ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
デビアスなメイドたち(Devious Maids)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

デビアスなメイドたち3 あらすじと感想 第1話 目覚め

デビアスなメイドたちのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけますデビアスなメイドたち あらすじと登場人物一覧


デビアスなメイドたち】(Devious Maids)もいよいよシーズン3がスタートしましたデビアスなメイドたち3のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。ちょっと遅れながらではありまするが、今シーズンもまた楽しく語らせていただきたいと存じます。お時間に余裕のある方はどうぞお付き合いくださいますように。第1話は「目覚め」(Awakenings)です。


まずは、前シーズンで最も気になっていたタイの「被害者」は、やはり、パブロだったことが判明いたしました。これまた何ともご都合主義の極みでござるが、これは何となく予想できた範囲でしたよね。ジャンヴィエーヴにドナーが現れないのなら、無理矢理作っちまえ!というところでしょうか()。でもねえ、何も殺さなくてもよかったのに気の毒なパブロ(;´Д`)


さて、そんなパブロですが、これは彼の怨念だったのか、何とこの世に、もっと言えばゾイラの胎内に、自分の分身を残していってしまいました。そう、ゾイラが妊娠していたのは、これまたやはり(笑、パブロの子どもだったのです。あ~あ~、アメドラの神様も、韓ドラの神様並に意地が悪いでやんすね


自分の妊娠を知ったゾイラが、周囲から「太った太ったと言われて焦り、ジャンヴィエーヴにだけ妊娠を打ち明け、留守をしていたハビエルが戻り次第、お腹の子どもの父親を確かめようと、ハビエルの「毛(毛根付き)」を、鑑定用に必要な10本抜いたシーンは可笑しかったですね。髪だけでは足りなかったため、胸毛まで引きむしられたハビエル、実に痛そうでした


~ここでのジャンヴィエーヴの台詞、翻訳では「ヘア(髪)」と「部屋」とうまくシャレてありました。英語の方は、ジャンヴィエーヴが気になっていたのは(鑑定に必要な)「10本の毛」だったことから、つい「hairs」と可算名詞を使ったのを、さすがに不自然と思ったのか、慌てて普段使う不可算名詞「hair」に言い換えていたようです~


その上鑑定の結果、お腹の子の父親はパブロだったため、正直なゾイラはその旨ハビエルに伝えようとしますが、ハビエルは、ゾイラが妊娠したと聞いて狂喜したものですから、真実が伝えられなくなってしまいます。お気楽なジャンヴィエーヴは、子どもには父親が必要なのだから、いっそそのまま誤解させておけばいい、なんて言ってましたが


次はロージーです。


さすがにブーケが飛んだだけあって、ロージーもタイの被害に遭っていたようです。なんとか一命はとりとめましたが、何と4カ月もの間昏睡状態におちいっていたそうです。その間、売れない俳優のスペンスは、怪しげなポ〇ノ映画に出演し、生活費及び医療費を捻出していたのだとか。これではロージー、せっかく意識を取り戻しても、何とも複雑な気分であったことでしょう


また、シーズン2でニックの正体を知ったマリソルは、もちろんニックと別れた後、ビバリーヒルズでの体験を暴露本として出版し(Coming Clean, My maid undercover as a Beverly Hills Maid)、これがNYタイムズのベストセラーとなって一躍時の人となりました。その上、あのエヴリンとすっかり仲良くなったそうです


が、マリソルがエヴリンら、いわゆる「使う側」と付き合うのが面白くないのはカルメンです。そのカルメンも、セバスチャンに家を借りてもらってすっかり優雅な生活を送っていたのですから、他人のことは言えんのにね


でも、カルメンもすぐに自分の過ちに気づき、マリソルもまた、エヴリンはともかく、いかにも鼻持ちならない「使う側」の人間たちとは価値観が違い過ぎることを思い知らされます。彼らにとって「メイド」は同じ人間ではないのです


セバスチャンと別れて「宿無し」になったカルメンは、マリソルの家に世話になることになったそうなので、ここは続きが楽しみですね


そして、今シーズンもまた飛ばしてくれてるエヴリンは、夫のエイドリアンとすっかりよりを戻していました。が、夫婦仲がよくなった途端、夫婦生活が破たんしてしまったようです。なんでも、エイドリアンは

「It's just in the bedroom, uh, lately things have been a little Limp」
(最近ベッドルームでナニが不自由だ)

なのだそうです。エイドリアンは医師のスチュアート・ハスケル(Hugh B. Holub)にこう語ったのに、エヴリンはもっと直接的です


「In the penis area.」
(ペ〇スのエリアでね)


いやいや、とても訳せませんね


やがてこの原因は、夫婦仲が良くなったことだったと判明します。どーりで、エヴリンが、メイド好きなエイドリアンのためにセクシーなドイツ語を話すメイド(グレッチェン)を装っても徒労に終わったわけです


その後、マリソルの出版記念パーティーに来ていたSMの女王(a professional dominatrix)からいじめられたエイドリアンが、自分がもはや「limp」ではなくなったことに気づき、パーティー中であるにもかかわらず、エヴリンをバスルームに誘いに行きます


最初は訝しがっていたエヴリンが、背後にナニを感じてこれに応じたのにも大笑いです。あ、お子ちゃまには分からんね


が、夫が元気になった理由を知ったエヴリンは、さすがに能天気に喜んではいられず、再びエイドリアンに冷たく当たりました。これでますますエイドリアンは燃え上がったようですが、エヴリンは決して応じようとしなかったためエヴリンはまともでよかったわ(^◇^)、エイドリアンはSMクラブに足を運んでいたようです


また、レミとヴァレンティナも立場が逆転しています。レミは教会でタイが襲ってきた際、積極的にヴァレンティナを守れなかったことをひどく後悔していたのだそうです。もちろんヴァレンティナは無事だったのですが、レミ自身、ヴァレンティナを庇うより先に、自分の身の安全を図ってしまった己を許せなかったのだとか。


以前は追いかける立場だったヴァレンティナを、今度はレミが追いかけている構図はなかなかですね。ちなみにタイは無事?逮捕されたそうですよん。


以上、前シーズンまでなら彼らに言及しておけば済んだところ、今シーズンはここに、最初にマリソルがメイドをしていたスタッポード家のマイケルテイラーが加わります。そして、今シーズンは、このふたりが最大のミステリーとなりそうです血を見て笑うケイティの笑顔が怖すぎる(;´・ω・)


今回スタッポード夫妻はケイティ(Grecia Merino)という少女を養女に迎えたそうです。テイラーは、ケイティとはアルゼンチンの児童養護施設で出会ったと言い、マイケルは、ケイティはその幼少期の記憶から情緒面で問題(emotional problems)を抱えていると語っていましたが、どちらも真実ではないようです


そしてこのケイティ、どうやら「血」を見ると興奮?するらしく、ある日、スタッポード家は血の海と化してしまいます


この様子に、新たにメイドとして雇われたブランカ・アルバレス(Naya Rivera)が言葉を失ってしまったのは無理からぬことブランカ役はナヤ・リヴェラ!。ブランカは、働きながら大学に行きたいと雇い主に告げたことで前の職場を解雇されたため、マリソルの口利きでスタッポード家にやってきたのです。


~このブランカ、どこかで見たことあるな~と思ったら、サンタナ@gleeですね!


そしてその「血」は、あたかも「遺体を切断」した結果だったかのような演出がなされます。その後、エヴリンの庭に切断された片足が放置されていたのです。が、これが果たしてケイティの仕業なのかどうかはまだ不明です


また、先の出版記念パーティで、マイケルが何者かに何かを依頼していたらしいのも気になります。「I think tonight's the night.」(今夜がその夜だ)とは、いったい何を意味していたのでしょうか?


と、相変わらず謎がいっぱいのデビアスなメイドたちは、続きもとっても楽しみですねデビアスなメイドたち3が楽しみ(^◇^)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はデビアスなメイドたち(Devious Maids)のレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

始まりましたね〜〜
こんさん
こんにちは)^o^(

久しぶりに覗いてみたら、記事がいっぱい‼︎でうれしいです。

おかえりなさいこんさん!

待ってましたよ。シーズン2の途中で入院してしまい、退院後再放送で見ました。
シーズン3も早く放送されうれしいです。

又会いにきますね。

その後体調はいかがですか?
ロンさん、こんにちは~♪

おかげさまで、何とか復帰することができました。
ご心配をおかけいたしましたv-22

ロンさんも、その後体調の方はいかがですか?

デビアスなメイドたちはシーズン3も相変わらず面白いですね~。
2話のあらすじ感想も内容を忘れないうちに書かねば~と
思っていた所でした(爆。

すっかり寒くなりましたから、ドラマを楽しむためにも(笑、
くれぐれもご自愛くださいね~。ではまた(^_-)。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング