2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

キム・レウォンさん主演の韓国ドラマ、【パンチ~余命6ヶ月の奇跡】、本日は18話です


以前ずっと日本語で見ていたので気づきませんでしたが、「パク・ジョンファン事件」は「パク・ジョンファンゲート」と呼ばれていたのですね~。その方が、いかにも政財界絡みの黒い疑惑みたいで生々しい響きですね。以下ネタバレのあらすじですパンチ~余命6ヶ月の奇跡のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ホソンから切り札を受け取ったテジュンは、またジョンファンを外に呼び出しました。そこでわざとイェリンの話題を口にしますが、ジョンファンにはその真意が分かりません。ここは嫌みに取れないこともないのですし、多分嫌みなのでしょうが、個人的にはやはりテジュンは心のどこかでまだジョンファンを思いきれないのだと確信させられてしまいました


テジュンは、きっとこれまでにも何度も語ったに違いない家族の話を再びして聞かせます。


文字も読めないおふくろが内職して小学校の学費を払ってくれた。小川に落ちて死んだ飲んだくれの親父の香典で中学の入学費を払った。兄さんは大学を休学し、工事現場で働いて、司法試験を受ける俺を支えてくれた。俺の肩には、親父とおふくろ、そして兄さんの人生が乗っかってるんだ。だから負けられない。


ジョンファンが、それは誰しも同じことだと答えると、テジュンは、それもすべては生きていての話だと反論します。死んでしまえば皆ただの土になるのだから、罪を肩代わりしても構わないじゃないかとうそぶきます。ま~この理屈には呆れちまいますが


でもジョンファンも負けずにしれっとこう言いかえしました。テジュンはこの先も長生きするから=罪を重ねるだろうから、そのすべてを肩代わりするのは大変だ、パク・ジョンファンゲートは歴史の教科書にも載るに違いないし、娘にはそんなものを見せられない、と


ジョンファンの決意が覆らないことを確認したテジュンはホソンに命じ、イェリンの不正入学の件をマスコミに流出させました。娘の顔にはモザイクをかけろなどという命令は、もはや何の意味も持ちません。


翌日の新聞に載ったこの記事は、イェリンの目にも飛び込んできました。父の笑顔が新聞に載ったことで喜ぶイェリンに「裏口入学」の意味が分からなかったことは幸いでした


ジョンファンはすぐにテジュンに電話をして、今北京飯店にいるというテジュンの下へ駆けつけますが、そこにいたのはテジュンではなくガンジェでした。この北京飯店もまた因縁の店ですね~こうした細かい「こだわり」もまた(オタクのおばさんにとっては)このドラマの楽しいところです(cf:第7話)。


ガンジェは、不倶戴天の仇に出会ったかのように、ジョンファンをじっくりいたぶります。ガンジェは検事を辞めて弁護士になったのだそうです。


お前の残された時間をすべて取調べに使ってやる!


弁護士になったのにどうやって取り調べるつもりなんだ、と思っていたら、いかにもこの男らしく実に陰険な手を使ってくるのですが、それはもう少し後の話になります


ガンジェ曰く、ジョンファンがハギョンとイェリンのために用意したマンションも入手経路での不正が発覚し、国税庁と金融調査部の合同家宅捜索が行われたそうです。ハギョンもその辺はもう諦めていて、ジョンファンが死んだら処分して、ジョンファン名義で寄付するつもりでいたと語りました


法に照らし合わせて悪人かそうでないかの定義をしたら、パク・ジョンファンは間違いなく「悪人」に分類される人間なのだと改めて痛感させられたシーンです


ホソンは引き続き、ジョンファンがハギョンに億ションを贈与した、ふたりは偽装離婚か、との記事も書かせたそうです。自分ばかりか、ハギョンまで矢面に立たせてしまったことで、ジョンファンはハギョンとともにある綿密な計画を立てました。これまた陽動作戦です


まずジョンファンは、テジュンの下へ乗り込み、270億ウォンの横領を認め=パク・ジョンファンゲートを受け入れる代わりに、ハギョンとイェリンだけは守ってほしいと、テジュンの前で土下座しました。ここで検察バッジも外しています。


テジュンは、そんなジョンファンに、虎の毛皮がほしいのに虎が怖い時は虎の子を捕まえろと言ったのはお前だ、と答えると(グクファンの息子のこと)、ジョンファンは、教えるんじゃなかったとつぶやきます。この後のやり取りがまた結構好きでした


ジョンファン、お前の頭の中に腫瘍なんかなければ、とテジュンが言いかけると、ジョンファンは(自分が)総長になっていたし、テジュンは総理になった後大統領になれた、と引き継ぎ、それをまたテジュンが、俺たち田舎者ふたりで世界を牛耳れた、と頷きます。日本語ではテジュンはいつも標準語ですが、韓国語の方はかなりひどく訛っていますものね。


テジュンはジョンファンを立たせ、その言い分を受け入れるには1つ条件があると切り出しました。ジョンファンに、今後死ぬまで病院で過ごすよう命じてきたのです。病室の前には見張りをつけるそうですから、入院と華ばかりの「軟禁」ですわね


ジョンファンは家族と過ごさせてほしいと情に訴えようとしますが、テジュンは聞き入れません。虎の子を解放したからには虎を閉じ込めないとな、というその言葉は、ハギョンとの接触を禁じているようです。


これでジョンファンの当初の計画が崩れてしまいました。ふたりはパク・ジョンファンゲートを拡大して、特検法を適用するつもりだったのです


ハギョンはすぐにジョンファンを連行して取調べ、キム・サンミンからテジュンへの資金洗浄にジョンファンが関与したことをマスコミに公表することで、特検法の適用に踏み切ろうとしていたそうです。この資金洗浄でジョンファンが受け取って現金に換えたCD(certificate of deposit~無記名譲渡性預金)の額が270億ウォンだったそうです。


グクファンは、この捜査が正当ではないと非難しますが、ハギョンは決して譲りません。イ・テジュンは法を無視しているのに、法を守っていては戦えません!!


そう言って悪にどっぷり染まったジスクやホソンのようには、ハギョンは決してならないでほしい、あくまでもその手前で踏みとどまってほしいと願うばかりでござりまする


そのホソンですが、どうやらジスクを裏切った訳ではなく、そう見せかけてテジュンの懐に飛び込んだようです。これにはちょっとホッとしました。ホソンはホソンなりにジスクに忠義立てていたのですからね。


テジュンから後処理を任されたホソンは、ジョンファンはハギョンと既に3年前に離婚しており、キム・サンミンと結託した容疑でハギョンに逮捕されたため、ハギョンにマンションを贈与し、その娘に国際小学校への入学を斡旋することで事件の隠蔽を要求したものの、ハギョンはこれらを拒否し、マンションも返還手続き中だった、と公表しました


こうしてジョンファンは自他ともに認める悪人となり、ハギョンはその悪人を追うヒーロー(ヒロイン)となりました


(おそらく)このニュースを見ていたジスクは、自分もまたこれと同じ方法で「ヒロイン」になろうと画策します。ジスクは、ジョンファンに資金洗浄の問題を捜査するよう命じたのは自分だとホソンに言い含めました。この意味が分かるわね?


ジョンファンはジスクに利用されていると知り、妹の恋人=ドンフンに頼んで、兵役不正帳簿の改ざんを依頼した、というのがジスクの描いたシナリオです


いったいどこまで腹黒い女なのでしょうか。この期に及んでジスクまでもがジョンファンに自分の罪を擦り付けようとしているのです。というより、自分の罪をもみ消すために、ジョンファンに濡れ衣を着せたのです


総長を失脚させるのが我々の使命よ。今はそのために最善を尽くしているの


やはりどう考えてもテジュンの方がマシだとしか思えませんジスクが極悪人でしょ


そしてジスクは、自分の弁護人に「前最高裁判所長官」(キ・ヨノ~官僚@太祖王建)、「前催告裁判所判事」(イ・ジョング~裁判長@お隣さんは元ダンナ)、「前総理」(イ・ソック~卒本の君長@朱蒙)というそうそうたるお歴々を引き連れてテジュンの下へ乗り込んできました。金と権力にめっぽう弱いテジュンが、これに勝てるはずがありません


あ~やっぱりおばさんはめちゃくちゃテジュンを応援したくなってきましたテジュンの方が百倍マシだ!(`・ω・´)。あ、もちろん、対ジスク、の場合限定ですよん


が、ここで力強い味方が現れます。ヨンジンです。ヨンジンは、ハギョンと結託し、ジョンファンの資金洗浄の記事が出る直前に記者たちを集めて「爆弾」を渡しました


ホソンは翌日記者会見で、ジョンファンが資金洗浄した270億ウォンを賭博や投資に使い果たした、と発表しましたが、あらかじめヨンジンから渡された「爆弾=資料」には、ジョンファンが賭博をしたと言われる日は海外出張中であり、投資したという株も取引中止状態と書いてあったそうです。検察の手抜き捜査ではありませんか?


いや~実に脇が甘くて嬉しくなりますね


グクファンは秘書室長に、入院中のジョンファンを直接取り調べたいと申しで、秘書室長もこれを認めました。テジュンは、余命わずかな人間を取り調べるなど人間のすることではないと必死で反論しますが、何を今さら、でござりますよね


そこに今度はガンジェが乗り込んできます。ガンジェは弁護士という立場を利用して、ジョンファンの母=チェ・オンネ(よーやく名前が分かりました)の依頼を取り付けたのです


今や、娘からさえ敬遠され、四面楚歌となった息子を助けてくれると聞いたオンネは、わらにもすがる思いで契約書にサインをしてしまいました。その場にいたイェリンにはでもガンジェの腹黒さが読めていたようでしたね


オンネが言うには、ジョンファンがイェリンを良い学校に入れたかったのは、自分が貧乏なばかりに(成績では勝っていたのに)良い大学へ入れなかったことを悔いての父親としての愛情からだそうです。ジョンファンも、そしてテジュンも、韓国の学歴&家柄偏重主義の犠牲者とも言えるのではないでしょうか


ジョンファンとハギョンは、取調べに同席したガンジェを無視し、さっさと解任しようとしますが、ガンジェは、自分を解任し、テジュンの罪を公表すれば、即、ジスクが戻ってくると言い切りました。


総理内定を取り消されて3日で「I will be back」だ。
(ターミネーターだすな


そこにヨンジンからの電話が入ってきて、テジュンの話を知らせます。俺にはあのチップがある。ユン・ジスクは手を出せない


いやいや楽しくなってきましたね


やはりですね、自分が思うに、ジョンファンとテジュンの罪は誰もが知るところなので、ここは先にジスクを叩きのめした後で、ふたりが罪を償うのがベストではないかと思いまするまずはジスクを強力パンチでぶちのめせっ!( `ー´)ノ


あ~今日はどうなったんですかねパンチ~余命6ヶ月の奇跡は続きを見るのが楽しみですパンチ~余命6ヶ月の奇跡が面白い(^◇^)


パンチ~余命6ヶ月の奇跡~DVD-BOX1パンチ~余命6ヶ月の奇跡~DVD-BOX1

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.