。ヨンジンもまた、昔から王の寝首を掻くのはその側近だ、とテジュンを脅して援護射撃をしています


グクファンの息子の麻薬の件を暴露すれば済むことなのに、どうしてここに一晩泊まれと言ったのでしょうね。大統領になるのに邪魔になるお荷物をあの総長が持っていくでしょうか?それとも蹴落とすでしょうか?


総長に隠れて作った合鍵を使い、総長と長官を結び付けている物を持ってきさえすれば解放しましょう


ガンジェの迷った顔を見たテジュンは、迷うことなくガンジェの裏切りを確信しました。こうなったらしめたものです。ガンジェが実際にどうしようと、もうどうでもいいことだ


が、ガンジェは、期待通りに、テジュンの部屋に入り、合鍵で引き出しを開けてしまいます。が、もちろん、あの「検」と書かれた箱の中にチップはもうありません


ガンジェがハッと気づいた時には、部屋の電気が点灯し、テジュンが中に入ってきましたテジュン、来た~!(^^)/!ここはもうやれやれ~でしたねパンチ~余命6ヶ月の奇跡が面白すぎ!(^◇^)


あ~今日はどうなったのかな~。早く続きが見たいでござるね


パンチ~余命6ヶ月の奇跡~DVD-BOX1パンチ~余命6ヶ月の奇跡~DVD-BOX1

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.