2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

グッド・ワイフ6の主な登場人物とキャストおよび各話のあらすじはこちらからご覧いただけます: グッド・ワイフ6 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧


リーガルドラマ、【グッド・ワイフ6】の9話は「記憶に残る映像」です。英語の方は「Sticky Content」とまたなかなか憎い表現ですね~


とはいうものの、シーズン6に入ってから、全体的に話が小ぢんまりとまとまってしまった気がするのはおばさんだけでございましょうか。アリシアの州検事への挑戦も楽しいですし、ケイリーの冤罪もどうなるかは気になるけれど、毎回の内容が似たり寄ったりで、今1つ新鮮味に欠ける気がしますよね~。これは、このドラマが「グッドワイフ」だからこそ抱く贅沢な不満(期待値が高い)ですが


以下ネタバレのあらすじですグッドワイフ6のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回の見どころは2つ~冒頭に挙げた2点と一致しました


まずアリシアは、カストロの辞退を受けて、強力なライバルのプレイディに対抗するため、キャンペーンビデオを作っていたようです。


アリシアの主張と周囲の応援がうま~く絡み合ってなかなか良くできていたように思われましたが、それでは今一つパンチに欠ける)ということで出てきたのが、対抗馬のネガティヴビデオです。あれにはマリッサじゃなくても大笑いでした。プレイディをDINO=Democrat In Name Only(民主主義とは名ばかり~保守的過ぎる民主党員)と名付け、それをDinosaur(恐竜)に引っ掛けるなんて、とても大人のすることとは思えません


プレイディはダイナソー
この「大人」も揃えてますし


その上、プレイディはどうやら隠れゲイらしく、DINOとして町で暴れた後に帰宅してその着ぐるみを脱ぎ捨てると本性が現れるというくだりも、いかにもアメリカらしくて苦笑させられてしまいました


もちろん良識あるアリシアはこんなビデオを出すつもりは無かったようですが、どうやら何者かがリークしてしまったそうです。エルフマンに電話してきた男性の仕業らしいですが(イーライの声じゃなかった)、あれはいったい誰だったのでしょうか?


また、前回辞退を表明したカストロが、プレイディにアリシアの弱みを渡したそうです。それがまた「靴の箱」に入れてあるのがまた何とも嫌みでござるね


そこには、以前出てきたフィンの写真ばかりか、ウィルとの不倫を仄めかす写真もありました。が、アリシアにとって衝撃的だったのは、最近ピーターと働きだしたラモーナとそのピーターの写真です。ここはあ~やっぱり、と思わずにいられませんでしたね~。またなかなか魅力的な女性なんだな、これが。


しかも、これは後にアリシアがピーターを問い詰めたシーンで明らかになったのですが、ふたりには既に「前科」があったそうなのです


Were you sleeping with her in Highland Park?
ハイランドパークで彼女と寝たでしょ?


I'm not sleeping with her now.
今は寝てない。


アリシアがグレースを妊娠していた時の事だったそうですよ


そんな「前科者」のラモーナを、アリシアが先日再会した時に優しくハグしていたのは、やはりもうピーターに未練はない証拠でしょうか。ここは以前のジャッキーの「亡き夫の不倫相手=レイチェルに対する仕打ち」を思い出して思わず比べてしまいました(S5#9 それぞれのゲーム)。


でも~個人的に「靴箱の写真」の時ははまだ無関係だったような気がしますけどね。それをアリシアがわざわざ口に出したばっかりに藪蛇になっちまった=ピーターが踏み切っちまったのではないかと見ましたが。またラモーナがいかにも「触れなば落ちん状態」でしたし最近のN〇Kは不倫モノばっかり~受信料返せ


アリシアも、ピーターとの馴れ初めに言及した際、「I don't think I had ever had a happier moment in my life(あのときほど幸せな瞬間は無かったわ)などと、いかにもラモーナに見せつけるかのように言ったほどなのですから、まだピーターに未練がないわけじゃないのでしょうよ。あ~返す返すもウィルが死んだ後、あんな風に逆切れしなければよかったのに、と思わずにいられません


でもその後寂しくなってフィンのもとに行き、一線を越えそうになったけれど「邪魔」が入って越えずに済んだのは何よりでした。そうでなければ、せっかくの良い友人をまた失うところでしたよ。いや、ピーターと別れることにしたなら、いくらでも応援しますが、ここでなし崩しにまた不倫しても、ウィルの時の二の舞ですからね。少しは学習しなくっちゃ


さて次はケイリーです。ケイリーは今回FBIからビショップによる暗殺の恐れがあるから注意するよう勧告を受けてしまいました。FBIはビショップがケイリーを殺すよう命じた会話を入手したというのです。


ケイリーは、FBIのガセネタだと決めつけますが、さすがに周囲はそうはいかず、特にカリンダは、この通話が本物かどうかを調べる傍ら、ケイリーにボディーガードを手配します。見るからに屈強そうなカーター・グレイソン(Victor Williams)は、元NBA(Milwaukee Bucks)の選手だったそうです


その後ビショップ本人にカーターと一緒にいるところを見られたケイリーは、逆にそのことでビショップに疑念を抱かせてしまったと危惧し、自分の口からビショップに、決して彼を裏切らないことを伝えようとしました。


が、その時ついにカリンダが、その会話がビショップ本人の物だったことを突き止めます。劇中いかにも思わせぶりに、盗聴された通話では、電話をするという動詞に「phone」が使われていたが、ビショップは普段「call」を使うなどというやり取りもありましたが、それはカーターも指摘していたようにあまりあてにはならなかったようでしたね


要するにここは、どんなにビショップが良い人間に見えても、所詮マフィアはマフィアだということでしょうか


ビショップはケイリーに、確かにケイリーを殺せと命じたが単にストレスを発散させただけで、ケイリーが裏切らないと誓えば話は別だとうそぶきました。まったくね~ディランにはあんなに優しい父親なのに


が、これでFBIがビショップを盗聴したことがビショップに知られたことで、FBIではラナの責任が問われるようです。この辺は何が言いたいのかよく分かりませんね。これもまた前回のビショップと同じで、ラナからカリンダ、そしてビショップに情報が漏れていると言いたいのかな


と、今回は以上です。そろそろもう少し骨太展開が見たいものです


~これまでのグッド・ワイフのあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: S1S2S3S4S5


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.