2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

ワンス・アポン・ア・タイム4のあらすじはこちらからご覧いただけます: ワンス・アポン・ア・タイム4 あらすじ(ネタバレ)と登場人物、キャスト


ワンス・アポン・ア・タイム4】(Once Upon A Time S4)の第14話は「マレフィセントの涙」、英語の副題は「Unforgiven~許されざる者」です。 以下、ズバリネタバレですワンス・アポン・ア・タイム4のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回は2つのことが明らかになりました


まず1つめ、これが英語の副題となったのでしょうが、前回スノーとデヴィッドが隠していた「秘密」が明かされました。なんと、マレフィセントは、スノーとデヴィッドのせいで子供を失うことになってしまったのだそうです!


ルンペルにまんまと利用されたものの、なんとか「Dark Curse」(闇の呪い)を手に入れたマレフィセントたちでしたが、今度はそれをレジーナに奪われてしまいます(S1#2)。


レジーナが、魔法の森全体に闇の呪いをかけるつもりだと知ったマレフィセントたちは、新婚旅行から戻ってきたばかりのスノーとデヴィッドを訪ね、妖精たちから「知恵の木」(the tree of wisdom)と呼ばれている樹木の下へ行き、レジーナを倒す方法を尋ねるよう命じました。(スノーの体型をCGで元に戻すことはできなかったんかな) 知恵の木の「知恵」は守られており、その恩恵を受けられるのは

最も勇敢な英雄2人

だけなのだそうです。(The tree's knowledge is protected. Its wisdom can only be unlocked by two of the most Valiant heroes.)


レジーナに対抗する手段を模索していたふたりは、それでも何とか彼らの目を欺いて、知恵の木に接触を図りました。


が、知恵の木は、なぜか、彼らの質問に答えてくれません。その理由はスノーが妊娠していたからだったそうです。つまり、スノーたちは「3人」であり、お腹の中の赤ん坊は英雄=善とは限らないからなのだとか


その後、城に戻ったスノーを、こっそり、マレフィセントが訪ねてきました。なんと、マレフィセントも妊娠しているそうで、子どものためにレジーナの呪いを阻止したいから、「母親」同士手を組もうと提案したのだそうです。


が、スノーはこれをキッパリと断ったそうです。いくらレジーナが悪人だからと言え、同様に悪人のマレフィセントとは決して手を組まない、というのです。でも、どうやら、そのせいでマレフィセントは子供を失うことになったようなのですよね~何とも気の毒な話でやんす


今回、ルンペルは陽動作戦を用いてスノーとデヴィッドを呼び出してその血を奪い、マレフィセントの遺灰にふたりの血をかけることで、マレフィセントを復活させることに成功しました。マレフィセントは、自分が味わった死ぬほどの痛みをスノーに味わわせるつもりのようですマレフィセントの復讐が怖い(;´Д`)


自分たちが犯した「罪」を娘のエマに知られまいと、必死でこれを隠そうとしていたスノーとデヴィッドでしたが、万策尽きて、エマにすべてを打ち明ける決意をしました。


が、エマはその頃、両親が何か隠し事をしていることに気づいていたものの、それが自分の「悪い癖」であり、今後は、その両親のように、他人の良い面を信じる人間になりたいと、キリアンに語っていました。どうやらそのキリアンには、やはりエマには知られたくない「アースラとの過去があるようです。エマは、それもキリアンが語る気になるまで待つと微笑みます


エマにすべてを話そうと保安官事務所にやってきたスノーとデヴィッドは、これを聞いてまた何も言えなくなってしまいました。それでスノーは、結局、レジーナに助けを求めることになったようです。同じ「子ども」を持つ母親同士、子どもに恥ずかしい過去を知られたくない、との情に訴えていたようです。


どうやら、スノー夫妻は、生まれてくるエマが闇の存在になるのを阻止し、確実に善なる存在になるよう手を回したらしい~それがマレフィセントの子どもを死に追いやることになったようでしたね。


今回スノーはレジーナに、昔同じ「悪人」だったことを利用してマレフィセントたちに接近してほしいと頼んだようですが?


さてそのレジーナは、ヘンリーとともに「著者」捜しに余念がありませんでした


今回ヘンリーがワンス・アポン・ア・タイムの本をくまなく調べていたところ、レジーナは「ピノキオ」のページだけ、紙質が違うことに気づきます。これは、オーガストがエマに気づかせようと、後日書き足したものだからだそうです(S1#13)。


本を編集したのなら、その著者についても何か知っているに違いない!レジーナ、ナイス推理!


そういろめきだつレジーナですが、いかんせん、オーガストは「幼いピノキオに戻ってしまっています(S2#18)。


とはいえ、たとえ幼くなっても何か覚えているかもしれないと考えたレジーナは、ヘンリーとエマを伴ってピノキオに会いに行くのですが、やはり何も覚えていないようです。そんなピノキオにいらだったレジーナは、つい、昔のレジーナに戻ってピノキオを恫喝してしまったため、ゼペット爺さん~マルコの怒りを買ってしまいました


You stay away from my boy!
私の息子に近づくな!


その後レジーナは、自分がマルコの立場で、何者かがヘンリーを脅したらどう思うか、とひどく反省し、マルコに謝罪に赴きます。その素直さが頑なだったマルコの心を動かしました。マルコは、いつかピノキオが記憶を取り戻した時のために、とオーガストの荷物をすべて取っておいたのだそうで、それをすべてレジーナに渡してくれたのです


If my boy can't help you with this, perhaps yours can. Good luck.
私の息子は(記憶がなくて)役に立たないが、君の息子は立ちそうだ。幸運を祈る。


マルコがそう言ってレジーナの手をつかんで励ましてくれたシーンは嬉しかったなあゼペット爺さんがレジーナの気持ちを分かってくれて嬉しかった♪


レジーナがこれらを早速家に持ち帰ってヘンリーに渡したところ、ヘンリーはすぐに「ヒント」を見つけたようですね


そしてラスト~これはまた何とも気の毒なことになってしまいました。なんと、どうやらベルとウィルが付きあっているらしいのです?!


物陰から、かつての自分の店にいるベルの姿を見つめていたルンペルは、ベルとウィルがキスを交わしているのを目にしてショックを受けてしまいますルンペルが気の毒すぎ(;´・ω・)


え~、ベルとウィルじゃあ似合いませんよね~こうなるとウィルの正体が気になるなあ。ウィルが図書室に通っていたのは単に本が好きだから、とは思えないんですけど。。。


以上です


ワンス・アポン・ア・タイム4は続きを見るのが待ち遠しいです


ワンス・アポン・ア・タイムのレビューはこちらから: シーズン1シーズン2シーズン3


ワンス・アポン・ア・タイム シーズン4 コレクターズ BOX Part2 [DVD]ワンス・アポン・ア・タイム シーズン4 コレクターズ BOX Part2 [DVD]
関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.