2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

キム・レウォンさん主演の韓国ドラマ、【パンチ~余命6ヶ月の奇跡】、本日は16話ですパンチ~余命6ヶ月の奇跡のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


これも、また今頃気づいたのですが、オリジナルは19話だったそうですね。それでなくても展開が早くて分かりにくいドラマなので、ノーカットに近い編成(全25話)で放送してくださるのは実にありがたいです。残り9話もタップリ楽しませていただく所存です。以下ネタバレのあらすじです。


今回最も印象に残ったのはジョンファンの誕生日でした。オンネとイェリン、そしてハギョンがそれぞれ用意した「プレゼント」がまた実に感動的でしたね


なかでもジョンファン母は特に物を用意したわけではありませんが、イェリンに、

「100歳まで長生きする

と言って健康ドリンクを買いこんだらしいことが何よりのプレゼントでしょう。何せ彼女はジョンファンの分も長生きしてイェリンの将来を見届けねばならぬのですから。


そしてそのイェリンは、自分のお小遣いでバースデーケーキを買ってきたようですイェリンが可愛すぎてジョンファンの気持ちが分かる(;´・ω・)。お小遣いが足りなくて小さいものしか買えなかったけれど来年はもっと大きな物を買うわね、と語る娘の姿をジョンファンはどんな気持ちで見つめていたのでしょうか


またハギョンのプレゼントは、ジョンファンの無念を晴らすことです。これは事件絡みなので、まずはあらましから説明させていただきまする


追いつめられたテジュンは、自分が逮捕させたガンジェのもとを訪れて泣き言を言いました。するとガンジェもまた、テジュンには20年来の付き合いという「情」が残っているから、この危機を乗り越えてほしいと語ります。ガンジェは、今、ユン・ジスクの夢を応援すれば、起死回生のチャンスがあると主張しました。


その「夢」はまさにテジュンの夢と同じでした。なんとですね~ジスクもまた大統領になりたいと願っていたのだそうです。その動機は、一応、弱者のために良き政治を行いたいというものですが、それももはや胡散臭いですよね。一旦どっぷり悪に浸かったジスクに、それを償わない限り、「正義」を語る資格はありません


が、ジスクはそうは思っていません。自分こそ、この東京を、日本を、あ、間違えた、韓国を変える人間だと思い込んでいるのです。(小〇さんの顔見てるとついダブって&言いたくなっちまって


テジュンは早速ジスクに許しを請いました。これからは全身全霊を捧げて長官にお仕えします!!


ジスクはこれを受け入れ、テジュンと秘書室長、ひいては大統領府(青瓦台)の間を取り持ちました。これ以降はもう、茶番=猿芝居以外の何物でもありませんでしたね~。何せ、法務部長官と検察総長が鉄の結束を結んでしまったのですから、もはや突破のしようがありません


そこでようやくハギョン=バースデープレゼントの登場です


ハギョンは引き続き、7年前のブローカー事件でジスクを追いつめると断言しました。ハギョンはジョンファンと結婚する前、ジスクの息子のサンヨンの嫁にと望まれたことがあるそうで、今回そのサンヨンが、図々しくも、兵役逃れの裁判を担当すると聞きつけたようです。


ハギョンは7年前にジョンファンがジスクに逮捕された時、いくら「取引」をしたとはいえ、事件を解決するためなのだから、検察内で処罰すればよいだけで、拘束する必要はないとジスクに訴えたそうです。が、ジスクは、いとも冷たく、こう言い放ったそうです


自分や家族に甘い対応をして、他の被疑者を厳しく追及することができるのかしら?法はひとつよ。あなたにとってもあなたの夫にとっても


まったくね~権力という誘惑はここまで人を変えてしまうのでしょうかその言葉そのままそっくりお返しします(`・ω・´)。テジュンが言うには、ジスクは法曹界では名門中の名門の家庭で生まれ育ったそうですが、結局その教えは机上の空論だったということですよね。今こそ、我が子を差し出して、真の正義を実現する時なのにそれができないのですから


ハギョンは、ユン・ジスクとイ・テジュンは同じ船に乗ったから、兵役不正問題が明らかになれば二人の船は沈没すると断言し、これが自分のバースデープレゼントだと語りました。気に入ってもらえたかしら?


既にハギョンは、ブローカーとサンヨンを結ぶ接点~サンヨンがヘルニアだとの偽の診断を下した医師を見つけたそうです。そのソ・ヨンチョル(イ・グァンセ)が、なんと、ヒョソンの恋人のドンフンの父だったというから驚きです


ま~相変わらず狭い世界ですが、ドンフンが、医療ミスを認めて医師を辞めたのは、この不正にまみれた父に反抗しての事だったのだとか


このヨンチョルは末期の認知症患者で、記憶がないどころか話すことすらできませんでしたが、医師は、死ぬ前にほんの少しだけ容体が回復するという回光返照が期待できるかもしれないと語りました。


ジョンファンはドンフンに会いに行き、ヨンチョルに回光返照が見られたらすぐに連絡するよう頼みます。


が、せっかくその時がやってきたというのに&ヨンチョルも真実を明かすと約束してくれたというのに、今度はそこでジョンファンが発作を起こして倒れてしまいます。ジョンファンが病院に駆けつけたところで意識を失っていた隙に、ヨンチョルは息を引き取ってしまったそうですなんてこった!(>_<)


やはり、ヒョンソンの指摘通り、ジョンファンの病はかなり進行しているようです。だからこそ「奇跡」なのでしょうが


一方で、総理が亡くなってその椅子が空くという事態が起きると、なんとジスクはテジュンに、自分を総理の座につかせるよう命じてきました。テジュンはあれこれ言い訳をしては何とかこれを回避しようとしますが、ジスクは追及の手をゆるめません。もはやジスクがテジュンを超えた悪魔に見えてきたのはおばさんだけでございましょうか


こうして、唯一の証人を失ったジョンファンとハギョンに対し、ジスクは総理となってしまいました。果たしてふたりはこの難局にどう立ち向かっていくのでしょうか?ハギョン頑張れ!ジョンファン、しっかり!


パンチ~余命6ヶ月の奇跡も残り10話を切ってきました。続きを見るのが待ち遠しいです


パンチ~余命6ヶ月の奇跡~DVD-BOX1パンチ~余命6ヶ月の奇跡~DVD-BOX1

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.