このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

君を憶えてる
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

君を憶えてる あらすじと感想 第5話 ジアンの過去

チャン・ナラさん&ソ・イングクさん主演の韓国ドラマ、【君を憶えてる】の5話は「ジアンの過去」です。これまた意外な展開でやるせなかったですね~君を憶えてるのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。でもミステリーとしては面白かったです。以下早速ネタバレですネタバレですのでご注意を♪


今回は2つの事実が明らかになりましたまずはジアンの過去です( `ー´)ノ


まず1つめは、副題通り、ジアンの過去です。前回ジアンが父親との写真を隠したことから、何かあるに違いないとは思っていましたが、なんとジアンの父は、自殺を図った(装った)ジュニョンを搬送していた刑務官だったのだそうです


ジュニョンの脱走とともに姿を消したジアンの父は、皆からジュニョンの共犯と誤解され(誤解だと思います)、ひとり残されたジアンは、犯罪者、ひいては殺人犯の娘と罵られて育ったそうです。


しかもこの後ジアンは、ヒョンが(ジュニョンのプロファイリングをしていた)ジュンミンを殺したと聞かされたのですから(正確には盗み聞きですが)、後にこの事実がつながった時、刑事になって真相を突き止めたいと決意したのかもしれません。


今回ジアンがこの事実を語ったのは、もう1つの「事実」を突き止めた後の事でした。その事実とは、前回ヤン・ジンソク刑事が殺された理由は「犯人による復讐」だったことです


その犯人はパク・デヨン(シン・ジェハ)と言い、幼い頃、母と妹を殺された挙句、父親のヨンチョル(キム・ギュチョル~パク・ギチュル@メイクイーン)を冤罪で逮捕されてしまったという、何とも理不尽な思いを強いられた青年でした


その冤罪を黙認したのが、前回登場した「部長検事」のシン・ジャンホ(キム・ジョング)だったのだとか


この事件の真犯人は暴力団の構成員=チョ・ヒョクチュだったらしいのですが、この事件を担当したヤン刑事(警部)とチェ・ヒョンウ刑事(当時は巡査部長)は、前日妻と口論していたヨンチョルが犯人だと思い込み、自白を強要したそうなのです。シン部長検事はヒョクチュに目をかけていたため、口をつぐんで、言われるままにヨンチョルを起訴してしまったらしい


テヨンは、このヤン刑事だけでなく、その2週間前にチョ・ヒョクチュをも殺害しており、その後にはチェ刑事も殺してしまったそうです。凶器は同じアイスピック状の先の尖ったものだそうです。


ジアンは、服役中のヨンチョルに面会し、自分の過去を打ち明けて、自分同様「犯罪者の父」を持って苦しんだに違いないテヨンを救いたいと訴えました。これでようやくヨンチョルが警戒を解き、テヨンの居場所を聞き出したところ、テヨンはなんと、母と妹が殺された部屋に今でも住んでいたことが判明します


前回のしゃっくりを聞きつけてクローゼットを開けようとした途端、中から飛び出してきたジアンに「セクハラ」呼ばわりされたミョンウ()たちが早速そこに駆けつけると、そこにシン部長検事の写真も置いてありました。次は彼が狙われると知ったチームは、ひとり腹痛で出足が遅れたチーム長のウンヒョクに連絡し、そのウンヒョクが部長検事宅に駆けつけて、テヨンを待ち伏せすることになります


このウンヒョクがまた、見かけによらず、なかなか強くて驚きましたね。相手がそんな可哀想な犯人じゃなければ、もっとう~んと楽しかったのに残念です


家族が殺された部屋に今でも住んでいたテヨンは、いったいどんな気持ちで日々を過ごしていたのか、は、同じように父が死んだ家に住んでいるヒョンが、最もよく理解できるのかもしれません


結局、これまでずっと無実を訴え続けてきたヨンチョルは、これを機に再審請求を断念し、テヨンは3人を殺害した罪で服役することになったそうです。死刑にならなかったのは情状酌量されたからでしょうか。ちなみにヤン刑事は末期がんだったようです~だから尚更抵抗しなかったのかな


その後テヨンは、ヨンチョルと同じ刑務所に送られてきたそうです


それがヨンチョル親子を哀れに思った神の采配なのか、それとも、シン部長検事が手を回したのか、は分かりません。そう考えたのは、実際、シン部長検事はソノに、ヨンチョルに接見するよう、そしてその息子のテヨンを捜すよう命じていたからです。それもまた「良心の呵責」がそうさせたのかもしれませんし、そうではなくて他に理由があるのかもしれません


というのも、何せこのシン部長検事が今一つ胡散臭いのですよね~。彼はソノにこうも語っていたのです


知りあいが殺された。そして別の知人は姿を消した。


最初はこの「知り合い」がヒョクチュかと思ったのですけれど、どうやらそうではないようで、おそらくはもっと昔の事を指しているものと思われます。遺体を見つけて驚いていたのがシン部長検事本人(の若い頃)だとすると、相当昔のことに違いありません。その遺体にかかっていた袋に「KUMHO PETROCHEMICAL」(クモー石油化学)と印刷されていたのも気になっています


果たして「殺された知人」とはいったい誰のことなのか?そして「別の知人」は誰でどこへ行ってしまったのか?


な~んてあれこれ妄想しても、韓ドラではほとんど空振り(単なる思わせぶり)に終わることがほとんどでござるが、このドラマはどうでしょうか


あ、そうそう、今回早くもソノ自身からヒョンにメッセージが送られていましたね。昔会ったことがある、と


でも逆にこんなに早く思わせぶりされるとフツーは違う(ソノはミンではない)んですけどどうでしょうか


でもジュノが素早くヒョンの冤罪を見抜いていたのにはニンマリです。こちらはジュニョンの可能性高そうだなあ、とこれまた単なる妄想ですが


それ以外では、濡れ衣を着せられたことをいいことに、ヒョンがちゃっかりジアンの家に居座って、甲斐甲斐しく料理や掃除をしていたらしいのがまた楽しかったですね


そうそう、普通の女性なら、ヒョンが部屋に勝手に入り込んでいたことより、あんなに汚い部屋を見られたことを気まずく思うべきなのに、ジアンはまったく気にしてなかったですものね。それに料理もほとんどできなさそうですし。冷蔵庫にはビールと水だけ、な感じがします


ミステリーとラブコメの両方をタップリ楽しめる「君を憶えてる」は続きもとっても楽しみです君を憶えてるもなかなか楽しい♪


君を憶えてる DVD-SET1君を憶えてる DVD-SET2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は君を憶えてるのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング